【スイフヨウ(酔芙蓉)のまとめ!】育て方(剪定や挿し木)と花言葉等10個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、スイフヨウ(酔芙蓉)についてまとめていきたいと思います。

 

スイフヨウはアオイ科フヨウ属に属する落葉低木の植物となります。

 

1日の中でも温度変化や時間によって花色を変化させる非常に珍しい品種です。

多くは八重咲きである品種となりますが、中には一重咲きであるものもあります。

 

今回は、スイフヨウ(酔芙蓉)についてのポイント、

①スイフヨウ(酔芙蓉)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②スイフヨウ(酔芙蓉)の画像(写真)!特徴は?
③スイフヨウ(酔芙蓉)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④スイフヨウ(酔芙蓉)の苗の植え付けのポイントは?
⑤スイフヨウ(酔芙蓉)の鉢植えで育てる際のポイントは?
⑥スイフヨウ(酔芙蓉)の剪定のポイントは?
⑦スイフヨウ(酔芙蓉)の増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?
⑧スイフヨウ(酔芙蓉)のかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑨スイフヨウ(酔芙蓉)の花言葉はなに?
⑩スイフヨウ(酔芙蓉)の種類や品種は何があるの?

 

以上10個の点についてお伝えします。

まずはスイフヨウ(酔芙蓉)の育て方からお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の育て方は?

 

 

スイフヨウは春時期に植え付けを行ってから夏の終盤に花が咲くまでの間は株の育成期間となります。

 

アオイ科であるスイフヨウは、移植ができない植物となりますので植え付けを行う時は日当たりと水ハケの良い場所を選んでください。

霜にあたるとスイフヨウの株が弱って枯れてしまうことがありますので、冬越しのために軒下に移動してあげましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、スイフヨウ(酔芙蓉)が好む環境についてお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の育て方!環境はどうする?

 

 

台湾や中国に生息しているスイフヨウは日本国内では四国や九州地方に分布している植物となります。

 

スイフヨウは気温が高い環境では花色が赤やピンク色になりますが、気温が下がるにつれて白色へと変化していきます。

日光を好む植物であるスイフヨウは、耐暑性があるので夏には強い植物となります。

 

次は、スイフヨウ(酔芙蓉)に適した用土についてお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)を育てる際の適した用土は何?

 

スイフヨウは水ハケが良い肥沃な用土を好む植物となります。

 

鉢植えで育成市販の用土を使用する場合は花と野菜の土を選んであげ、水ハケを良くするために赤玉(ゴロ土)を1割程度混ぜ合わせてあげましょう。

庭植えにする場合は、水ハケが良い環境をつくるために植え付けを行う前に腐葉土もしくは堆肥を混ぜ合わせてあげましょう。

 

次は、スイフヨウ(酔芙蓉)に必要な肥料についてお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の育て方!肥料はどうする?

 

 

スイフヨウは春時期に新芽が出るので同じタイミングで効果が長く持続する緩効性肥料を与えてください。

 

花芽が出てくる成長期の7月頃には液体肥料を与えると花付きが良くなります。

また、冬時期の2月頃には育成準備期間として油かすなどの寒肥を与えてください。

では次は、スイフヨウ(酔芙蓉)の水やりポイントについてお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)を育てる際の水の量はどうする?

 

スイフヨウは葉っぱが大きい品種となりますので、水分が蒸発しやすいことで水切れをしてしまうことがあります。

 

水やりを行う時は表面の用土が乾いていたら与えてあげましょう。

鉢植えでの育成を行う場合は特に水切れがしやすくなりますので注意してください。

 

以上で基本的なスイフヨウ(酔芙蓉)の育て方については終わりです。

次はスイフヨウ(酔芙蓉)の写真をお見せします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の画像(写真)!特徴は?

 

時間や温度によって色が変化する非常に魅力的な植物であるスイフヨウは互生の葉姿をしています。

 

花時期を終えてからできる実は、熟していくと下部が裂けて種子が散布されるさく果となります。

低木の分類であるスイフヨウですが、高いものでは約3mまで成長する植物となります。

 

スイフヨウの写真はこちらになります。

 

次に、スイフヨウ(酔芙蓉)の開花時期をお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

多くの品種が八重咲きであるスイフヨウは一日花である植物となります。

 

日が昇る朝方の花色は白であるスイフヨウは、お昼を過ぎるとピンク色へと花色を変化させ、日が暮れる事には花色を赤へと変えていきます。

スイフヨウの開花時期は夏時期の8月頃〜秋時期の10月頃となります。

 

次は、スイフヨウ(酔芙蓉)の苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の苗の植え付けのポイントは?

