【ケマンソウのまとめ!】育て方(種まきや植え替え)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ケマンソウについてまとめていきたいと思います。

 

ケマンソウはケシ科ケマンソウ属であり、学名Dicentra spectabilisの多年草です。

一本の茎からいくつもの花を吊り下げて咲く様子から、タイが釣られているように見え、タイツリソウ(鯛釣草)とも呼ばれています。

日本には室町時代渡来し、比較的古くから観賞用として栽培されている植物です。

 

今回は、ケマンソウについてのポイント、

①ケマンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ケマンソウの画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?
③ケマンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ケマンソウの苗の植え付けのやり方は?
⑤ケマンソウの植え替えのポイントは?
⑥ケマンソウの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑦ケマンソウの花言葉はなに?英語でなんていうの?何日の誕生日なの?
⑧ケマンソウの種類や品種は何があるの?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはケマンソウの育て方からお伝えします!

 

ケマンソウの育て方は?

 

ケマンソウは多年草ですが、一日中直射日光に当たったり、高温になるような環境だと株が休眠し花が咲かないことがあります。

 

また、耐寒性はある程度ありますが、冬の冷たい風にさらされ続けると絶えることができません。

鉢の移動や植え替えをする予定がないときは、なるべく条件に合った環境を探してくださいね!

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ケマンソウが好む環境についてお伝えします!

 

ケマンソウの育て方!環境はどうする?

 

ケマンソウは水はけの良い明るい日影や半日影が適しています。

 

ケマンソウは一日中直射日光が当たる環境はあまり好みません。

日の当たるところであれば、午前中のみ当たる場所で午後の強い西日の当たる環境は避けましょう

 

次は、ケマンソウに適した用土についてお伝えします!

 

ケマンソウを育てる際の適した用土は何?

 

ケマンソウは水はけの良い環境を好みます。

鉢植えの場合は赤玉土と腐葉土を7:3で混合したものや、市販の花用培養土でも育てることができます。

庭植えの場合はそのままでも構いません。

 

次は、ケマンソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

ケマンソウの育て方!肥料はどうする?

 

ケマンソウは比較的肥沃な土壌を好みます

 

植え付け・植え替えの時は元肥として緩効性肥料を与えましょう。

また、花が咲く前と花後にはお礼肥として同じように緩効性肥料を与えます。

では次は、ケマンソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

ケマンソウを育てる際の水の量はどうする?

 

ケマンソウはやや湿った状態を好みます

 

鉢植えの場合は、葉が茂っているときは表土が乾燥する前にたっぷり与え、冬など休眠しているときはあまり乾燥しないように適度に与えましょう。

庭植えの場合は自然の降雨に任せても構いませんが、乾燥が続く場合などはしっかり水やりをします。

 

以上で基本的なケマンソウの育て方については終わりです。

次はケマンソウの写真をお見せします!

 

ケマンソウの画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?

 

ケマンソウは中国や朝鮮半島が原産の植物であり、自生地は落葉樹の根元ややや湿った環境です。

ケマンソウは生長すると60㎝ほどになります。

 

 

 

 

 

 

ケマンソウは室町時代に日本に渡来したと言われ、古くから観賞用に栽培されてきました。

 

特徴的な花の付き方をしており、釣り竿に鯛が釣り下がっているように見えることから、タイツリソウ(鯛釣草)とも呼ばれています。

 

華やかな花を咲かせるのでケマンソウ一つ飾るだけでも華やかになります。

そんな華やかなケマンソウですが、毒を持つことでも知られているんです。

 

ケマンソウを含むケシ科の植物には毒をもつものがあり、摂取すると麻痺嘔吐呼吸不全など様々な症状が現れます。

間違っても誤食しないように気を付けましょう!

 

次に、ケマンソウの開花時期をお伝えします!

 

ケマンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ケマンソウの開花時期は4~5月、遅いものでは6月頃です。

日光を当てるほど花の色が濃くなる品種もあるので、お好みの色に育ててみて下さいね!

次は、ケマンソウの苗の植え付けのやり方をお伝えします!

 

ケマンソウの苗の植え付けのやり方は?

 

ケマンソウの植え付けは3~4月が適していますが、にも行うことができます。

 

ケマンソウはある程度の耐寒性はありますが冬に北風にさらされると弱り、高温になる場所では枯れてしまうことがあります。

植え付ける際はなるべく風通しの良い明るい日影にしましょう。

また、元肥を忘れずに与えて下さいね!

