【ウォールフラワー(花)のまとめ!】育て方(鉢植えや増やし方)と花言葉等10個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ウォールフラワーについてお伝えしていきます。

 

ウォールフラワーは赤やピンク、オレンジ等華やかな色合いの花色が多いですが、白等の爽やかな花色もオススメです。

 

開花時期に過ごしやすい気候であるとより開花しやすくなりますが、最盛期が通常春となりますので特に気にすることなく育てることができます。

冬越しは強い霜を避けていただければ、屋外でも可能な植物となります。

 

今回はウォールフラワーについてのポイント、

①ウォールフラワーの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ウォールフラワーの画像(写真)!
③ウォールフラワーの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ウォールフラワーの鉢植えのポイントは?
⑤ウォールフラワーの寄せ植えの仕方!
⑥ウォールフラワーの増やし方!
⑦ウォールフラワーの種まき時期と種まきのポイントは?
⑧ウォールフラワーの株分けのやり方は?
⑨ウォールフラワーに似た花は何がある?
⑩ウォールフラワーの花言葉はなに?

 

以上10つの点についてお伝えします。

まずはウォールフラワーの育て方からお伝えします!

 

ウォールフラワーの育て方は?

 

 

ウォールフラワーは丈夫なので条件が合えば育成が簡単な植物となります。

 

ハモグリバエの多発等のアブラナ科を好む害虫がつきやすいので、注意してください。

花がらはこまめに摘み取ってあげるとより良い育成に繋がります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ウォールフラワーが好む環境についてお伝えします!

 

ウォールフラワーの育て方!環境はどうする?

 

南ヨーロッパ原産地であるウォールフラワーは、北半球の温帯地方に約100種程ある植物です。

 

夏の暑さには強くない植物ですので、苗床はできるだけ風通しの良い涼しい環境で保管してあげましょう。

日陰での育成では成長することが難しくなりますので、日当たりの良い場所を選んでください。

 

次は、ウォールフラワーに適した用土についてお伝えします!

 

ウォールフラワーを育てる際の適した用土は何?

 

 

ウォールフラワーは水ハケが良く肥沃な土を好む植物です。

 

地植えで育成を行う場合の用土は、酸性土を嫌いますので苦土石灰を混ぜ合わせて中和する必要があります。

基本的には花と野菜の培養土での植え付けを行うか、自身でつくる時は赤玉土小粒6割に腐葉土4割を混合させてください。

 

次は、ウォールフラワーに必要な肥料についてお伝えします!

 

ウォールフラワーの育て方!肥料はどうする?

 

 

ウォールフラワーは肥料をあまり必要としなくてもじゅうぶん育成できる植物となります。

 

定植時に長く効果が続く緩効性肥料を与えるだけでスクスクと成長します。

また、定植後の1ヶ月目に化成肥料を少し与えるとより良い育成に繋がります。

 

では次は、ウォールフラワーの水やりポイントについてお伝えします!

 

ウォールフラワーを育てる際の水の量はどうする?

 

 

ウォールフラワーは乾燥している環境を好みますので、庭植えでの場合ですと雨水のみだけで育成することが可能です。

 

鉢植えでの育成でも土がとても乾燥している場合にのみ水を与えてください。

水やりを行う場合には鉢底から水が染みてくるくらいたっぷりあげましょう。

 

以上で基本的なウォールフラワーの育て方については終わりです。

次はウォールフラワーの写真をお見せします!

 

ウォールフラワーの画像(写真)!

 

ウォールフラワーの花には甘い芳香がありますが、その香りは少し変わっています。

 

花色は主に黄色い花が流通していますが、それ以外でも紅色や桃色、青紫色やオレンジ等色鮮やかなレパートリーがあります。

高性から極矮性種まで幅広い品種がありますが、最近では高性種を見かけることが少なくなってきました。

 

ウォールフラワーの写真はこちらになります。

 

次に、ウォールフラワーの開花時期をお伝えします。

 

ウォールフラワーの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

一年草のものから多年草まである品種となり、背丈は高いものでは80cmに成長します。

 

多年草の原種として矮性にした品種は基本的には一年草の園芸種となりますが、開花後に切り戻しを行うと年を越すことも可能となります。

ウォールフラワーの開花時期は春頃の3~5月となり、鉢の市販時期は春中旬の4月頃となります。

 

次は、ウォールフラワーの鉢植えのポイントをお伝えします。

 

ウォールフラワーの鉢植えのポイントは?

