【金光花(キンコウカ)のまとめ!】花の特徴や花言葉等7個のポイント!

https://www.instagram.com/p/ChrUlT9vT1T/?utm_source=ig_web_copy_link








 

みなさんこんにちは。

今回は、キンコウカについてまとめていきたいと思います。

 

キンコウカはキンコウカ科キンコウカ属の多年草で、北海道、本州の中部以北に分布し、亜高山から高山にかけてに湿原や湿地などに自生する日本固有種です。

群生して咲くので個々の花は小ぶりですが、辺り一面に一斉に咲く姿は黄金色の絨毯が敷き詰められたようでとても美しいです。

 

学名は『Narthecium asiaticum』で、漢字では『金光花』や『金黄花』です。

 

今回は、キンコウカについてのポイント、

①キンコウカの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②キンコウカの画像(写真)!花や実の特徴は?毒の成分は?高山植物なの?
③キンコウカの開花時期や季節はいつ頃なの?原産地はどこ?
④キンコウカの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤キンコウカの苗の植え付け(植え方)や植え替えの時期とやり方は?
⑥キンコウカの花言葉や英語名は?名前の由来はなに?
⑦キンコウカの種類や品種は何があるの?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはキンコウカの育て方からお伝えします!

 

キンコウカの育て方は?高さはどれくらいに成長するの?

 

キンコウカは春と秋には風通しの良い日当たりの良いところで、初夏~夏は半日日陰になる涼しいところで育てます。

花茎の高さは20~40cm程まで成長します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、キンコウカが好む環境についてお伝えします!

 

キンコウカの育て方!環境はどうする?

 

キンコウカは前述したとおり春~秋にかけては日の当たる風通しの良い場所で、初夏~夏にかけては風通しが良く半日日陰になる場所で管理しましょう。

 

次は、キンコウカに適した用土についてお伝えします!

 

キンコウカを育てる際の適した用土は何?

 

キンコウカは水はけと水持ちの良い土を好みます。

植え付ける際は鹿沼土と桐生砂を混ぜたものや、山野草用の土を使用すると良いでしょう。

 

次は、キンコウカに必要な肥料についてお伝えします!

 

キンコウカの育て方!肥料はどうする?

 

キンコウカは肥料をあまり多く与える必要はありません。

春と秋には薄めた液肥を与えますが、真夏には肥料が残らないように気をつけましょう。

 

では次は、キンコウカの水やりポイントについてお伝えします!

 

キンコウカを育てる際の水の量はどうする?

 

キンコウカは春と秋には水が切れないように毎日与え、休眠中でも土が乾かないように様子を見ながら水を与えましょう。

 

以上で基本的なキンコウカの育て方については終わりです。

次はキンコウカの写真をお見せします!

 

キンコウカの画像(写真)!花や実の特徴は?毒の成分は?高山植物なの?

 

https://www.instagram.com/p/Chmwu3av6do/?utm_source=ig_web_copy_link

(インスタグラム yui.p1110 様より引用)

 

キンコウカの花はアヤメのような剣状線型で黄色の6弁花で平らに開き花被弁は花後も落下せず残り緑色となります。

雄べは6個で花被弁よりも少し短く花糸には毛が密集し、下から順番に咲いていきます。

 

果実は披針形の蒴果で種子の両端には糸状の翼があり、毒性のあるサポニンを含み、亜高山や高山にかけての湿原や湿地に自生し群生しています。

 

次に、キンコウカの開花時期や季節、原産地についてお伝えします。

 

キンコウカの開花時期や季節はいつ頃なの?原産地はどこ?

 

キンコウカの開花時期は7~8月頃で、夏~真夏にかけて開花します。

日本固有種で北海道、本州の中部以北にかけて分布しています。

 

次は、キンコウカの値段や販売価格についてお伝えします。

 

キンコウカの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

キンコウカの販売価格はサイズによっても違いがありますが、大体660~880円程で販売されています。

黄色の小さい花が密集して咲く姿はまるで豪華な絨毯のようで素敵なんですよ。

 

次に、キンコウカの苗の植え付けや植え替えの時期とやり方についてお伝えします。

 

キンコウカの苗の植え付け(植え方)や植え替えの時期とやり方は?

 

キンコウカは植え付け・植え替えともに3~4月と9~10月に行います。

 

次に、キンコウカの花言葉や英語名、名前の由来についてお伝えします。

 

キンコウカの花言葉や英語名は?名前の由来はなに?

 

キンコウカの花言葉は『威厳』で、英語名『bog-asphodel』や『 yellow-asphodel』、名前の由来は黄色い花の色が黄金の輝きのように見えるところからこの名前が付けられています。

 

最後に、キンコウカの種類や品種をお伝えします!

 

キンコウカの種類や品種は何があるの?

 

キンコウカは元々ユリ科から分割された植物です。

品種は幾つかあり代表してカリフォルニアキンコウカ、アメリカキンコウカなどの品種があります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

キンコウカのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①キンコウカの育て方(環境、土、肥料、水やり)

キンコウカは前述したとおり春~秋にかけては日の当たる風通しの良い場所で、初夏~夏いかけては風通しが良く半日日陰になる場所で管理しましょう。

キンコウカは水はけと水持ちの良い土を好みます。

キンコウカは肥料をあまり多く与える必はありません。

キンコウカは春と秋には水が切れないように毎日与え、休眠中でも土が乾かないように様子を見ながら水を与えましょう。

 

②キンコウカの画像(写真)!花や実の特徴は?毒の成分は?高山植物なの?

キンコウカの花はアヤメのような剣状線型で黄色の6弁花で平らに開き、花被弁は花後も落下せず残り緑色となります。

雄べは6個で花被弁よりも少し短く花糸には毛が密集し、下から順番に咲いていきます。

果実は披針形の蒴果で種子の両端には糸状の翼があり、毒性のあるサポニンを含み、亜高山や高山にかけての湿原や湿地に自生し群生しています。

 

③キンコウカの開花時期や季節はいつ頃なの?原産地はどこ?

キンコウカの開花時期は7~8月頃で、夏~真夏にかけて開花します。

日本固有種で北海道、本州の中部以北にかけて分布しています。

 

④キンコウカの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

キンコウカの販売価格はサイズによっても違いがありますが、大体660~880円程で販売されています。

 

⑤キンコウカの苗の植え付け(植え方)や植え替えの時期とやり方は?

キンコウカは植え付け・植え替えともに3~4月と9~10月に行います。

 

⑥キンコウカの花言葉や英語名は?名前の由来はなに?

キンコウカの花言葉は『威厳』で、英語名『bog-asphodel』や『 yellow-asphodel』、名前の由来は黄色い花の色が黄金の輝きのように見えるところからこの名前が付けられています。

 

⑦キンコウカの種類や品種は何があるの?

品種は幾つかあり代表してカリフォルニアキンコウカ、アメリカキンコウカなどの品種があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

(アイキャッチ画像は、インスタグラム minaphotograf 様より引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)