【白山千鳥(ハクサンチドリ)のまとめ!】育て方や花言葉等6個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ハクサンチドリについてまとめていきたいと思います。

 

ハクサンチドリはラン科ハクサンチドリ属の多年草です。

大きさは20~40cmくらいで赤紫色の花をつけます。

 

北海道から本州の中部地方の、亜高山や高山の草原や湿原にかけて分布しています。

石川・岐阜両県にまたがる白山に多く、花の形が千鳥の飛ぶ姿に似ていることからこの名前になっています。

 

学名は「Orchis aristata」です。

 

今回は、ハクサンチドリについてのポイント、

①ハクサンチドリの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ハクサンチドリの画像(写真)!特徴は?
③ハクサンチドリの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ハクサンチドリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤ハクサンチドリに似た花は何がある?ノビネチドリとの違いはなに?
⑥ハクサンチドリの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはハクサンチドリの育て方からお伝えします!

 

ハクサンチドリの育て方(栽培方法)は?

 

ハクサンチドリは冷涼な気候を好む高山植物です。

 

夏は涼しい場所で育てますが、関東以西の平野部では夏越しが難しく栽培には技術を要します。

寒冷地の湿原や、高山の湿気のある場所に自生する植物のため、生育期間は湿度を保つ必要があります。

 

関東以西の温暖地では夏越しが困難で、新たにできる地下茎が年々小さくなっていき、23年で株自体が消滅することも多いです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ハクサンチドリが好む環境についてお伝えします!

 

ハクサンチドリの育て方!環境はどうする?

 

ハクサンチドリは春に芽が出て花が咲くまでの間は柔らかい日射しの当たる場所で育てます。

暑さに弱いので夏場は半日陰の涼しい場所に置きます。

 

強い日差しと乾燥は厳禁です。

 

次は、ハクサンチドリに適した用土についてお伝えします!

 

ハクサンチドリを育てる際の適した用土は何?

 

ハクサンチドリは鉢植えの場合には、硬質鹿沼土など水はけの良い土に水ゴケを混合した用土を使います。

露地植えでは火山レキまたは鹿沼土など水はけの良い用土に腐葉土、赤玉土を混ぜたものなどがおすすめです。

次は、ハクサンチドリに必要な肥料についてお伝えします!

 

ハクサンチドリの育て方!肥料はどうする?

 

ハクサンチドリは春に有機肥料を置き肥し、山野草用に薄めた液肥を1週間~10日おきに与えます。

夏場は完全に肥料を切りましょう。

肥料分が残っていると株が腐ることがあります。

 

では次は、ハクサンチドリの水やりポイントについてお伝えします!

 

ハクサンチドリを育てる際の水の量はどうする?

 

ハクサンチドリの最も重要な管理が水やりです。

湿地の植物ですので水切れにとても弱いです。

 

水やりは花や葉、茎に水がかからないように静かに与えるか腰水にします。

葉の付け根に水が溜まると茎が傷み倒れてしまいますので注意しましょう。

 

また、休眠期間も完全に乾かないように、土を少し湿らす程度の水を与えます。

 

以上で基本的なハクサンチドリの育て方については終わりです。

次はハクサンチドリの写真をお見せします!

 

ハクサンチドリの画像(写真)!特徴は?

 

 

ハクサンチドリは葉は5~15cmの笹葉型で、3枚から6枚が互い違いに生えます。

 

高さ20~40cmの茎先に30輪前後の紅紫色の花をつけます。

 

花の左右に羽を広げたように見えるのは側萼片とよばれる部分で、名前の由来になっています。

花の下部にあるのは唇弁で、円形をしており先が尖っています。

 

次に、ハクサンチドリの開花時期をお伝えします!

 

ハクサンチドリの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ハクサンチドリの花期は6~8月です。

夏の高原を彩る山野草として知られています。

 

次は、ハクサンチドリの値段や販売価格をお伝えします!

 

ハクサンチドリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

ハクサンチドリの販売価格は9号ポットで10002000となっています。

珍しいシロバナ個体もあり価格は3000円前後とやや高いです。

次に、ハクサンチドリに似た花をお伝えします!

 

ハクサンチドリに似た花は何がある?ノビネチドリとの違いはなに?

 

ハクサンチドリとよく似た花にノビネチドリがあります。

 

ノビネチドリはハクサンチドリに比べて花が少しまるっぽくなっていて、葉も丸みのある楕円形で縦じわがあり波打っています。

ノビネチドリは葉が茎を抱くように重なり合っていることも特徴です。

 

それでは最後に、ハクサンチドリの花言葉をお伝えします!

 

ハクサンチドリの花言葉はなに?

 

ハクサンチドリの花言葉は「素晴らしい」「陽気」「間違い」「誤解」です。

 

花が鳥が羽ばたいているように見えることからこの花言葉になっています。

良い意味だけでなく悪い意味もあるためひとに贈るときには注意が必要です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ハクサンチドリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ハクサンチドリの育て方

ハクサンチドリは春に芽が出て花が咲くまでの間は柔らかい日射しの当たる場所で育てます。夏は涼しい場所で育てます。

鉢植えの場合には、硬質鹿沼土など水はけの良い土に水ゴケを混合した用土を使います。

露地植えでは火山レキまたは鹿沼土など水はけの良い用土に腐葉土、赤玉土を混ぜたものなどがおすすめです。

春に有機肥料を置き肥し、夏場は完全に肥料を切りましょう。

ハクサンチドリの最も重要な管理が水やりです。湿地の植物ですので水切れにとても弱いです。

水やりは花や葉、茎に水がかからないように静かに与えるか腰水にします。また、休眠期間も完全に乾かないように、土を少し湿らす程度の水を与えます。

 

②ハクサンチドリの画像(写真)!

ハクサンチドリは葉は5~15cmの笹葉型で、3枚から6枚が互い違いに生えます。

高さ20~40cmの茎先に30輪前後の紅紫色の花をつけます。

花の左右に羽を広げたように見えるのは側萼片とよばれる部分で、名前の由来になっています。

花の下部にあるのは唇弁で、円形をしており先が尖っています。

 

③ハクサンチドリの開花時期や季節

ハクサンチドリの花期は6~8月です。

夏の高原を彩る山野草として知られています。

 

④ハクサンチドリの値段や販売価格

ハクサンチドリの販売価格は9号ポットで10002000となっています。

珍しいシロバナ個体もあり価格は3000円前後とやや高いです。

 

⑤ハクサンチドリに似た花やノビネチドリとの違い

ノビネチドリはハクサンチドリに比べて花が少しまるっぽくなっていて、葉も丸みのある楕円形で縦じわがあり波打っています。

ノビネチドリは葉が茎を抱くように重なり合っていることも特徴です。

 

⑥ハクサンチドリの花言葉

ハクサンチドリの花言葉は「素晴らしい」「陽気」「間違い」「誤解」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)