【メリケンカルカヤのまとめ!】特徴やおすすめの除草剤等3個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、メリケンカルカヤについてまとめていきたいと思います。

 

メリケンカルカヤはイネ科の植物で、乾燥した荒地や湿地などに生えています。

北アメリカ原産で、南アメリカ、アジア、オーストラリアに帰化しています。

 

メリケンカルカヤは漢字で、「米利堅・刈萱」と書きます。

 

「米利堅」はアメリカのこと,「刈萱」はススキなど,屋根を葺くための草の総称のことです。

学名は、「Andropogon virginicus」といいます。

 

今回は、メリケンカルカヤについてのポイント、

①メリケンカルカヤの画像(写真)!特徴は?
②メリケンカルカヤの開花時期や季節はいつ頃なの?
③メリケンカルカヤが増えすぎる!おすすめの除草剤は?

 

以上3個の点についてお伝えします。

まずはメリケンカルカヤの育て方からお伝えします!

 

メリケンカルカヤの育て方は?

 

リケンカルカヤは耐寒性が強く、乾燥した場所を好みます。

肥料が入っていない芝地や、密度が低い場所など、他の植物との競合の少ない場所で育ちます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、メリケンカルカヤが好む環境についてお伝えします!

 

メリケンカルカヤの育て方!環境はどうする?

 

メリケンカルカヤは日当たりがよく乾燥した場所を好みます。

外来生物法により、要注意外来生物に指定されているため、栽培しているものが管理地外へ広がらないように注意が必要です。

 

次は、メリケンカルカヤに適した用土についてお伝えします!

 

メリケンカルカヤを育てる際の適した用土は何?

 

メリケンカルカヤを育てる際は、用土は選びません。

乾燥した場所を好む為、水はけの良い用土がオススメです。

 

次は、メリケンカルカヤに必要な肥料についてお伝えします!

 

メリケンカルカヤの育て方!肥料はどうする?

 

メリケンカルカヤを育てる際は、肥料は必要ありません。

成長速度が遅く、成長競合に弱いため、他の雑草などの発生を抑えるという意図で、肥料を与えない方が良いです。

 

では次は、メリケンカルカヤの水やりポイントについてお伝えします!

 

メリケンカルカヤを育てる際の水の量はどうする?

 

メリケンカルカヤは耐乾性が強いため、水やりは必要ありません。

自然の降雨だけで大丈夫です。

 

以上で基本的なメリケンカルカヤの育て方については終わりです。

次はメリケンカルカヤの写真をお見せします!

 

メリケンカルカヤの画像(写真)!特徴は?

 

 

メリケンカルカヤの花序は、長披針形をした苞葉に包まれ、節ごとに1個の有性小穂と1個の無性小穂をつけます。

葉鞘の縁の部分には白色の長毛が生えています。

 

茎は、高さ50~80cm程の稈を多数伸ばし、稈全体に穂をつけます。

 

稈の基部は葉鞘に包まれ、扁平な形状をしており、種子が熟す頃に赤褐色に色づきます。

 

次は、メリケンカルカヤの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

メリケンカルカヤの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

メリケンカルカヤの開花時期は、秋(9~10月)頃です。

種子の形成量が多く、風による伝播により繁殖し、発芽率が比較的高いです。

 

次は、メリケンカルカヤが増えすぎる際の使用する除草剤をお伝えします。

 

メリケンカルカヤが増えすぎる!おすすめの除草剤は?

 

メリケンカルカヤは、刈り込み耐性が強く一度大きな株になると防除が困難になります。

 

株が大きくなる前であれば、一般的なイネ科除草剤(ポルトフロアブル)での防除が可能です。

株が大きくなってしまった場合は、刈り込みの頻度多くして、養分を蓄えさせないような対処が必要です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

メリケンカルカヤのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは3個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①メリケンカルカヤの画像(写真)!特徴は?

メリケンカルカヤの花序は、長披針形をした苞葉に包まれ、節ごとに1個の有性小穂と1個の無性小穂をつけます。

葉鞘の縁の部分には白色の長毛が生えています。

稈の基部は葉鞘に包まれ、扁平な形状をしており、種子が熟す頃に赤褐色に色づきます。

 

②メリケンカルカヤの開花時期や季節はいつ頃なの?

メリケンカルカヤの開花時期は、秋(9~10月)頃です。

 

③メリケンカルカヤが増えすぎる!おすすめの除草剤は?

メリケンカルカヤは、刈り込み耐性が強く一度大きな株になると防除が困難になります。

株が大きくなる前であれば、一般的なイネ科除草剤(ポルトフロアブル)での防除が良いです。

株が大きくなってしまった場合は、刈り込みの頻度多くして、養分を蓄えさせないような対処が必要です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)