 

 

日光を好む植物ですので鉢植えで育成する場合は、日当たりの良い場所で育ててあげましょう。

鉢植えに植え付ける時は水ハケが良い肥沃な用土を選んでください。

 

ウォールフラワーは雨に当たってしまうと、ハモグリバエが大量に発生したり、花もちが悪くなるので雨降りの日には移動させてください。

次に、ウォールフラワーを寄せ植えにする際のポイントをお伝えします。

 

ウォールフラワーの寄せ植えの仕方!

 

 

洋風の庭と相性の良いウォールフラワーは矮性の品種ですと、寄せ植えや鉢植えにピッタリとなります。

 

暖色系の花色が多い植物ですので、様々なカラーを合わせるだけでとても鮮やかになり、また白色は引き立てとして活躍します。

被針形の葉姿に濃緑色が特徴的で、愛らしい花を開花するので春の庭を賑やかにしてくれます。

 

次に、ウォールフラワーの増やし方をお伝えします。

 

ウォールフラワーの増やし方!

 

 

ウォールフラワーは、種まきや挿し芽で増やすことができる植物となります。

 

種まきでの増やし方が一般的となり、用土を入れておいた苗箱や鉢に種を蒔いて土を軽く被せてください。

斑入りで葉品種のウォールフラワーなどは挿し芽で増やすことが可能です。

 

挿し芽の適時期は初夏の5月頃もしくは秋の9月頃となります。

 

つぎは、ウォールフラワーの種まきのポイントをお伝えします。

 

ウォールフラワーの種まき時期と種まきのポイントは?

 

 

ウォールフラワーの花を春に開花させる場合には種からでも簡単に育成することができます。

10月では春に開花することができませんので、種まきは9月に行ってください。

 

種は事前に箱か平鉢を選んで蒔いておいた後は、発芽後できるだけ早い段階で仮根を行いましょう。

少し暑さに弱い植物ですので、種まき後の苗床はできるだけ涼しい環境にしてください。

 

次に、ウォールフラワーの株分けのやり方をお伝えします。

 

ウォールフラワーの株分けのやり方は?

 

 

育苗が他の品種と比べて比較的楽な植物のウォールフラワーは株分けではなく基本的に種まきで増やします。

 

種まきの時期は真冬以外では年中可能ではありますが、早春から開花させることを考えると、秋頃の9月~10月に蒔くことをオススメします。

種まき後一週間程度で発芽いたしますので、本葉が5枚程度に成長したら、株間は30㎝程度間隔をあけて定植をしてください。

 

次は、ウォールフラワーに似た花の種類をお伝えします。

 

ウォールフラワーに似た花は何がある?

 

 

南ヨーロッパ原産地であるウォールフラワーは、北半球の温帯地方に約100種程ある植物です。

 

そのウォールフラワーとよく似た種類には交配種であるエリシマム・アリオニーがあります。

紫や桃黄色の花を開花させ、別名シベリアンウォールフラワーと呼ばれており、すっとした草姿が美しい植物となります。

 

最後に、ウォールフラワーの花言葉をお伝えします。

 

ウォールフラワーの花言葉はなに?

 

 

ウォールフラワーは、ヨーロッパが原産地となりますが、そこの古い土壁の上でよく見られるということが由来となっています。

 

その城壁から両思いである男女が落ちて死んでしまった後にウォールフラワーが開花したという説や駆け落ちの合図としてこの花を使用したとされています。

愛の絆や末長い愛情、逆境に打ち勝つといった花言葉はこういった由来から付けられています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ウォールフラワーのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ウォールフラワーの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ウォールフラワーは丈夫なので条件が合えば育成が簡単な植物となります。

ハモグリバエの多発等のアブラナ科を好む害虫がつきやすいので、注意してください。

花がらはこまめに摘み取ってあげるとより良い育成に繋がります。

 

②ウォールフラワーの画像(写真)!