 

 

スイフヨウは鉢植えで育成するよりも、地植えの方がたくましい株へと育成することができます。

 

植え付けを行う前は、腐葉土を混ぜこんで水ハケの良い環境をつくってください。

スイフヨウの苗を庭植えする場合は、約30cmの深さの穴をあけてあげましょう。

 

植え付ける苗の土は解さずそのまま植え付けを行いましょう。

 

それでは次に、スイフヨウ(酔芙蓉)の鉢植えで育てる際のポイントをお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の鉢植えで育てる際のポイントは?

 

 

スイフヨウを鉢植えで育成する場合はな大きめの鉢を選んであげると花つきが良くなります。

 

鉢植えの植え付けを行う前には、鉢底に軽石を2cm程度の厚さに敷いてから用土を上から入れてください。

植え付ける時に根を触ると傷つきやすく株が弱ってしまいますので注意しましょう。

 

次は、スイフヨウ(酔芙蓉)の剪定のポイントをお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の剪定のポイントは?

 

 

低木であるスイフヨウですが、樹高は3mまでたかくなるものもありますので剪定を行う必要があります。

 

剪定の適時期は葉枯れてくる冬時期の12月頃から2月頃となります。

花芽ができる夏時期の7月頃から秋時期の9月頃は剪定はしないように注意しましょう。

 

剪定は密集いている枝を間引いてあげて風通しを良くしてください。

次に、スイフヨウ(酔芙蓉)の増やし方をお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

 

スイフヨウは挿し木で増やすことができる植物となります。

 

挿し木での増やし方は簡単で成功しやすいのでオススメとなります。

挿し木の適時期は秋時期の10月頃となります。

 

挿し木の枝は新芽がついたものを約30cmに切り取り、ビニール袋に入れたまま挿し木の用土に挿してください。

次は、スイフヨウ(酔芙蓉)のかかりうる病気や害虫の対策方法をお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)のかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

 

スイフヨウは害虫が付きやすい植物となります。

 

大きなスイフヨウの葉はハマキムシの住処に最適な場所となります。

スイフヨウの葉を巻きその中で葉を食べていくことで、株が弱ってしまいますので見つけ次第駆除してください。

 

アブラムシもスイフヨウにつくことがある害虫となります。

アブラムシは新芽の汁を吸収していきますので事前にスミチオン乳剤を散布して予防してください。

次に、スイフヨウ(酔芙蓉)の花言葉をお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の花言葉はなに?

 

 

学名はHibiscus mutabilis cv.Versicolであるスイフヨウの英名はCotton roseとなります。

 

和名は酔芙蓉となり、花色が朝は白色をしていますが、午後になるとピンク色へと変化し、

また夕方頃になると紅色へと変わる花姿が酔っているように見えることから付けられています。

 

スイフヨウの花言葉に「心変わり」とありますが、花色が変化していくことが由来となっています。

 

それでは最後に、スイフヨウ(酔芙蓉)の種類や品種をお伝えします!

 

スイフヨウ(酔芙蓉)の種類や品種は何があるの?

 

 

花色が変化する姿が珍しい植物のスイフヨウは、愛好家がいるほど人気のある品種となります。

 

ハイビスカス

スイフヨウは有名で亜熱帯の植物であるハイビスカスの仲間となります。

ハイビスカスは夏の花であるイメージが強い植物となりますが、日本の夏時期の暑さに弱く開花をしなくなります。

 

アメリカフヨウ

大きな花を開花させるアメリカフヨウは、スイフヨウと同じアオイ科フヨウ属に属する植物となります。

一日花となるアメリカフヨウですが、花をどんどん開花させますので楽しむことができます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

スイフヨウ(酔芙蓉)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①スイフヨウ(酔芙蓉)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

スイフヨウは春時期に植え付けを行ってから夏の終盤に花が咲くまでの間は株の育成期間となります。

アオイ科であるスイフヨウは、移植ができない植物となりますので植え付けを行う時は日当たりと水ハケの良い場所を選んでください。

霜にあたるとスイフヨウの株が弱って枯れてしまうことがありますので、冬越しのために軒下に移動してあげましょう。

 

②スイフヨウ(酔芙蓉)の画像(写真)!特徴は?

