【ウツボグサ(カコソウ)のまとめ!】育て方(種まきや苗の植え付け)と花言葉等9個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ウツボグサ(カコソウ)についてまとめていきたいと思います。

 

ウツボグサ(カコソウ)は、シソ科ウツボグサ属に属する多年草です。

日本を含むアジア、欧州、北米など広く分布しています。

日本では、北海道から九州の地域で自生しています。

 

その花穂は古くから生薬として重宝されてきました。

若葉や花びらは酢の物やてんぷら、サラダなどで食べることができるそうです。

ウツボグサ(カコソウ)は、シソ科の植物ですが、シソ科特有の香りはありません。

 

今回は、ウツボグサ(カコソウ)についてのポイント、

①ウツボグサ(カコソウ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ウツボグサ(カコソウ)の画像(写真)!特徴は?
③ウツボグサ(カコソウ)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④ウツボグサ(カコソウ)の苗の植え付けのポイントは?
⑤ウツボグサ(カコソウ)の種まき時期と種まきのポイントは?
⑥ウツボグサ(カコソウ)に似た花は何がある?
⑦ウツボグサ(カコソウ)の生薬名は?生薬や漢方としての薬効・効能は?
⑧ウツボグサ(カコソウ)の花言葉はなに?
⑨ウツボグサ(カコソウ)の種類や品種は何があるの?

 

以上9個の点についてお伝えします。

まずはウツボグサ(カコソウ)の育て方からお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の育て方は?

 

ウツボグサ(カコソウ)は、明るい野山や、やや乾燥した場所を好みます。

野原や丘陵の道端に生えていることも多いです。

 

霧ヶ峰や木曽方面などの高山でも、群生しているのを見ることが出来ますよ。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ウツボグサ(カコソウ)が好む環境についてお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の育て方!環境はどうする?

 

ウツボグサ(カコソウ)は、耐寒性が強く、耐暑性はそれほど強くないと言われています。

 

育てる際には、風通しがよく、日当たりがよい場所で管理しましょう。

夏は強い日差しを避け、半日陰の環境におきましょう。

 

次は、ウツボグサ(カコソウ)に適した用土についてお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)を育てる際の適した用土は何?

 

ウツボグサ(カコソウ)を育てる際の用土は、特に選びません。

一般的な庭土や培養土で問題ないでしょう。

 

あるいは水はけが良くなるように、腐葉土やパーライトを混ぜると良いかもしれません。

赤玉土4:鹿沼土3:腐葉土(バーク堆肥)3の割合で配合した用土も良いでしょう。

 

次は、ウツボグサ(カコソウ)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の育て方!肥料はどうする?

 

ウツボグサ(カコソウ)を育てる際の肥料は、特に必要ありません。

 

肥料を与えたい場合には、芽が出る前の春と花後の秋に緩効性肥料を置き肥したり、液肥を与えると良いでしょう。

肥料の与えすぎは、株が間延びしてしまうので注意しましょう。

 

では次は、ウツボグサ(カコソウ)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)を育てる際の水の量はどうする?

 

ウツボグサ(カコソウ)を育てる際の水やりは、地植えの場合は、植え付け後は降雨のみで大丈夫です。

 

鉢植えの場合は、表面が乾いたら、鉢底から水が流れるくらいにたっぷりお水をあげましょう。

 

以上で基本的なウツボグサ(カコソウ)の育て方については終わりです。

次はウツボグサ(カコソウ)の写真をお見せします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の画像(写真)!特徴は?

 

 

ウツボグサ(カコソウ)は、筒状で回りを毛でおおわれた、矢を入れて背負うかごの「靭(うつぼ)」に形がにていることから、ウツボグサという名がついたといわれています。

 

その名の通り、ウツボグサ(カコソウ)は、筒のような花穂と、花穂に密集して咲く青紫色の花が印象的な草花です

 

草丈は、10~30cm程に成長します。

茎は断面が四角の形状で、地下茎を這わせて増えていきます。

 

5cm程の花穂には萼が整然と並び、松ぼっくりのようです。

 

唇型の青紫色の花は1.5~2cmです。

上唇の部分は平らな兜の形、下唇は三裂します。

 

三裂した下唇の真ん中の裂片のふちが細かく裂けています。

1~3cmの葉柄の先につく、長さ2~5cmの長楕円形の緑色の葉は、根生葉で対生します。

 

本当に特徴的な姿をしていますね。

 

花自体は2~3日で終わってしまうそうです。

もう少し長く咲いていてくれればと思いますが、短いからこその価値もあるかもしれませんね。

 

次に、ウツボグサ(カコソウ)の開花時期をお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ウツボグサ(カコソウ)の開花時期は、6~9月です。

 

花穂に密集する花は、花穂の下から上に向かって咲いていきます。

花はすぐ終わってしまいますが、花が終わった後も種を持った萼が濃褐色になり、花穂は残ります。

 

下の花が咲き始め上の花に到着するころには、初めに咲き始めた花は散ってしまっていることもあるそうです。

 

次は、ウツボグサ(カコソウ)の苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の苗の植え付けのポイントは?