ウォールフラワーの花には甘い芳香がありますが、その香りは少し変わっています。

花色は主に黄色い花が流通していますが、それ以外でも紅色や桃色、青紫色やオレンジ等色鮮やかなレパートリーがあります。

高性から極矮性種まで幅広い品種がありますが、最近では高性種を見かけることが少なくなってきました。

 

③ウォールフラワーの開花時期や季節はいつ頃なの?

一年草のものから多年草まである品種となり、背丈は高いものでは80cmに成長します。

多年草の原種として矮性にした品種は基本的には一年草の園芸種となりますが、開花後に切り戻しを行うと年を越すことも可能となります。

ウォールフラワーの開花時期は春頃の3~5月となり、鉢の市販時期は春中旬の4月頃となります。

 

④ウォールフラワーの鉢植えのポイントは?

日光を好む植物ですので鉢植えで育成する場合は、日当たりの良い場所で育ててあげましょう。

鉢植えに植え付ける時は水ハケが良い肥沃な用土を選んでください。

ウォールフラワーは雨に当たってしまうと、ハモグリバエが大量に発生したり、花もちが悪くなるので雨降りの日には移動させてください。

 

⑤ウォールフラワーの寄せ植えの仕方!

洋風の庭と相性の良いウォールフラワーは矮性の品種ですと、寄せ植えや鉢植えにピッタリとなります。

暖色系の花色が多い植物ですので、様々なカラーを合わせるだけでとても鮮やかになり、また白色は引き立てとして活躍します。

被針形の葉姿に濃緑色が特徴的で、愛らしい花を開花するので春の庭を賑やかにしてくれます。

 

⑥ウォールフラワーの増やし方!

ウォールフラワーは、種まきや挿し芽で増やすことができる植物となります。

種まきでの増やし方が一般的となり、用土を入れておいた苗箱や鉢に種を蒔いて土を軽く被せてください。

斑入りで葉品種のウォールフラワーなどは挿し芽で増やすことが可能です。

挿し芽の適時期は初夏の5月頃もしくは秋の9月頃となります。

 

⑦ウォールフラワーの種まき時期と種まきのポイントは?

ウォールフラワーの花を春に開花させる場合には種からでも簡単に育成することができます。

植え付けを行う時の種は箱か平鉢を選んで蒔いておきましょう。

種は事前に箱か平鉢を選んで蒔いておいた後は、発芽後できるだけ早い段階で仮根を行いましょう。

少し暑さに弱い植物ですので、種まき後の苗床はできるだけ涼しい環境にしてください。

 

⑧ウォールフラワーの株分けのやり方は?

育苗が他の品種と比べて比較的楽な植物のウォールフラワーは株分けではなく基本的に種まきで増やします。

種まきの時期は真冬以外では年中可能ではありますが、早春から開花させることを考えると、秋頃の9月~10月に蒔くことをオススメします。

種まき後一週間程度で発芽いたしますので、本葉が5枚程度に成長したら、株間は30㎝程度間隔をあけて定植をしてください。

 

⑨ウォールフラワーに似た花は何がある?

南ヨーロッパ原産地であるウォールフラワーは、北半球の温帯地方に約100種程ある植物です。

そのウォールフラワーとよく似た種類には交配種であるエリシマム・アリオニーがあります。

紫や桃黄色の花を開花させ、別名シベリアンウォールフラワーと呼ばれており、すっとした草姿が美しい植物となります。

 

⑩ウォールフラワーの花言葉はなに?

ウォールフラワーは、ヨーロッパが原産地となりますが、そこの古い土壁の上でよく見られるということが由来となっています。

その城壁から両思いである男女が落ちて死んでしまった後にウォールフラワーが開花したという説や駆け落ちの合図としてこの花を使用したとされています。

愛の絆や末長い愛情、逆境に打ち勝つといった花言葉はこういった由来から付けられています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)