時間や温度によって色が変化する非常に魅力的な植物であるスイフヨウは互生の葉姿をしています。

花時期を終えてからできる実は、熟していくと下部が裂けて種子が散布されるさく果となります。

低木の分類であるスイフヨウですが、高いものでは約3mまで成長する植物となります。

 

③スイフヨウ(酔芙蓉)の開花時期や季節はいつ頃なの?

多くの品種が八重咲きであるスイフヨウは一日花である植物となります。

日が昇る朝方の花色は白であるスイフヨウは、お昼を過ぎるとピンク色へと花色を変化させ、日が暮れる事には花色を赤へと変えていきます。

スイフヨウの開花時期は夏時期の8月頃〜秋時期の10月頃となります。

 

④スイフヨウ(酔芙蓉)の苗の植え付けのポイントは?

スイフヨウは鉢植えで育成するよりも、地植えの方がたくましい株へと育成することができます。

植え付けを行う前は、腐葉土を混ぜこんで水ハケの良い環境をつくってください。

スイフヨウの苗を庭植えする場合は、約30cmの深さの穴をあけてあげましょう。

植え付ける苗の土は解さずそのまま植え付けを行いましょう。

 

⑤スイフヨウ(酔芙蓉)の鉢植えで育てる際のポイントは?

スイフヨウを鉢植えで育成する場合はな大きめの鉢を選んであげると花つきが良くなります。

鉢植えの植え付けを行う前には、鉢底に軽石を2cm程度の厚さに敷いてから用土を上から入れてください。

植え付ける時に根を触ると傷つきやすく株が弱ってしまいますので注意しましょう。

 

⑥スイフヨウ(酔芙蓉)の剪定のポイントは?

低木であるスイフヨウですが、樹高は3mまでたかくなるものもありますので剪定を行う必要があります。

剪定の適時期は葉枯れてくる冬時期の12月頃から2月頃となります。

花芽ができる夏時期の7月頃から秋時期の9月頃は剪定はしないように注意しましょう。

剪定は密集いている枝を間引いてあげて風通しを良くしてください。

 

⑦スイフヨウ(酔芙蓉)の増やし方!挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

スイフヨウは挿し木で増やすことができる植物となります。

挿し木での増やし方は簡単で成功しやすいのでオススメとなります。

挿し木の適時期は秋時期の10月頃となります。

挿し木の枝は新芽がついたものを約30cmに切り取り、ビニール袋に入れたまま挿し木の用土に挿してください。

 

⑧スイフヨウ(酔芙蓉)のかかりうる病気や害虫の対策方法は?

スイフヨウは害虫が付きやすい植物となります。

大きなスイフヨウの葉はハマキムシの住処に最適な場所となります。

スイフヨウの葉を巻きその中で葉を食べていくことで、株が弱ってしまいますので見つけ次第駆除してください。

 

⑨スイフヨウ(酔芙蓉)の花言葉はなに?

学名はHibiscus mutabilis cv.Versicolであるスイフヨウの英名はCotton roseとなります。

 

和名は酔芙蓉となり、花色が朝は白色をしていますが、午後になるとピンク色へと変化し、

また夕方頃になると紅色へと変わる花姿が酔っているように見えることから付けられています。

 

スイフヨウの花言葉「心変わり」となありますが、花色が変化していくことが由来となっています。

 

⑩スイフヨウ(酔芙蓉)の種類や品種は何があるの?

花色が変化する姿が珍しい植物のスイフヨウは、愛好家がいるほど人気のある品種となります。

 

ハイビスカス

スイフヨウは有名で亜熱帯の植物であるハイビスカスの仲間となります。

ハイビスカスは夏の花であるイメージが強い植物となりますが、日本の夏時期の暑さに弱く開花をしなくなります。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)