 

ウツボグサ(カコソウ)の苗の植え付けは、3~5月が適期です。

 

花壇に植える場合には、20cm程の深さの穴を掘り、その3分の1の深さまで腐葉土(バーク堆肥)を入れ、庭土とよく合わせて植え付けます。

 

苗の間隔は20~30cm開けるようにしましょう。

鉢植えの場合は、60cmの標準プランターに3~4株植え付けるようにしましょう。

 

地植え・庭植えの場合は3年に1度、鉢植えの場合は毎年か2年に1回、2~3月か9~10月に植え替えをしましょう。

 

それでは次に、ウツボグサ(カコソウ)の種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

ウツボグサ(カコソウ)は、7~8月に花穂が茶色く枯れてタネが熟します。

 

花穂を切り取って数日乾燥させると、細かなタネを採取できます。

種を集め冷暗所で保管します。

 

保存しておいた種は、2月頃にまきましょう。

 

ウツボグサ(カコソウ)の種は、寒さを経験することで発芽します。

 

種をまく際は、覆土はなしか、もしくはごく薄く土をかけましょう。

水は霧吹きなどで与え、種が流れてしまわないように注意しましょう。

 

まいた種はその年には発芽しませんが、翌年芽を出し6月頃開花します。

 

次は、ウツボグサ(カコソウ)に似た花をお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)に似た花は何がある?

 

ウツボグサ(カコソウ)に似た花に、タテヤマウツボグサがあります。

 

タテヤマウツボグサは、日本固有種で、中部以北の高山に生息しています。

ウツボクサ(カコソウ)との違いは、ウツボグサが1-3cmの葉柄を持つのに対し、タテヤマウツボグサは葉柄がないか、あっても5mm以下とごく短いものという点です。

 

次に、ウツボグサ(カコソウ)の生薬や漢方としての薬効・効能をお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の生薬名は?生薬や漢方としての薬効・効能は?

 

ウツボグサ(カコソウ)は、古くから、生薬や漢方薬として重宝されてきました。

中国の古い医学書に(250年)、夏古草(カコソウ)の記載があります。

 

花穂を天日干ししたものを薬としていました。

花穂には、ウルソール酸(精油)・プルネリン(配糖体)・塩化カリウム(無機塩類)・タンニンなどが含まれています。

 

主に、利尿薬・うがい薬などとして使用していました。

日本では外用薬として、止血や治癒促進としても使用したようです。

 

また西洋では、「セルフヒール」として、肺病や胃腸薬として利用していました。

 

ウツボグサ(カコソウ)は、こんなにも沢山の効能がある万能薬なのですね。

 

次は、ウツボグサ(カコソウ)の花言葉をお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の花言葉はなに?

 

ウツボグサ(カコソウ)の花言葉は、「優しく癒す」「協調性」です。

「優しく癒す」は、薬として古くから親しまれていたこと、「協調性」は、整然と並ぶ萼を由来にしたのでしょうか。

 

それでは最後に、ウツボグサ(カコソウ)の種類や品種をお伝えします!

 

ウツボグサ(カコソウ)の種類や品種は何があるの?

 

ウツボグサ(カコソウ)の品種には、セイヨウウツボグサ、ミヤマウツボグサ、シロバナウツボグサなどがあります。

 

セイヨウウツボグサは、ウツボグサの基準亜種で、欧州から中央・西アジア、中国、北アフリカと広く分布しています。

やや小さめの白やピンクの花を咲かせます。

 

ミヤマウツボグサは、ウツボグサの変種で、花色が濃く、小型です。

日本の中部以北から、亜リューシャ列島、アラスカと広く分布しています。

 

シロバナウツボグサは、白い花を咲かせます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ウツボグサ(カコソウ)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ウツボグサ(カコソウ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

ウツボグサ(カコソウ)は、耐寒性が強く、耐暑性はそれほど強くないと言われています。

育てる際には、風通しがよく、日当たりがよい場所で管理しましょう。

夏は強い日差しを避け、半日陰の環境におきましょう。

用土は、特に選びません。

水やりは、地植えの場合は、植え付け後は降雨のみで大丈夫です。

鉢植えの場合は、表面が乾いたら、鉢底から水が流れるくらいにたっぷりお水をあげましょう。

 

②ウツボグサ(カコソウ)の画像(写真)!特徴は?

