【ゼンマイ(山菜)のまとめ!】栽培方法やあく抜き等9個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ゼンマイ(山菜)についてまとめていきたいと思います。

 

自然に繁殖をしていくゼンマイは葉や成長姿が美しいことから、食用としてだけでなく庭園での観賞用でも利用されています。

 

ゼンマイは新芽が平面上の渦巻きのような形をしているのが特徴となります。

多年草となるゼンマイはの表面は綿毛に覆われていますが、食用として利用する時は表面の綿毛は取り除いてあげましょう。

 

今回は、ゼンマイについてのポイント、

①ゼンマイの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ゼンマイの画像(写真)!苗や実の特徴は?毒性はあるの?
③ゼンマイの開花時期や季節はいつ頃なの?生息地はどのような所なの?
④ゼンマイの値段や価格はいくらぐらいなの?
⑤ゼンマイの増やし方は?
⑥ゼンマイの下処理(下ごしらえ)はどのようにするの?あく抜きは必要?
⑦ゼンマイの食べ方は?栄養はあるの?
⑧ゼンマイの花言葉はなに?漢字や英語ではどのように書くの?
⑨ゼンマイの種類や品種は何があるの?

 

以上9つの点についてお伝えします。

まずはゼンマイの育て方からお伝えします!

 

ゼンマイの育て方(栽培方法)は?

 

ゼンマイは湿度のある環境を好みますが過湿には弱いこともあり、水ハケが良いとより良い育成に繋がります。

 

日光をを好む植物で半日陰や日向での育成を行ってあげましょう。

成長速度が他の品種と比べで遅いことから周りで成長する雑草に栄養を奪われないように除草を行ってください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ゼンマイが好む環境についてお伝えします!

 

ゼンマイの育て方!環境はどうする?

 

 

ゼンマイは山野に自生する植物で、水辺などの湿度を多く含む環境を好みます。

 

中国からヒマラヤと広い範囲で生息をしていますが、国内でも北海道から沖縄で分布しています。

日本国内では山里の深い河原付近や急な斜面と厳しい場所で生息することが多い品種となります。

 

次は、ゼンマイに適した用土についてお伝えします!

 

ゼンマイを育てる際の適した用土は何?

 

 

湿度を含む環境をゼンマイは好みますが、過湿では上手く成長しない植物です。

 

ゼンマイの用土としては、水ハケが良いものを選んであげましょう。

水ハケの良い環境つくりを行うために腐葉土を多めに混ぜ合わせた用土を使用することをオススメします。

 

次は、ゼンマイに必要な肥料についてお伝えします!

 

ゼンマイの育て方!肥料はどうする?

 

野生でも自生していくことができるゼンマイは、とくに肥料を必要とはいたしません。

 

ゼンマイの移植を行う場合も、腐葉土などを元肥として混ぜ合わせてあげましょう。

苗の植え付け後に、敷き藁めマルチングを行うことでより良い育成に繋がります。

 

では次は、ゼンマイの水やりポイントについてお伝えします!

 

ゼンマイを育てる際の水の量はどうする?

 

山里の小川付近に生息をするゼンマイは水分を好む品種となります。

 

ですので、乾いた状態の日が続いてしまうと最悪ゼンマイは枯れてしまうことがあります。

水やりに関しましても表土が乾燥してきたタイミングでたっぷりと与えてください。

 

以上で基本的なゼンマイの育て方については終わりです。

次はゼンマイの写真をお見せします!

 

ゼンマイの画像(写真)!苗や実の特徴は?毒性はあるの?

 

男ゼンマイの苗は芽の先が潰れたボール状になり女ゼンマイよりも先に出て背丈が高くなっています。

 

観賞用としてゼンマイを植え付ける時は、木の根元付近が最適となります。

ゼンマイに実はできず、毒性もない品種となります。

 

幼葉の頃綿状の繊維が周りに覆っており、それを集めて織物を作る地方もあります。

 

ゼンマイの写真はこちらになります。

 

次に、ゼンマイの開花時期をお伝えします!

 

ゼンマイの開花時期や季節はいつ頃なの?生息地はどのような所なの?

 

 

ゼンマイの開花時期は春時期の4月〜初夏の6月頃となります。

 

山菜の一種であるゼンマイは糸のように細い花姿をしております。

雌雄異株であるゼンマイは性別が分かれており、男側のゼンマイを胞子葉、女側のゼンマイを栄養葉と呼びます。

 

次は、ゼンマイの販売価格をお伝えします!

 

ゼンマイの値段や価格はいくらぐらいなの?

 

 

栽培が簡単であるゼンマイは、初心者にもオススメな品種となります。

 

春時期に食卓に並ぶこともある山菜の一種ですが、美しい立ち姿は趣きがありますので庭園や生花としても用いられます。

ゼンマイの苗の一般価格は約400円〜1,300円となります。

 

それでは次に、ゼンマイの増やし方をお伝えします!

 

ゼンマイの増やし方は?

 

ゼンマイは胞子葉の採取を行い、それを播き付けることで増やすことが可能となります。

 

胞子葉の採取を行う適時期は春時期の4月〜5月上旬頃となります。

男ゼンマイである胞子葉の色が下から少しずつ黄色へ変色したタイミングで採取しましょう。

 

採取後は袋にいれて逆さまに吊るし一週間ほど放置してください。

ゼンマイの播き床としては赤土を使用してください。

 

次は、ゼンマイの下処理(下ごしらえ)の方法をお伝えします!

 

ゼンマイの下処理(下ごしらえ)はどのようにするの?あく抜きは必要?

