ヒュウガミズキ(花)の育て方!剪定や花言葉等9つのポイント!








ヒュウガミズキは、強健で芽吹く力が強く、むずかしい剪定も必要ないので、庭木や生垣に適しています。

小さな黄色い花は、花つきがよく、満開時期にはご自宅のお庭を鮮やかに彩ってくれますよ。

 

この記事では、ヒュウガミズキの育て方や、花以外にも楽しめる様々なポイントをご紹介したいと思います!

 

今回はヒュウガミズキについてのポイント、

①ヒュウガミズキの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヒュウガミズキの画像(写真)!花や葉の特徴は?
③ヒュウガミズキの開花時期や季節はいつ頃なの?紅葉が観れる時期は?
④ヒュウガミズキの庭で育てるポイントは?
⑤ヒュウガミズキの剪定(切り戻し)のポイント!
⑥ヒュウガミズキの挿し木(挿し芽)のやり方はどうする?
⑦ヒュウガミズキとトサミズキの違いは?
⑧ヒュウガミズキの花言葉はなに?
⑨ヒュウガミズキの価格や販売価格はいくらぐらい?

 

以上9つの点についてお伝えします。

まずはヒュウガミズキの育て方からお伝えします!

 

ヒュウガミズキの育て方は?

 

ヒュウガミズキは苗木のうちは鉢植えで管理して、ある程度大きくなったら地植えで育てましょう。

耐寒性はありますが、地植えにする場合、あたたかい地域のほうがよく育ちます。

 

夏越しや冬越しの対策は、とくに必要ありません。

注意すべきポイントには「日光」と「水分管理」があります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヒュウガミズキが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ヒュウガミズキの育て方!環境はどうする?

 

 

ヒュウガミズキを育てる環境ですが、日当りのよい場所が適しています。

日陰が多いと、花つきが悪くなってしまうので注意してください。

 

最低でも1日2~3時間は、しっかりと日の当たる場所で育てましょう。

 

次は、ヒュウガミズキに適した用土についてお伝えします!

 

ヒュウガミズキを育てる際の適した用土は何?

 

ヒュウガミズキは湿り気と通気性のバランスがよい土を好みます。

 

 

配合する場合は「黒土:鹿沼土:赤玉土」を均等に混ぜこみ、これに「腐葉土」「堆肥」を加えて使いましょう。

市販されている「庭木・花木用の培養土」でもよく育ちますよ。

 

次は、ヒュウガミズキに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヒュウガミズキの育て方!肥料はどうする?

 

1月下旬~3月に、油かすなどの有機肥料を施します。

 

この時期の肥料は、効果がゆっくりあらわれる緩効性の肥料を使いましょう。

花後の5月にも同じ肥料を施します。

 

肥料を施すときは、幹を中心に円を描くように、深さ10㎝ほどの穴を数か所掘り、肥料を埋めます。

ヒュウガミズキは根の先から、肥料の成分を吸収するので、幹から少し離れた場所に施すのがポイントです。

 

では次は、ヒュウガミズキの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヒュウガミズキを育てる際の水の量はどうする?

 

表土が乾いたら、たっぷり水を与えましょう。

ヒュウガミズキは乾燥に弱いので、水切れには注意が必要です。

 

 

乾燥する時期は、株元を敷きワラなどでマルチングすることをおすすめします。

 

以上で基本的なヒュウガミズキの育て方については終わりです。

次はヒュウガミズキの写真をお見せします!

スポンサーリンク

 

ヒュウガミズキの画像(写真)!花や葉の特徴は?

 

 

ヒュウガミズキは、マンサク科トサミズキ属の落葉低木で、花が咲いたあとに葉が出ます。

 

 

新芽は赤みがあり、淡黄色の花は鐘形で下垂して咲きます。

 

 

葉は葉脈がしっかりとしていて、折り目模様のように見えるのが特徴です。

 

次に、ヒュウガミズキの開花時期紅葉の時期をお伝えします!

 

ヒュウガミズキの開花時期や季節はいつ頃なの?紅葉が観れる時期は?

 

 

ヒュウガミズキの花は春に咲き、開花時期は3~4月頃です。

初夏には、葉脈がしっかりとした緑の葉がつき、11~12月頃になると紅葉を楽しむことができます。

 

次に、ヒュウガミズキの庭での育て方をお伝えします。

 

ヒュウガミズキの庭で育てるポイントは?

 

生長がはやく、枝が横に広がるので、充分なスペースのある場所に植えることが、ポイントになります。

 

 

やや寒さに弱いので、寒冷地では地植えに向いていません。

北海道・東北地方、信越地方では、鉢植えにして管理しましょう。

 

次にヒュウガミズキの剪定のやり方をお伝えします!

スポンサーリンク

 

ヒュウガミズキの剪定(切り戻し)のポイント!

 

ヒュウガミズキの剪定は5月頃が適期です。

 

飛び出した枝や古い枝を切って、樹形を整えましょう。

芽を出す力が強いので、高さや幅を調整する「刈り込み剪定」もこの時期に行うことができます。

 

 

ヒュウガミズキは、自然樹形も美しいので、そのままで楽しむのもおすすめですよ。

 

次は、ヒュウガミズキの挿し木のやり方をお伝えしますね!

