【ゲッキツのまとめ!】育て方(剪定や挿し木)と花言葉等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ゲッキツについてまとめていきたいと思います。

 

ゲッキツは、「シルクジャスミン」の名で流通している植物です。

 

ゲッキツは、東南アジア、中国、台湾、沖縄諸島の熱帯や亜熱帯に自生する、

ミカン科ゲッキツ属(ムラヤ属)の常緑低木です。

 

ゲッキツは漢字で「月橘」と書きます。

 

樹高は10~350㎝ほどになり、葉は小さめの丸葉で光沢があります。

ジャスミンに似た白い小花を咲かせます。

 

ゲッキツの学名は、「Murraya jasmine」です。

 

今回は、ゲッキツについてのポイント、

①ゲッキツの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ゲッキツの画像(写真)!特徴は?
③ゲッキツの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ゲッキツの苗の植え付けのポイントは?
⑤ゲッキツの植え替えのポイントは?
⑥ゲッキツの剪定のポイントは?
⑦ゲッキツの増やし方!挿し木のやり方はどうするの?
⑧ゲッキツの花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはゲッキツの育て方からお伝えします!

 

ゲッキツの育て方は?

 

ゲッキツは、熱帯に自生する植物なので高温を好みますが、同時に耐寒性もあります。

 

そのため、観葉植物としてだけでなく、庭木としても栽培できます。

関東以西では、地植えで越冬が可能です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ゲッキツが好む環境についてお伝えします!

 

ゲッキツの育て方!環境はどうする?

 

ゲッキツは、日当たりの良い場所を好みます。

 

耐陰性も多少ありますが、春から秋は直射日光に当てることをおすすめします。

日照不足になると花が付きにくくなります。

 

室内で管理する場合は、明るい窓辺に置くとよいでしょう。

 

次は、ゲッキツに適した用土についてお伝えします!

 

ゲッキツを育てる際の適した用土は何?

 

ゲッキツは、水はけの良い用土を好みます。

 

市販の培養土を使用する場合は、観葉植物用の培養土が良いでしょう。

配合する場合は、小粒の赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜ合わせます。

 

地植えは、植え付ける2週間ほど前に腐葉土や堆肥を混ぜておくと良いでしょう。

 

次は、ゲッキツに必要な肥料についてお伝えします!

 

ゲッキツの育て方!肥料はどうする?

 

ゲッキツの肥料は、生育期の春から秋(5月~10月)にかけて、2か月に1回ほど緩効性化成肥料を与えます。

もしくは、10~15日に1回ほど液体肥料を与えます。

 

では次は、ゲッキツの水やりポイントについてお伝えします!

 

ゲッキツを育てる際の水の量はどうする?

 

ゲッキツの水やりは、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。

 

気温が20度以上になると、生長が旺盛になり根や枝がよく育ちます。

 

同時に土の乾きも早くなるので、高温期の乾燥に気を付けましょう。

エアコンのきいた室内で育てる場合は、霧吹きなどで葉の表面にも水を吹きかけ、湿度を確保して乾燥を防ぎましょう。

 

冬場はやや乾燥気味に管理します。

 

以上で基本的なゲッキツの育て方については終わりです。

次はゲッキツの写真をお見せします!

 

ゲッキツの画像(写真)!特徴は?

 

 

 

ゲッキツの花は、ジャスミンの花によく似た真っ白な小花で、強い芳香性があります。

 

しかし、香料やお茶によく使われるモクセイ科のジャスミンとは異なる植物です。

ゲッキツの花の開花後には、赤い実がつきます。

 

 

次に、ゲッキツの開花時期をお伝えします!

 

ゲッキツの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ゲッキツの花の開花時期は、6月~9月の初夏から夏にかけてです。

ゲッキツの花の開花には、日照が必要なため、屋外で育てたほうが花付きが良くなります。

 

次は、ゲッキツの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ゲッキツの苗の植え付けのポイントは?

 

ゲッキツの植え付けは、真夏を避けた春から秋の暖かい日に行います。

 

鉢植えの場合は、根についた土を1/3ほど落として、一回り大きな鉢に植え付けます。

地植えの場合は、日当たりと風通し、水はけの良い場所に植え付けます。

 

霜に当たると枯れてしまうので、冬は根元を腐葉土で覆うなど、霜対策をしましょう。

 

それでは次に、ゲッキツの植え替えのポイントをお伝えします!

