【アカバナユウゲショウのまとめ!】似た花や花言葉等5個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、アカバナユウゲショウについてまとめていきたいと思います。

 

アカバナユウゲショウは、「アカバナ科」「マツヨイグサ属」の多年草です。

 

明治時代、アメリカから観賞用に持ち込まれたアカバナユウゲショウが日本で園芸品種として栽培し野生化してしまい、現在は本州中部~西日本に多く見られます。

アカバナユウゲショウの名前の由来は夕方頃に開花して、赤く艶やかな花色を持つことからです。しかし、実際は昼間でも開花を見ることが出来ます。

 

今回は、アカバナユウゲショウについてのポイント、

①アカバナユウゲショウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アカバナユウゲショウの画像(写真)!雑草としてみられているの?種の特徴は?
③アカバナユウゲショウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アカバナユウゲショウに似た花は何がある?
⑤アカバナユウゲショウの花言葉はなに?
⑥アカバナユウゲショウの種類や品種は何があるの?

 

以上6点をお伝えします。

まずはアカバナユウゲショウの育て方からお伝えします!

 

アカバナユウゲショウの育て方は?

 

アカバナユウゲショウは、陽当たりと水はけが良い場所を好みます。

 

アスファルト歩道沿いにもアカバナユウゲショウは咲いているので乾燥した土地にも順応でき、手間もかからずそ育てることができます。

また、アカバナユウゲショウは繁殖力が強いので、毎年雑草の様に育つので適度に除草してあげるのがオススメです。

 

ここからはさらに詳しくお伝えします。

最初は、アカバナユウゲショウが好む環境についてお伝えします!

 

アカバナユウゲショウの育て方!環境はどうする?

 

アカバナユウゲショウは水はけがよく日当たりの良い環境を好みます。

 

育てる際は適した場所で大切に育ててあげてください。

アカバナユウゲショウは比較的乾燥に強く、水はけのよい土を好みます。継続的に湿っているような土だと、根が腐って枯れてしまったり、成長が遅くなったりします。

 

また、アカバナユウゲショウは繁殖力が強い植物なので、初めて育てる方にもおすすめな植物となっています。

 

次は、アカバナユウゲショウに適した用土についてお伝えします!

 

アカバナユウゲショウを育てる際の適した用土は何?

 

アカバナユウゲショウは、土質をあまり選ばない植物です。

土質をあまり選ばない植物ですが、アカバナユウゲショウを鉢植え等で育てるときは赤玉土7に対して腐葉土3を混合させたものを使用することをオススメします。

 

次は、アカバナユウゲショウに必要な肥料についてお伝えします!

 

アカバナユウゲショウの育て方!肥料はどうする?

 

アカバナユウゲショウに肥料は不要です。

 

逆に肥料を与えたりすると、アカバナユウゲショウが弱ってしまったり、虫が付いてしまう可能性があります。

市販されている土でアカバナユウゲショウを植えつけた場合は、土に最初から肥料が入っていますので、後から自分で肥料を付け加える必要はありません。

 

では次は、アカバナユウゲショウの水やりポイントについてお伝えします!

 

アカバナユウゲショウを育てる際の水の量はどうする?

 

アカバナユウゲショウの水やりは屋外で育てる場合、雨水のみで十分です。

 

しかし、夏の強い陽射しでアカバナユウゲショウの葉が葉焼けしてしますので注意してください。、真夏の水やりは早朝か夕方に行うのが最適です。

アカバナユウゲショウを鉢植えなどで育てる場合、土が乾いた時には水をたっぷりとあげてください。

 

以上で基本的なアカバナユウゲショウの育て方については終わりです。

次はアカバナユウゲショウの写真をお見せします!

 

アカバナユウゲショウの画像(写真)!雑草としてみられているの?種の特徴は?

 

ごく一部のアカバナユウゲショウは、白い花を咲かせます。

 

 

そして、こちらが赤色というかピンク色のアカバナユウゲショウですね。

 

しかし、白い花を咲かせるアカバナユウゲショウは「シロバナユウゲショウ」と名前はついておらず、同じく「ユウゲショウ」もしくは「アカバナユウゲショウ」という呼び方になります。

アカバナユウゲショウは一般的に野の花としてみられています。

 

アカバナユウゲショウには、花弁が4枚あり、雄しべは8本で雌しべは先端が4本にわかれた十字型になってます。

アカバナユウゲショウの種子の中には1mm以下の種が60個~100個程、入っています。

 

また、アカバナユウゲショウの特徴として「雨滴散布」があります。

 

「雨滴散布」とは種子が雨粒にあたって種をまき散らすことです。

「雨滴散布」が行われ、乾燥すると閉じ、また「雨滴散布」を繰り返しながらアカバナユウゲショウは繁殖してきます。

 

次に、アカバナユウゲショウの開花時期をお伝えします!