 

 

山菜であるゼンマイは食用として利用される植物ですが、下処理としてあく抜きをする必要があります。

 

ゼンマイのあく抜きを行う時はまず小葉を予め取り除いて軸だけの状態にしてあげます。

軸だけの状態にしたゼンマイを茹でてあく抜きを行った後は天日干しをしますが、干している間は手揉みをして柔らかくしてください。

 

次に、ゼンマイの食べ方をお伝えします!

 

ゼンマイの食べ方は?栄養はあるの?

 

 

山里の棚田に生息しているゼンマイは栄養価が高く食用として利用することが可能な植物となります。

 

若い頃の葉はお浸しや煮物として人気があり韓国料理としてはナムルの材料にも使用されています。

ゼンマイは干したりそのまま塩蔵にすることで風味が増しますのでオススメとなります。

 

それでは次に、ゼンマイの花言葉をお伝えします!

 

ゼンマイの花言葉はなに?漢字や英語ではどのように書くの?

 

英語でOsmunda japonicaとなるゼンマイは、弾力のあるバネのような姿をしていることから漢字では、と書きます。

 

ゼンマイの成長姿が個性的であることから、現実ではない夢のようなものである意味となり、「夢想」といった花言葉がつけられています。

また、ゼンマイは山菜として栄養価の高いことから「秘めたる若さ」といった花言葉もあります。

 

最後に、ゼンマイの種類をお伝えします!

 

ゼンマイの種類や品種は何があるの?

 

 

ゼンマイなどのゼンマイ属は世界には十数種程ありますが、国内でも5種生息しています。

 

レガリスゼンマイ

ゼンマイに似ている品種ですが、ゼンマイのように胞子葉が独立していない植物となります。

 

ヤシャゼンマイ

ヤシャゼンマイはゼンマイと近縁なシダの一種となります。

外見はゼンマイと似ていますが、ヤシャゼンマイの方が小さく葉は細いのが見分ける特徴となります。

 

オオバヤシャゼンマイ

オオバヤシャゼンマイはゼンマイとヤシャゼンマイの中間の大きさとなります。

胞子葉がほぼ形成されない品種となり、まれに胞子ができたとしても成熟されません。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ゼンマイのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ゼンマイの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ゼンマイは湿度のある環境を好みますが過湿には弱いこともあり、水ハケが良いとより良い育成に繋がります。

日光をを好む植物で半日陰や日向での育成を行ってあげましょう。

成長速度が他の品種と比べで遅いことから周りで成長する雑草に栄養を奪われないように除草を行ってください。

 

②ゼンマイの画像(写真)!苗や実の特徴は?毒性はあるの?

男ゼンマイの苗は芽の先が潰れたボール状になり女ゼンマイよりも先に出て背丈が高くなっています。

観賞用としてゼンマイを植え付ける時は、木の根元付近が最適となります。

ゼンマイに実はできず、毒性もない品種となります。

幼葉の頃綿状の繊維が周りに覆っており、それを集めて織物を作る地方もあります。

 

③ゼンマイの開花時期や季節はいつ頃なの?生息地はどのような所なの?

ゼンマイの開花時期は春時期の4月〜初夏の6月頃となります。

山菜の一種であるゼンマイは糸のように細い花姿をしております。

雌雄異株であるゼンマイは性別が分かれており、男側のゼンマイを胞子葉、女側のゼンマイを栄養葉と呼びます。

 

④ゼンマイの値段や価格はいくらぐらいなの?

栽培が簡単であるゼンマイは、初心者にもオススメな品種となります。

春時期に食卓に並ぶこともある山菜の一種ですが、美しい立ち姿は趣きがありますので庭園や生花としても用いられます。

ゼンマイの苗の一般価格は約400円〜1,300円となります。

 

⑤ゼンマイの増やし方は?

ゼンマイは胞子葉の採取を行い、それを播き付けることで増やすことが可能となります。

胞子葉の採取を行う適時期は春時期の4月〜5月上旬頃となります。

男ゼンマイである胞子葉の色が下から少しずつ黄色へ変色したタイミングで採取しましょう。

 

⑥ゼンマイの下処理(下ごしらえ)はどのようにするの?あく抜きは必要?

山菜であるゼンマイは食用として利用される植物ですが、下処理としてあく抜きをする必要があります。

ゼンマイのあく抜きを行う時はまず小葉を予め取り除いて軸だけの状態にしてあげます。

軸だけの状態にしたゼンマイを茹でてあく抜きを行った後は天日干しをしますが、干している間は手揉みをして柔らかくしてください。

 

⑦ゼンマイの食べ方は?栄養はあるの?

山里の棚田に生息しているゼンマイは栄養価が高く食用として利用することが可能な植物となります。

若い頃の葉はお浸しや煮物として人気があり韓国料理としてはナムルの材料にも使用されています。

ゼンマイは干したりそのまま塩蔵にすることで風味が増しますのでオススメとなります。

 

⑧ゼンマイの花言葉はなに?漢字や英語ではどのように書くの?

英語でOsmunda japonicaとなるゼンマイは、弾力のあるバネのような姿をしていることからとつけられています。

ゼンマイの成長姿が個性的であることから、現実ではない夢のようなものである意味となり、「夢想」といった花言葉がつけられています。

ゼンマイは山菜として栄養価の高いことから「秘めたる若さ」といった花言葉もつけられています。

 

⑨ゼンマイの種類や品種は何があるの?

ゼンマイなどのゼンマイ属は世界には十数種程ありますが、国内でも5種生息しています。

 

レガリスゼンマイ

ゼンマイに似ている品種ですが、ゼンマイのように胞子葉が独立していない植物となります。

 

ヤシャゼンマイ

ヤシャゼンマイはゼンマイと近縁なシダの一種となります。

外見はゼンマイと似ていますが、ヤシャゼンマイの方が小さく葉は細いのが見分ける特徴となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)