【プスキニアのまとめ!】育て方(適した環境と増やし方)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、プスキニアについてまとめていきたいと思います。

 

プスキニアはキジカクシ科の植物です。

 

日本に自生はしておらず、早春に咲く花です。

学名は「Puschkinia Libanotica」といいます。

 

今回は、プスキニアについてのポイント、

①プスキニアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②プスキニアの画像(写真)!特徴は?球根や花はどんな感じ?
③プスキニアの開花時期や季節はいつ頃なの?
④プスキニアの増やし方のポイントは?
⑤プスキニアの種類や別名は?リバノティカ(リバノチカ)や氷の妖精など
⑥プスキニアの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはプスキニアの育て方からお伝えします!

 

プスキニアの育て方は?

 

プスキニアの植えつけは10~11月ごろの涼しくなってから行います。

 

鉢植えでは6月頃になって葉が枯れたら、雨の当たらない日陰で夏を越させます。

苗は2年に1回ぐらい、秋の時期に植えなおします。

 

庭では3年ぐらい植えっぱなしの方が花つきがよくなるので、3年以上経ってから秋の時期に植え直すとよいです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、プスキニアが好む環境についてお伝えします!

 

プスキニアの育て方!環境はどうする?

 

プスキニアを育てる際は、日当たりがよく、水はけのよいところで管理します。

乾燥に強く、多湿に弱い植物のため、湿度の高いところでは毎年掘り上げを行います。

 

次は、プスキニアに適した用土についてお伝えします!

 

プスキニアを育てる際の適した用土は何?

 

ブスキニアを育てる際は、水はけの良さがポイントで、一般の草花向け培養土を使います。

 

庭植えの場合は、水はけが悪ければ腐葉土を混ぜましょう。

鉢植えの場合は、赤玉土6、腐葉土3、パーライト1で混ぜたものを使います。

次は、プスキニアに必要な肥料についてお伝えします!

 

プスキニアの育て方!肥料はどうする?

 

プスキニアを育てる際は、植え付け時に緩効性肥料をまきます。

 

庭植えの場合は、追肥は必要ありません。

鉢植えの場合、芽が出始めたときと開花直後に液体肥料を少量施します。

では次は、プスキニアの水やりポイントについてお伝えします!

 

プスキニアを育てる際の水の量はどうする?

 

ブスキニアを育てる際は、表面の用土が乾いたらたっぷり与えます。

 

開花後(夏季)は、葉が枯れるため水やりの必要はありません。

冬の時期は乾燥しやすいので、芽が出るまでは日陰で乾燥した風を防いで管理します。

 

以上で基本的なプスキニアの育て方については終わりです。

次はプスキニアの写真をお見せします!

 

プスキニアの画像(写真)!特徴は?球根や花はどんな感じ?

 

 

プスキニアの花は、短い総状の花序になります。

 

花色は白色で、青のストライプが入っています。

葉は細長く、幅は広く広がっています。

 

球根は、大きな特徴はありませんが、比較的小さいです。

 

次に、プスキニアの開花時期をお伝えします!

 

プスキニアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

プスキニアの開花時期は2月~4月になります

背丈が低く目立ちにくいため、鉢植えにするのがオススメです。

 

次は、プスキニアの増やし方のポイントをお伝えします!

 

プスキニアの増やし方のポイントは?

 

プスキニアは分球、種まきで増やします。

 

分球の場合は、鉢植え時期より少し早い時期の6月頃に行います。

種まきの場合、育てる場所によってはこぼれダネでも増えていきます。

 

タネを蒔いてから3~4年で開花します。

 

次に、プスキニアの種類や別名をお伝えします!

 

プスキニアの種類や別名は?リバノティカ(リバノチカ)や氷の妖精など

 

プスキニアの別名には、「スキロイデス」、「リバノチカ」があります。

 

スキロイデスは、現在主に栽培されており、花色が白色で青い筋が入っております。

リバチカノも花色は白色で小型ですが、明確な区別が難しいです。

 

似た花として、「シラー・ミッシェンコアナ」があります。

 

花は似ていて区別が難しいですが、プスキニアにはおしべを包む副花冠のようなものがあるのが特徴です。

 

それでは最後に、プスキニアの花言葉をお伝えします!

 

プスキニアの花言葉はなに?

 

プスキニアの花言葉は「豊かな感性」です。

豊かな感性は、白色の花弁に特徴的な青色のストライプが入っている様子が由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

プスキニアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①プスキニアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

プスキニアは日当たりがよく、水はけのよいところで管理します。

用土は、水はけの良さがポイントで、一般の草花向け培養土を使用します。

肥料は、植え付け時に緩効性肥料を蒔き、鉢植えの場合は、芽が出始めた時と開花直後に液体肥料を少量与えます。

水やりは、表面の用土が乾いたらたっぷり与えます。

 

②プスキニアの画像(写真)!特徴は?球根や花はどんな感じ?

プスキニアの花は、短い総状の花序になります。

花は白色で、青のストライプが入っています。

葉は細長く、幅広です。

 

③プスキニアの開花時期や季節はいつ頃なの?

プスキニアの開花時期は春(2~4月)になります。

背丈が低く目立ちにくいため、鉢植えがオススメです。

 

④プスキニアの増やし方のポイントは?

プスキニアは分球または種まきで増やします。

 

⑤プスキニアの種類や別名は?リバノティカ(リバノチカ)や氷の妖精など

プスキニアの別名には、「スキロイデス」、「リバノチカ」があります。

似た花として、「シラー・ミッシェンコアナ」があります。

 

⑥プスキニアの花言葉はなに?

プスキニアの花言葉は「豊かな感性」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)