【ムラサキツツジ(紫つつじ)のまとめ!】剪定やミツバツツジとの違い等6個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ムラサキツツジ(紫つつじ)についてまとめていきたいと思います。

 

ムラサキツツジは「ツツジ科」「ツツジ属」の落葉低木です。

 

別名は「ミツバツツジ」とも言われています。

学名は「Rhododendron dilatatum」です。

 

今回は、ムラサキツツジ(紫つつじ)についてのポイント、

①ムラサキツツジ(紫つつじ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ムラサキツツジ(紫つつじ)の画像(写真)!
③ムラサキツツジ(紫つつじ)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④ムラサキツツジ(紫つつじ)の剪定のポイントは?
⑤ムラサキツツジ(紫つつじ)の花言葉はなに?
⑥ムラサキツツジ(紫つつじ)とミツバツツジの違いはなに?

 

以上6つの点についてお伝えします。

まずはムラサキツツジ(紫つつじ)の育て方からお伝えします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)の育て方は?

 

ムラサキツツジは初心者にも育てやすい植物です。

 

ムラサキツツジはそれぞれ、耐寒性、耐暑性にも強いです。

和風、洋風の庭にもマッチします。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ムラサキツツジ(紫つつじ)が好む環境についてお伝えします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)の育て方!環境はどうする?

 

ムラサキツツジを鉢植えで育てる場合、通年屋外で管理できます。

 

夏は半日陰、その他の時期は日光が十分当たるように置きましょう。

冬は乾燥した寒風が当たらないような場所へ移動させると良いでしょう。

 

次は、ムラサキツツジ(紫つつじ)に適した用土についてお伝えします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)を育てる際の適した用土は何?

 

ムラサキツツジは水はけ水持ちの良い土壌が適しています。

根が細く、地表近くに張るので水はけがある程度あった土壌の方が育ちやすくなります。

 

次は、ムラサキツツジ(紫つつじ)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)の育て方!肥料はどうする?

 

ムラサキツツジへの肥料は、年に2回ほど与えるのがおすすめです。

 

一つは5月中頃〜6月下旬の開花後のタイミング。

もう一つは株が充実する9月下旬ごろ。

 

緩効性化成肥料や固形の油かすなどを施します。

 

では次は、ムラサキツツジ(紫つつじ)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)を育てる際の水の量はどうする?

 

ムラサキツツジは極端な乾燥に弱いため、土が乾いたら水を与えましょう。

 

夏の高温期は特に気を配ってください。

朝か、夕方にたっぷりを水やりをしてくださいね。

 

以上で基本的なの育て方については終わりです。

次はムラサキツツジ(紫つつじ)の写真をお見せします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)の画像(写真)!

 

 

ムラサキツツジは名前の通り、色鮮やかな紫色が特徴です。

 

枝先にまとまって多数の花をつけるため、見つけやすく、

目にしたことがある方もいるのではないでしょうか!?

 

次に、ムラサキツツジ(紫つつじ)の開花時期をお伝えします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ムラサキツツジの開花は4月下旬〜5月上旬ごろです。

紅紫色の花が株を覆うように咲き、鮮やかです。

 

次は、ムラサキツツジ(紫つつじ)の剪定のポイントをお伝えします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)の剪定のポイントは?

 

ムラサキツツジは、基本的に剪定を行わずとも、自然に樹形が整います。

 

ただし伸びすぎた枝や、花がつかなくなった古い枝は、

開花後の早い時期(5〜6月)に切り除くと良いでしょう。

 

それでは、ムラサキツツジ(紫つつじ)の花言葉をお伝えします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)の花言葉はなに?

 

ツツジ全般の総称としては「節制・自制」となります。

 

ムラサキツツジ固有の花言葉はありません。

尾根や岩場などの厳しい環境を好み咲き誇ることからと言われています。

 

最後に、ムラサキツツジ(紫つつじ)とミツバツツジの違いをお伝えします!

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)とミツバツツジの違いはなに?

 

ムラサキツツジとミツバツツジは呼び方が異なるだけで、同じ植物です。

そのため違いはありません。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ムラサキツツジ(紫つつじ)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ムラサキツツジ(紫つつじ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

ムラサキツツジは耐暑性、耐寒性に優れ初心者にも育てやすい植物です。

ただし乾燥に弱いので、水はけのよい土壌と、表面が乾いたら水やりが必要です。

肥料は年に2回ほど、開花後の5〜6月と9月下旬ごろに緩効性化成肥料を与えるといいでしょう。

②ムラサキツツジ(紫つつじ)の画像(写真)!

③ムラサキツツジ(紫つつじ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

ムラサキツツジの開花は4月下旬〜5月上旬ごろです。

初夏の散策にぜひ一度探してみてください。

④ムラサキツツジ(紫つつじ)の剪定のポイントは?

ムラサキツツジに剪定は特に必要ありません。

ただし伸びすぎたり、花がつかなくなった古い枝は開花後(5〜6月)の早いタイミングで

切り落としましょう。

⑤ムラサキツツジ(紫つつじ)の花言葉はなに?

ツツジを総称して「節制・自制」です。

ムラサキツツジ固有のものはありません。

厳しい環境でも咲き誇れるツツジならではですね。

⑥ムラサキツツジ(紫つつじ)とミツバツツジの違いはなに?

ムラサキツツジの別名がミツバツツジなので、同じ植物です。

違いはありません。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)