 

ゲッキツの植え替えのポイントは?

 

ゲッキツの植え替えは、5月~8月に行います。

 

真夏の高温期は避けましょう。

ゲッキツは、鉢が根でいっぱいになると根詰まりを起こし枯れてしまいます。

 

鉢植えの場合は、1年~2年に1回、植え替えをしましょう。

植え替えは、根でいっぱいになった株を1/3ほどほぐして土を落とし、一回り大きな鉢に植え替えます。

 

植え替え後はたっぷり水を与えましょう。

 

次は、ゲッキツの剪定のポイントをお伝えします!

 

ゲッキツの剪定のポイントは?

 

ゲッキツの枝は、生育期によく伸びます。

 

樹形が乱れてきたら、5月~8月に剪定を行います。

剪定は、混み合っている枝や、伸びすぎた枝、枯れた枝を根元から切り落とします。

 

次に、ゲッキツの増やし方をお伝えします!

 

ゲッキツの増やし方!挿し木のやり方はどうするの?

 

ゲッキツは挿し木と種まきで増やすことができます。

 

ゲッキツの挿し木は、5月~8月に行います。

挿し木は、10~15㎝ほどに切った若い枝を使います。

 

枝先の葉を1/3ほど残し、発根促進剤に付けた後、湿らせた赤玉土やバーミキュライトに挿します。

1~2か月ほどで発根します。

 

種まきは、赤く熟した実から採取して、すぐにまきましょう。

 

それでは最後に、ゲッキツの花言葉をお伝えします!

 

ゲッキツの花言葉はなに?

 

ゲッキツの花言葉は、「純粋な心」です。

真っ白な花が集まって咲く姿に由来しているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ゲッキツのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ゲッキツの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ゲッキツは、日当たりの良い場所を好みます。

耐陰性も多少ありますが、春から秋は直射日光に当てることをおすすめします。

室内で管理する場合は、明るい窓辺に置くとよいでしょう。

ゲッキツは、水はけの良い用土を好みます。

市販の培養土を使用する場合は、観葉植物用の培養土が良いでしょう。

ゲッキツの肥料は、生育期の春から秋(5月~10月)にかけて、2か月に1回ほど緩効性化成肥料を与えます。

ゲッキツの水やりは、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます

気温が20度以上になると、生長が旺盛になり根や枝がよく育ちます。同時に土の乾きも早くなるので、高温期の乾燥に気を付けましょう。

冬場はやや乾燥気味に管理します。

 

②ゲッキツの画像(写真)!特徴は?

 

ゲッキツの花は、ジャスミンの花によく似た真っ白な小花で、強い芳香性があります。

ゲッキツの花の開花後には、赤い実がつきます。

 

③ゲッキツの開花時期や季節はいつ頃なの?

ゲッキツの花の開花時期は、6月~9月の初夏から夏にかけてです。

 

④ゲッキツの苗の植え付けのポイントは?

ゲッキツの植え付けは、真夏を避けた春から秋の暖かい日に行います。

鉢植えの場合は、根についた土を1/3ほど落として、一回り大きな鉢に植え付けます。

地植えの場合は、日当たりと風通し、水はけの良い場所に植え付けます。

 

⑤ゲッキツの植え替えのポイントは?

ゲッキツの植え替えは、5月~8月に行います。真夏の高温期は避けましょう。

鉢植えの場合は、1年~2年に1回、植え替えをしましょう。

植え替えは、根でいっぱいになった株を1/3ほどほぐして土を落とし、一回り大きな鉢に植え替えます。

 

⑥ゲッキツの剪定のポイントは?

ゲッキツは、樹形が乱れてきたら5月~8月に剪定を行います。

剪定は、混み合っている枝や、伸びすぎた枝、枯れた枝を根元から切り落とします。

 

⑦ゲッキツの増やし方!挿し木のやり方はどうするの?

ゲッキツの挿し木は、5月~8月に行います。

挿し木は、10~15㎝ほどに切った若い枝を使います

枝先の葉を1/3ほど残し、発根促進剤に付けた後、湿らせた赤玉土やバーミキュライトに挿します。

1~2か月ほどで発根します。

 

⑧ゲッキツの花言葉はなに?

ゲッキツの花言葉は、「純粋な心」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)