 

ヒュウガミズキの挿し木のやり方はどうする?

 

ヒュウガミズキの挿し木は6~7月に行いましょう。

 

花後(剪定時期)に伸びた枝を、10~20㎝の長さにカットします。

先端の葉を数枚残して、下葉はすべて取り除いてください。

 

枝の切り口を水に浸して「水揚げ」をしてから、挿し木用の土に挿していきます。

明るい日陰に置き、土が乾燥しないように管理しましょう。

 

よく根が張ってきたら、1本ずつ鉢植えに移して、定植できる大きさまで育てます。

 

 

ヒュウガミズキは「トサミズキ属」の植物なので、トサミズキとよく似ています。

このふたつを見分けるポイントを、いくつかご紹介したいと思います!

 

次は、ヒュウガミズキとトサミズキの違いをお伝えします。

 

ヒュウガミズキとトサミズキの違いは?

 

ヒュウガミズキの花は、2~3個で一房となって咲きます。

それに対してトサミズキの花は、8~10個で一房になるのが、一番見分けやすいポイントです。

 

(ヒュウガミズキ)

 

花や葉の大きさが、ヒュウガミズキは小さく、トサミズキのほうが大きいところが、違いのひとつでもあります。

花の中心にある雄しべの先端の色が、黄色がヒュウガミズキ、赤暗色がトサミズキです。

 

(トサミズキ)

※トサミズキの育て方や花言葉はこちらをご覧ください。

 

次に、ヒュウガミズキの花言葉をお伝えします!

 

ヒュウガミズキの花言葉はなに?

 

ヒュウガミズキの花言葉は「思いやり」です。

花言葉の由来は、はっきりとはわかっていません。

 

 

ヒュウガミズキの花は、トサミズキよりも小さいことから「ヒメミズキ」とも呼ばれています。

 

「日向水木(ヒュウガミズキ)」という名前の由来には諸説あるんです。

この「ヒメミズキ」が変化して「ヒュウガミズキ」になったという説や、宮崎県・日向市に多く自生するからという説。

明智光秀の領域に多く自生し、光秀の官名である「日向守」から名付けられた、などの説があります。

 

最後に、ヒュウガミズキの販売価格をお伝えします。

スポンサーリンク

 

ヒュウガミズキの価格や販売価格はいくらぐらい?

 

 

ヒュウガミズキは、50㎝苗木で700~900円ほどで販売されています。

ホームセンターや園芸店で見つけられないときは、ネット通販がおすすめですよ。

 

ヒュウガミズキは根付きがあまりよくないので、ガーデニング初心者の方は、ある程度大きい苗木を購入したほうが安心です。

上記のサイトでは、ある程度成長したヒュウガミズキを購入することができますよ。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

  • オススメ記事

ダールベルグデージーの育て方等はこちらをご覧下さい。

スモークツリーの育て方等はこちらをご覧ください。

ニセアカシアの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ヒュウガミズキのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヒュウガミズキの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当りのよい環境が適しています。

湿り気と通気性のバランスがよい土で育てましょう。

肥料は、1月下旬~3月と5月に、油かすなどの有機肥料を施します。

乾燥に弱いので、水切れに注意して、水やりを行ってください。

 

②ヒュウガミズキの画像(写真)!花や葉の特徴は?

ヒュウガミズキの画像をご紹介しました。

黄色い花が咲いたあとに、葉脈のしっかりとした葉が出るのが特徴です。

 

③ヒュウガミズキの開花時期や季節はいつ頃なの?紅葉が観れる時期は?

春(3~4月頃)に花が咲き、初夏には緑の葉がつきます。

秋(11~12月頃)になると紅葉を楽しむこともできます。

 

④ヒュウガミズキの庭で育てるポイントは?

生長がはやく、枝が横に広がるので、充分なスペースのある場所に植えることが、ポイントになります。

 

⑤ヒュウガミズキの剪定(切り戻し)のポイント!

剪定は5月頃が適期です。

飛び出した枝や古い枝を切って、樹形を整えましょう。

 

⑥ヒュウガミズキの挿し木(挿し芽)のやり方はどうする?

挿し木の適期は6~7月です。

花後(剪定時期)に伸びた枝を、10~20㎝の長さにカットし、水揚げをしてから、挿し木用の土に挿していきます。

明るい日陰に置き、土が乾燥しないように管理しましょう。

 

⑦ヒュウガミズキとトサミズキの違いは?

「ヒュウガミズキ」

・花は2~3個で一房となる

・花や葉が小さい

・雄しべの色が黄色

「トサミズキ」

・花は8~10個で一房となる

・花や葉が大きい

・雄しべの色が赤暗色

 

⑧ヒュウガミズキの花言葉はなに?

ヒュウガミズキの花言葉は「思いやり」です。

 

⑨ヒュウガミズキの価格や販売価格はいくらぐらい?

50㎝苗木で700~900円ほどで販売されています。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)