【ヒメユリのまとめ!】育て方と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヒメユリについてまとめていきたいと思います。

 

ヒメユリはユリ科の植物で、漢字では「姫百合」と書きます。

日本の自生地では本州、四国、九州に分布します。

 

ヒメユリは群生せず、まばらに生えることが多いです。

 

花が星形に咲くため、別名で「スター・リリー」と呼ばれます。

学名は「Lilium concolor」といいます。

 

今回は、ヒメユリについてのポイント、

①ヒメユリの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヒメユリの画像(写真)!特徴は?
③ヒメユリの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヒメユリの球根の植え方は?
⑤ヒメユリの花言葉はなに?
⑥ヒメユリの種類や品種は何があるの?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはヒメユリの育て方からお伝えします!

 

ヒメユリの育て方(栽培)は?

 

ヒメユリを育てる際は、日当たり、水はけの良い場所で管理します。

葉枯病が発生しやすい植物であるため、多湿になる夏季は特に環境に注意します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヒメユリが好む環境についてお伝えします!

 

ヒメユリの育て方!環境はどうする?

 

ヒメユリは高温・多湿を嫌うため、日当たりと風が良く当たる場所で管理します。

鉢植えの場合、梅雨の時期は長雨に充てないよう軒下などで管理します。

 

次は、ヒメユリに適した用土についてお伝えします!

 

ヒメユリを育てる際の適した用土は何?

 

ヒメユリは水はけの良い土を好みます。

 

用土としては、赤玉土(中)3:赤玉土(小)3:腐葉土4の割合で混ぜたものを使います。

用土の酸度調整のため、苦土石灰を蒔いて(1㎡あたり一握り程度)おきます。

次は、ヒメユリに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヒメユリの育て方!肥料はどうする?

 

ヒメユリを育てる際の肥料としては、庭植えの場合は、腐葉土に用土1リットル当たり2g程度の緩効性の化学肥料与えます。

 

芽が出てきたら、1株あたり10g程度の緩効性の肥料を周囲に与えます。

鉢植えの場合は、液体肥料を2週間に1度、花が咲いている8月中旬まで水やりの代わりに行います。

では次は、ヒメユリの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヒメユリを育てる際の水の量はどうする?

 

ヒメユリを育てる際は、水の管理としては、乾燥したら与える程度で大丈夫です。

 

庭植えの場合は、ひどく乾燥しない限り水やりは必要ありません。

鉢植えでは、土の表面が乾いたら、たっぷり水やりをします。

 

冬期間では、球根が乾かない程度の水やりを行います。

 

以上で基本的なヒメユリの育て方については終わりです。

次はヒメユリの写真をお見せします!

 

ヒメユリの画像(写真)!特徴は?

 

ヒメユリの花                ヒメユリの葉
  

 

ヒメユリの花は、赤朱色で濃い色の斑点があります。

 

茎の上部に総状花序を出し、数輪の花を星状に咲かせます。

葉は互生し、多線状披針形で多数つけます。

 

葉の縁には半円系の突起があります。

 

次は、ヒメユリの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

ヒメユリの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

ヒメユリの開花時期は、夏(6~7月)です。

 

分布する地域によって、開花時期、草丈などが異なります。

群生して咲かず、まばらに咲くのが特徴です。

 

次に、ヒメユリの球根の植え方をお伝えします。

 

ヒメユリの球根の植え方は?

 

ヒメユリの球根は、腐敗の原因となる菌類(カビ)の一種であるフザリウムを持ちます。

 

植える際には、防除のために殺菌剤(ベンレート水和剤)に30分程度浸してから植え付けます。

植える際の深さは、球根の高さの1.5~2倍の深さに植え付けます。

 

それでは次に、ヒメユリの花言葉はなにかをお伝えします。

 

ヒメユリの花言葉はなに?

 

ヒメユリの花言葉は「誇り」、「変わらない愛らしさ」です。

 

誇りは、見た姿が可憐ながらも誇りに上を向いて咲いている様子が由来となっているようです。

変わらない愛らしさは、ユリ科の中では、小柄な種類であり可愛らしいことが由来となっているようです。

 

それでは最後に、ヒメユリの種類や品種は何があるのかをお伝えします。

 

ヒメユリの種類や品種は何があるの?

 

ヒメユリの種類としては「チョウセンヒメユリ」、「キメヒメユリ」、「トサヒメユリ」があります。

 

チョウセンヒメユリは、開花時期が早く、朱色の花を咲かせます。

つぼみに綿毛が生えるのが特徴で、切り花として利用されます。

 

キヒメユリは、花は黄色で、内側に濃い斑点があります。

直径が5センチ程度で小柄な種類です。

トサヒメユリは、開花時期が遅く、朱色の花を咲かせます。

草丈は1メートル程度になり、一本の茎に数輪の花を咲かせます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヒメユリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヒメユリの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヒメユリは高温・多湿を嫌うため、日当たりと風が良く当たる場所で管理します。

用土は、水はけの良い土を好み、自作するならば、赤玉土(中)3:赤玉土(小)3:腐葉土4の割合で混ぜたものを使います。

肥料としては、腐葉土に1リットル当たり2g程度の緩効性の化学肥料与えます。

芽が出てきたら、1株あたり10g程度の緩効性の肥料を周囲に与えます。

水やりは、乾燥したら与える程度で大丈夫です。

 

②ヒメユリの画像(写真)!特徴は?

ヒメユリの花は、赤朱色で濃い色の斑点があります。

茎の上部に総状花序を出し、数輪の花を星状に咲かせます。

葉は互生し、多線状披針形で多数つけます。

 

③ヒメユリの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヒメユリの開花時期は、夏(6~7月)です。

 

④ヒメユリの球根の植え方は?

ヒメユリの球根は、植える際には、防除のために殺菌剤(ベンレート水和剤)に30分程度浸してから植え付けます。

植える際の深さは、球根の高さの1.5~2倍の深さに植え付けます。

 

⑤ヒメユリの花言葉はなに?

ヒメユリの花言葉は「誇り」、「変わらない愛らしさ」です。

 

⑥ヒメユリの種類や品種は何があるの?

ヒメユリの種類としては「チョウセンヒメユリ」、「キメヒメユリ」、「トサヒメユリ」があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)