 

それでは次に、ケマンソウの植え替えのポイントをお伝えします!

 

ケマンソウの植え替えのポイントは?

 

ケマンソウを植え替えるときも植え付けと同様です。

 

鉢植えの場合は根詰まりを起こすことがあるので、2年に1度の頻度で植え替えると根詰まりが起こりにくくなります。

この時、ゴボウのような根を傷つけると弱ってしまいますので気を付けましょう!

 

次は、ケマンソウの増やし方をお伝えします!

 

ケマンソウの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

ケマンソウは種まきで増やすことができます。

 

ケマンソウは高温に弱いので、真夏の種まきは避け春や秋などにまくのがおすすめです。

花後に熟した種を採り、そのまま種まき用の培養土にまくと翌年の春に芽を出します。

そのまままいても芽は出ますが、2週間ほど冷蔵庫など冷たい環境に置くと発芽しやすいと言われているので、ぜひ試してみて下さいね!

 

次に、ケマンソウの花言葉をお伝えします!

 

ケマンソウの花言葉はなに?英語でなんていうの?何日の誕生日なの?

 

ケマンソウの英訳はいくつかありますが、bleeding heartと呼ばれることがあります。

 

ケマンソウの赤い色をしたハート形の花の形から連想されこう呼ばれています。

ケマンソウの誕生花の日付は4月12日で、花言葉は「恋心」「従順」「あなたに従う」「失恋」など様々です。

 

花の形がハートに見えるので恋に関する花言葉が多くありますね!

 

最後に、ケマンソウの種類をお伝えします!

 

ケマンソウの種類や品種は何があるの?

 

ケマンソウにはいくつか品種がありますが、今回は花の色がピンクや赤が多いケマンソウの中でも白い花をつけるケマンソウをご紹介します!

 

赤色の花をつけるケマンソウやピンク色のものもありますが、アルバという品種はスズランのような白色の花を付けます。

白の中でも純白のようなきれいな白色の花を咲かせるので、ぜひ育ててみて下さいね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ケマンソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ケマンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ケマンソウは水はけの良い明るい日影を好みます。

赤玉土と腐葉土を7:3で混合したものや、市販の花用培養土でも育てることができます。

植え付け・植え替えの時は元肥として緩効性肥料を与え、花が咲く前と花後にはお礼肥として同じように緩効性肥料を与えます。

水やりは、鉢植えの場合には葉が茂っているときは表土が乾燥する前にたっぷり与え、冬など休眠しているときはあまり乾燥しないように適度に与えます。

庭植えの場合は自然の降雨に任せても構いません。

 

②ケマンソウの画像(写真)!特徴は?毒性はあるの?

ケマンソウは中国や朝鮮半島が原産の植物であり、自生地は落葉樹の根元ややや湿った環境です。

ケマンソウは生長すると60㎝ほどで、特徴的な花の付き方からタイツリソウ(鯛釣草)とも呼ばれています。

ケマンソウを含むケシ科の植物には毒をもつものがあり、摂取すると麻痺や嘔吐、呼吸不全など様々な症状が現れます。

 

③ケマンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

ケマンソウの開花時期は4~5月、遅いものでは6月頃です。

 

④ケマンソウの苗の植え付けのやり方は?

ケマンソウの植え付けは3~4月、秋が適しています。

植え付ける際はなるべく風通しの良い明るい日陰にしましょう。

 

⑤ケマンソウの植え替えのポイントは?

鉢植えの場合は根詰まりを起こすことがあるので、2年に1度の頻度で植え替えると根詰まりが起こりにくくなりますが、ゴボウのような根を傷つけると弱ってしまいます。

 

⑥ケマンソウの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

ケマンソウは高温に弱いので、真夏の種まきは避け、春や秋などにまくのがおすすめです。

花後に熟した種を採り、そのまま種まき用の培養土にまくと翌年の春に芽を出します。

 

⑦ケマンソウの花言葉はなに?英語でなんていうの?何日の誕生日なの?

ケマンソウはbleeding heartと呼ばれることがあります。

ケマンソウの誕生花の日付は4月12日で、花言葉は「恋心」「従順」「あなたに従う」「失恋」など様々です。

 

⑧ケマンソウの種類や品種は何があるの?

赤やピンクの多いケマンソウの中でもアルバという品種はスズランのような白色の花を付けます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)