ウツボグサ(カコソウ)は、筒のような花穂と、花穂に密集して咲く青紫色の花が印象的な草花です。

草丈は、10~30cm程に成長します。

茎は断面が四角の形状で、地下茎を這わせて増えていきます。

5cm程の花穂には萼が整然と並び、松ぼっくりのようです。

唇型をした青紫色の花は1.5~2cmで、上唇は平らな兜の形、下唇は三裂します。

三裂した下唇の真ん中の裂片のふちが細かく裂けています。

1~3cmの葉柄の先につく、長さ2~5cmの長楕円形の緑色の葉は、根生葉で対生します。

 

③ウツボグサ(カコソウ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

ウツボグサ(カコソウ)の開花時期は、6~9月です。

花穂に密集する花は、花穂の下から上に向かって咲いていきます。

花はすぐ終わってしまいますが、花が終わった後も種を持った萼が濃褐色になり、花穂は残ります。

 

④ウツボグサ(カコソウ)の苗の植え付けのポイントは?

ウツボグサ(カコソウ)の苗の植え付けは、3~5月が適期です。

花壇に植える場合には、20cm程の深さの穴を掘り、その3分の1の深さまで腐葉土(バーク堆肥)を入れ、庭土とよく合わせて植え付けます。

苗の間隔は20~30cm開けるようにしましょう。

鉢植えの場合は、60cmの標準プランターに3~4株植え付けるようにしましょう。

地植え・庭植えの場合は3年に1度、鉢植えの場合は毎年か2年に1回、2~3月か9~10月に植え替えをしましょう。

 

⑤ウツボグサ(カコソウ)の種まき時期と種まきのポイントは?

ウツボグサ(カコソウ)は、7~8月に花穂が茶色く枯れてタネが熟します。

花穂を切り取って数日乾燥させると、細かなタネを採取できます。

種を集め冷暗所で保管します。

保存しておいた種は、2月頃にまきましょう。

ウツボグサ(カコソウ)の種は、寒さを経験することで発芽します。

種をまく際は、覆土はなしか、もしくはごく薄く土をかけましょう。

水は霧吹きなどで与え、種が流れてしまわないように注意しましょう。

まいた種はその年には発芽しませんが、翌年芽を出し6月頃開花します。

 

⑥ウツボグサ(カコソウ)に似た花は何がある?

ウツボグサ(カコソウ)に似た花に、タテヤマウツボグサがあります。

タテヤマウツボグサは、日本固有種で、中部以北の高山に生息しています。

ウツボクサ(カコソウ)との違いは、ウツボグサが1-3cmの葉柄を持つのに対し、タテヤマウツボグサは葉柄がないか、あっても5mm以下とごく短いものという点です。

 

⑦ウツボグサ(カコソウ)の生薬名は?生薬や漢方としての薬効・効能は?

ウツボグサ(カコソウ)は、古くから、生薬や漢方薬として重宝されてきました。

花穂には、ウルソール酸(精油)・プルネリン(配糖体)・塩化カリウム(無機塩類)・タンニンなどが含まれています。

主に、利尿薬・うがい薬などとして使用していました。

日本では外用薬として、止血や治癒促進としても使用したようです。

また西洋では、「セルフヒール」として、肺病や胃腸薬として利用していました。

 

⑧ウツボグサ(カコソウ)の花言葉はなに?

ウツボグサ(カコソウ)の花言葉は、「優しく癒す」「協調性」です。

 

⑨ウツボグサ(カコソウ)の種類や品種は何があるの?

ウツボグサ(カコソウ)の品種には、セイヨウウツボグサ、ミヤマウツボグサ、シロバナウツボグサなどがあります。

セイヨウウツボグサは、ウツボグサの基準亜種で、欧州から中央・西アジア、中国、北アフリカと広く分布しています。

やや小さめの白やピンクの花を咲かせます。

ミヤマウツボグサは、ウツボグサの変種で、花色が濃く、小型です。

日本の中部以北から、亜リューシャ列島、アラスカと広く分布しています。

シロバナウツボグサは、白い花を咲かせます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)