【アキギリのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等4個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、アキギリについてまとめていきたいと思います。

 

鮮やかな紫色で唇型の花姿が印象的なアキギリ。

「アキギリについてもっと知りたい!」「アキギリを育ててみたい!」

 

そんな思いを持つ方々のために、ここではアキギリについての様々な事柄をご紹介していきます!

 

今回は、アキギリについてのポイント、

①アキギリの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アキギリの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③アキギリの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アキギリの花言葉はなに?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはアキギリの育て方からお伝えします!

 

アキギリの育て方は?

 

個人的に栽培されているような花としては、アキギリという名前はあまり聞かないかもしれません。

 

そのため、「育ててみたいけれど適切な育て方がわからない……」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方々のために、ここではアキギリの育成についての事柄をご紹介していきます!

 

栽培のためにはどんなことを参考にすればよいのか、ご一緒に確認していきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アキギリが好む環境についてお伝えします!

 

アキギリの育て方!環境はどうする?

 

アキギリを育てる環境としては、午前中は日に当たり午後は半日陰になる、水はけのよい場所が理想です。

 

特に直射日光は葉焼けの原因にもなりますので、夏場は意識して半日陰の場所に置くようにしましょう。

株蒸れなどにも配慮して、風通しがよいという条件も加えて場所探しをしてみてくださいね。

 

次は、アキギリに適した用土についてお伝えします!

 

アキギリを育てる際の適した用土は何?

 

大抵の植物に共通するように、アキギリも柔らかく水はけがよい土を好みます。

 

赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜた園芸定番の用土が一般的で、安牌と言えますね。

市販の草花用培養土でも問題なく育ちますよ!

 

次は、アキギリに必要な肥料についてお伝えします!

 

アキギリの育て方!肥料はどうする?

 

アキギリの施肥は、1ヶ月に2〜3回を目安に、水やり代わりに液肥を与えます。

 

この液肥に関しても特別に調合したものを使う必要はありません。

園芸店、または通販サイトなどで販売されている一般的なものを購入すれば大丈夫です。

 

ただし真夏と冬の施肥は避けるようにしましょう。

栄養を与えてあげることは大切ですが、時期や分量を正しく把握しなければ逆効果になってしまうので、しっかり管理しましょう!

 

では次は、アキギリの水やりポイントについてお伝えします!

 

アキギリを育てる際の水の量はどうする?

 

アキギリの水やりのタイミングは、土の表面が乾いてきたと感じたときが目安です。

 

基本的には毎日、朝に行うようにしましょう。

 

例外として真夏のみ、朝に加えて夕方にも鉢と鉢の周りにたくさん水やりをします。

夜間温度を下げる役割があるので、忘れないようにしてくださいね。

 

以上で基本的なアキギリの育て方については終わりです。

次はアキギリの写真をお見せします!

 

アキギリの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

アキギリはシソ科アキギリ属の多年草です。

 

アキギリ属というのは和名で、またの名をサルビア属と言います。

「ああ、あのサルビアか!」と、ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

園芸植物としてはとても有名ですよね。

アキギリ属、つまりサルビア属は、中南アメリカやヨーロッパを中心に900種ほどが分布しているんです。

 

その数の多さからも窺えるように、園芸品種もまた、多くのものが生み出されています。

しかしそんな中でも、アキギリは日本固有種なんですよ!

 

ほっそりとしたシルエットで上品な貴婦人を思わせながらも、その鮮やかな紫の色彩で確かな存在感を持つ花姿に魅了される人は後を絶ちません。

ぜひこの記事でアキギリについての知識を増やしてみてくださいね!

 

次に、アキギリの開花時期をお伝えします!

 

アキギリの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

アキギリの開花期は8〜10月です。

うだるように暑い真夏から物寂しくなる晩秋まで、よいお供になってくれそうですね。

 

次は、アキギリの花言葉をお伝えします!

 

アキギリの花言葉はなに?

 

アキギリの花言葉は「尊敬」です。

憧れの人などに送るとよいかもしれませんね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アキギリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アキギリの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アキギリを育てる環境としては、午前中は日に当たり午後は半日陰になる、水はけのよい場所が理想です。

株蒸れなどにも配慮して、風通しがよいという条件も加えて場所探しをしてみてくださいね。

 

アキギリの用土は、赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜた園芸定番の用土が一般的で、安牌と言えますね。

市販の草花用培養土でも問題なく育ちますよ!

 

アキギリの施肥は、1ヶ月に2〜3回を目安に、水やり代わりに液肥を与えます。

ただし真夏と冬の施肥は避けるようにしましょう。

 

アキギリの水やりのタイミングは、土の表面が乾いてきたと感じたときが目安です。

基本的には毎日、朝に行うようにしましょう。

例外として真夏のみ、朝に加えて夕方にも鉢と鉢の周りにたくさん水やりをします。

 

②アキギリの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

アキギリはシソ科アキギリ属の多年草です。

アキギリ属というのは和名で、またの名をサルビア属と言います。

ほっそりとしたシルエットで上品な貴婦人を思わせながらも、その鮮やかな紫の色彩で確かな存在感を持つ花姿に魅了される人は後を絶ちません。

 

③アキギリの開花時期や季節はいつ頃なの?

アキギリの開花期は8〜10月です。

 

④アキギリの花言葉はなに?

アキギリの花言葉は「尊敬」です。

 

サルビア属の中でも日本固有種という独自の立ち位置を築いているアキギリ。

この記事を参考にして、ぜひお手元で愛でてみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)