【オトメギキョウのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、オトメギキョウについてまとめていきたいと思います。

 

オトメギキョウはキキョウ科の植物で、東ヨーロッパが原産になります。

漢字では「乙女桔梗」と書き、草丈が低く可愛らしいことと、花の形がキキョウに似ていることが由来となっているようです。

 

学名は「Campanula portenschlagiana」といいます。

 

今回は、オトメギキョウについてのポイント、

①オトメギキョウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②オトメギキョウの画像(写真)!特徴は?
③オトメギキョウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④オトメギキョウの種まき時期と種まきのポイントは?
⑤オトメギキョウとベルフラワーの違いはなに?
⑥オトメギキョウの販売場所は?どこで買える?
⑦オトメギキョウの花言葉はなに?何日の誕生花なの?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはオトメギキョウの育て方からお伝えします!

 

オトメギキョウの育て方は?

 

オトメギキョウは日当たりの良いところで管理します。

 

日差しの強い夏期の間は、長時間日差しに当たると葉焼けになる可能性もあるため、日陰で管理します。

鉢から移植する際は、根が傷つくと枯れる可能性が高くなるため、移植の際は傷つけないように注意が必要です。

 

開花後の茎を1/2程度切り戻すことで、新たな茎が伸び再び花を咲かせます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、オトメギキョウが好む環境についてお伝えします!

 

オトメギキョウの育て方!環境はどうする?

 

オトメギキョウは日差しの良い場所で管理します。

 

日差しが強くなる午後は明るい日陰でに移動してあげるのがオススメです。

寒い環境に触れることで花芽を形成するため、冬期はしっかりと寒さに触れさせてあげることが大切です。

 

庭植えの場合は、ロックガーデンを作って植えます。

 

次は、オトメギキョウに適した用土についてお伝えします!

 

オトメギキョウを育てる際の適した用土は何?

 

オトメギキョウは、水はけと保水力がある肥沃な用土を好みます。

市販の山野草用の培養土または軽石2:硬質鹿沼土4:桐生砂4の割合で混ぜたもの(各種小粒)を使用します。

 

次は、オトメギキョウに必要な肥料についてお伝えします!

 

オトメギキョウの育て方!肥料はどうする?

 

オトメギキョウは、植え付けの際に緩効性の肥料を与えます。

開花時期は週に1回2000倍に薄めた液肥を与えます。

 

開花後は3000倍に薄めた液肥を与えます。

※開花後に大量の肥料を与えてしまうと枯れてしまう可能性があるため

 

では次は、オトメギキョウの水やりポイントについてお伝えします!

 

オトメギキョウを育てる際の水の量はどうする?

 

オトメギキョウを育てる際の水やりは、表面の土が乾いてきたら多めに与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥していない限りは自然の降雨だけで十分です。

 

以上で基本的なオトメギキョウの育て方については終わりです。

次はオトメギキョウの写真をお見せします!

 

オトメギキョウの画像(写真)!特徴は?

 

 

オトメギキョウ花は、釣鐘状の形をしていて、横向きに開花します。

花は紫色で、開花時期は次々と咲かせます。

 

葉は小さく扇状で、縁には鋸歯があります。

草丈は10~15cm程度と低く、根元から分岐して広がります。

 

次に、オトメギキョウの開花時期をお伝えします!

 

オトメギキョウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

オトメギキョウの開花時期は、春~夏(4~7月)です。

花径は15~20cmほどになります。

 

次は、オトメギキョウの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

オトメギキョウの種まき時期と種まきのポイントは?

 

オトメギキョウの種まきは2~3月に行います。

 

春〜初夏に植え付けを行い、翌年の春に開花させます。

植え付けの際は、密に撒きすぎないよう注意します。

 

土が乾燥しないように、小まめに水やりをし、十分に発根したら1回り大きな鉢または庭へ植え替えを行います。

草丈が低い植物のため、背丈のある植物と合わせて植えると鑑賞を楽しめてオススメです。

 

それでは次に、オトメギキョウとベルフラワーの違いをお伝えします!

 

オトメギキョウとベルフラワーの違いはなに?

 

オトメギキョウの別名がベルフラワーと言われており、違いは和名であるか英名であるかだけです。

ベルフラワーの由来は、咲かせる花の形が釣鐘状の形をしていることが由来となっているようです。

 

次は、オトメギキョウの販売場所をお伝えします!

 

オトメギキョウの販売場所は?どこで買える?

 

オトメギキョウは、オンラインショップで手軽に購入できます。

金額は、3号の大きさで1000円ほどです。

 

それでは最後に、オトメギキョウの花言葉をお伝えします!

 

オトメギキョウの花言葉はなに?何日の誕生花なの?

 

オトメギキョウの花言葉は、「感謝」「誠実」「楽しいおしゃべり」などがあります。

 

花言葉”感謝”、”誠実”は、鐘に似た形の花を教会の鐘に見立て、教えに因んだことが由来となっているようです。

花言葉”楽しいおしゃべり”は小さな花が横に向かいあう姿が、楽しく話しているように見えることが由来となっているようです。

 

オトメギキョウは、5月8日、11月21日の誕生花になります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

オトメギキョウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①オトメギキョウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

オトメギキョウを育てる際は、長時間日差しに当たると葉焼けになる可能性もあるため、日陰で管理します。

育てる際の用土は、水はけと保水力があるものを使用します。

育てる際の肥料は、植え付け時に緩効性の肥料を与え、開花時期は週に1回2000倍に薄めた液肥を与えます。

育てる際の水やりは、表面の土が乾いてきたら多めに与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥していない限りは自然の降雨だけで十分です。

 

②オトメギキョウの画像(写真)!特徴は?

オトメギキョウ花は、釣鐘状の形をしていて、横向きに開花するのが特徴です。

花は紫色で、開花時期は次々と花を咲かせます。

 

③オトメギキョウの開花時期や季節はいつ頃なの?

オトメギキョウの開花時期は、春~夏(4~7月)です。

 

④オトメギキョウの種まき時期と種まきのポイントは?

オトメギキョウの種まきは2~3月に行います。

植え付けの際は、密に撒きすぎないよう注意します。

 

⑤オトメギキョウとベルフラワーの違いはなに?

オトメギキョウは別名でベルフラワーと言われており、違いは和名であるか英名であるかだけになります。

ベルフラワーの由来は、咲かせる花の形が釣鐘状の形をしていることが由来となっているようです。

 

⑥オトメギキョウの販売場所は?どこで買える?

オトメギキョウは、オンラインショップで手軽に購入できます。

金額は、3号の大きさで1000円ほどです。

 

⑦オトメギキョウの花言葉はなに?何日の誕生花なの?

オトメギキョウの花言葉は、「感謝」「誠実」「楽しいおしゃべり」などがあります。

5月8日、11月21日の誕生花になります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)