【シャク(杓)のまとめ!】育て方や花言葉等6個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、シャク(杓)についてまとめていきたいと思います。

 

シャク(杓)は、セリ科シャク属の多年草です。

和名「」、別名「ヤマニンジン」、「コジャク」、「ワイルドチャービル」で、学名「Anthriscus sylvestris」です。

 

日本では、北海道・本州・四国・九州・琉球に分布し、山地の湿った場所に生育します。

世界では、カムチャッカからヨーロッパ東部までのユーラシア中北部に広く分布しています。

 

今回は、シャク(杓)についてのポイント、

①シャク(杓)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②シャク(杓)の画像(写真)!花の特徴は?
③シャク(杓)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④シャク(杓)の値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤シャク(杓)は天ぷらにすると美味しい山菜なの?作り方は?
⑥シャク(杓)の花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはシャク(杓)の育て方からお伝えします!

 

シャク(杓)の育て方(栽培方法)は?

 

シャク(杓)は、乾燥に多少弱い植物なので、特に夏の熱い時での乾燥には注意しましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、シャク(杓)が好む環境についてお伝えします!

 

シャク(杓)の育て方!環境はどうする?

 

シャク(杓)は、半日陰から日陰で適度な湿度がある場所を好みます。

強健ですが、乾燥には多少弱い性質を持っているので、夏場の高温や乾燥には気をつけましょう。

 

次は、シャク(杓)に適した用土についてお伝えします!

 

シャク(杓)を育てる際の適した用土は何?

 

シャク(杓)は、市販の種まき用の土を使用し、何度か散水、日に当てて乾燥を繰り返し土を安定させて置きましょう。

次は、シャク(杓)に必要な肥料についてお伝えします!

 

シャク(杓)の育て方!肥料はどうする?

 

シャク(杓)は、予め元肥として土壌に腐葉土などを混ぜ込んで置きましょう。

では次は、シャク(杓)の水やりポイントについてお伝えします!

 

シャク(杓)を育てる際の水の量はどうする?

 

シャク(杓)は、土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えましょう。

 

以上で基本的なシャク(杓)の育て方については終わりです。

次はシャク(杓)の写真をお見せします!

 

シャク(杓)の画像(写真)!花の特徴は?

 

https://www.instagram.com/p/CBWnCdmJ--z/?utm_medium=copy_link

 

シャク(杓)は、直立した茎と上部が分岐するのが特徴で、草丈は80~140cm程に成長します。

 

葉は互生し長い柄が入っており、2回3出羽状複葉で、小葉は細かく裂けます。

 

花は5弁花で花弁は白色、萼歯片や総苞片はなく小総苞片は卵形から披針形で下を向いています。

むた、果実は円形で細長く先端が尖っており、無毛で黒っぽく熟します。

 

次に、シャク(杓)の開花時期をお伝えします!

 

シャク(杓)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

シャク(杓)は、春の5月~初夏の6月頃に開花します。

真っ白で小さく可憐な花たちが集まって咲く姿が、まるで光に透けるレースのようで涼しげに見えるんですよ。

 

次は、シャク(杓)の値段や販売価格をお伝えします!

 

シャク(杓)の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

シャク(杓)は、インターネット販売で3号ポットが660円程で販売されています。

 

次に、シャク(杓)の天ぷらの作り方をお伝えします!

 

シャク(杓)は天ぷらにすると美味しい山菜なの?作り方は?

 

シャク(杓)は、天ぷらやサラダなどの様々な料理に利用し食べることが出来ます。

 

ここではシャク(杓)の天ぷらのレシピをご紹介します。

①セリに似た香りがあり、3月末~4月に花芽が急速に伸びるので採取します。

 

②シャク(杓)は、毒草のムラサキケマンやドクゼリと見分けるようにするため、必ず膨らんだ花芽だけを採取しましょう。

③膨らんだ花芽の部分だけを天ぷらにします。

 

⑤天ぷら粉を冷水でサッと溶いて、180度に熱した油で揚げます。

もし茎の部分も柔らかければ、花芽と一緒に天ぷらにして食べることが出来るんですよ。

 

それでは最後に、シャク(杓)の花言葉をお伝えします!

 

シャク(杓)の花言葉はなに?

 

シャク(杓)は、「味わいのある」や「特徴がある」などの花言葉があります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

シャク(杓)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①シャク(杓)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

シャクは、半日陰から日陰で適度な湿度がある場所を好みます。

強健ですが、乾燥には多少弱い性質を持っているので、夏場の高温や乾燥には気をつけましょう。

市販の種まき用の土を使用し、何度か散水、日に当てて乾燥を繰り返し土を安定させて置きましょう。

予め元肥として土壌に腐葉土などを混ぜ込んだ用土を使用すると良いでしょう。

土の表面が乾いたら水をたっぷりと与えましょう。

 

②シャク(杓)の画像(写真)!花の特徴は?

シャクは、直立した茎と上部が分岐するのが特徴で、草丈は80~140cm程に成長します。

葉は互生し長い柄が入っており、2回3出羽状複葉で、小葉は細かく裂けます。

花は5弁花で花弁は白色、萼歯片や総苞片はなく小総苞片は卵形から披針形で下を向いています。

むた、果実は円形で細長く先端が尖っており、無毛で黒っぽく熟します。

 

③シャク(杓)の開花時期や季節はいつ頃なの?

シャクは、春の5月~初夏の6月頃に開花します。

真っ白で小さく可憐な花たちが集まって咲く姿が、まるで光に透けるレースのようで涼しげに見えるんですよ。

 

④シャク(杓)の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

シャクは、インターネット販売で3号ポットが660円程で販売されています。

 

⑤シャク(杓)は天ぷらにすると美味しい山菜なの?作り方は?

シャクは、天ぷらやサラダなどの様々な料理に利用し食べることが出来ます。

ここではシャクの天ぷらのレシピをご紹介します。

①セリに似た香りがあり、3月末~4月に花芽が急速に伸びるので採取します。

②毒草のムラサキケマンやドクゼリと見分けるようにするため、必ず膨らんだ花芽だけを採取しましょう。

③膨らんだ花芽の部分だけを天ぷらにします。

⑤天ぷら粉を冷水でサッと溶いて、180度に熱した油で揚げます。

もし茎の部分も柔らかければ、花芽と一緒に天ぷらにして食べることが出来るんですよ。

 

⑥シャク(杓)の花言葉はなに?

シャクは、「味わいのある」や「特徴がある」などの花言葉があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)