 

アカバナユウゲショウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

アカバナユウゲショウの開花時期は5月~9月です。

 

長期に花を咲かせるアカバナユウゲショウは、その強い生命力によって、道端の隙間などに根付き、しっかりと成長していきます。

アカバナユウゲショウは、冬になると葉が水平方向に伸びて、節間が極度に短くなり、地面に張り付いて冬越します。

 

次は、アカバナユウゲショウに似た花をお伝えします!

 

アカバナユウゲショウに似た花は何がある?

 

アカバナユウゲショウに似た花は、数種類あります。

ここで、ひとつ簡単にご紹介いたします。

 

アカバナユウゲショウに似た花は、ヒルザキツキミソウです。

 

ヒルザキツキミソウは、「アカバナ科」「マツヨイグサ属」で、桃色の花をしており、花の形はカップの様な見た目をしています。

アカバナユウゲショウと同じで、「雨滴散布」で繁殖をします。また、さく果を持つ植物です。

 

アカバナユウゲショウとヒルザキツキミソウの違う点は、花の大きさです。アカバナユウゲショウは1cm~1.5cmに対し、ヒルザキツキミソウは約5cmと花の大きさに違いがあることがわかります。

 

それでは次に、アカバナユウゲショウの花言葉をお伝えします!

 

アカバナユウゲショウの花言葉はなに?

 

アカバナユウゲショウの花言葉は「臆病」です。

 

その由来は、アカバナユウゲショウが人目を避けるように夕方から咲き始める風習からきてると言われています。しかし、実際は昼間でも開花を見ることが出来ます。

アカバナユウゲショウは控えめに咲いていますが、花の色や模様が奇麗なのに美しさを、誇張できない様子をみてつけられたのではないかともいわれています。

 

最後に、アカバナユウゲショウの種類をお伝えします!

 

アカバナユウゲショウの種類や品種は何があるの?

 

アカバナユウゲショウの英和名は「rose evening primrose」といい和英すると「バラ色のマツヨイグサ」となります。

 

アカバナユウゲショウと同じマツヨイグサ属の花はすべて一緒の原産であり、その中で日本に帰化したものは約14種あります。

これらは特徴や生態が似ている為に、咲かせる花の色によって分類されています。白色、薄ピンク色の系統は「ツキミソウ」、黄色系統は「マツヨイグサ」、赤色系統は「ユウゲショウ」になります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アカバナユウゲショウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アカバナユウゲショウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アカバナユウゲショウは、水はけの良く、日当たりがいい場所で育てましょう。

アカバナユウゲショウの水やりは屋外で育てる場合、雨水のみで十分です。

アカバナユウゲショウを鉢植えなどで育てる場合、土が乾いた時には水をたっぷりとあげてください。

市販されている土でアカバナユウゲショウを植えつけた場合は、土に最初から肥料が入っていますので、後から自分で肥料を付け加える必要はありません。

 

②ゲショウの画像(写真)!雑草としてみられているの?

アカバナユウゲショウは一般的に野の花としてみられています。

アカバナユウゲショウには、花弁が4枚あり、雄しべは8本で雌しべは先端が4本にわかれた十字型になってます。

また、アカバナユウゲショウの特徴として「雨滴散布」があります。「雨滴散布」とは種子が雨粒にあたって種をまき散らすことです。

 

③アカバナユウゲショウの開花時期や季節はいつ頃なの?

アカバナユウゲショウの開花時期は、5月~9月です。

アカバナユウゲショウは、冬になると葉が水平方向に伸びて、節間が極度に短くなり、地面に張り付いて冬越します。

 

④アカバナユウゲショウに似た花は何がある?

アカバナユウゲショウに似た花は、「ヒルザキツキミソウ」です。

ヒルザキツキミソウは、「アカバナ科」「マツヨイグサ属」で、アカバナユウゲショウと同じ「雨滴散布型」のさく果を持つ植物です。

ヒルザキツキミソウは、桃色の花をしており、花の形はカップの様な見た目をしています。

 

⑤アカバナユウゲショウの花言葉はなに?

アカバナユウゲショウの花言葉は「臆病」です。

人目を避けるように夕方から、ひっそりと咲き始めることからそのように言われます。

 

⑥アカバナユウゲショウの種類や品種は何があるの?

アカバナユウゲショウと同じマツヨイグサ属の花はすべて一緒の原産であり、その中で日本に帰化したものは約14種あります。

アカバナユウゲショウの品種は咲かせる花の色によって分類されています。白色、薄ピンク色の系統は「ツキミソウ」、黄色系統は「マツヨイグサ」赤色系統「ユウゲショウ」のように分類されます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)