【オヒシバのまとめ!】駆除の仕方と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、オヒシバについてまとめていきたいと思います。

 

オヒシバはイネ科オヒシバ属に属する植物となります。

 

日当たりの良い場所で自生している品種のオヒシバは、一年草となります。

温暖な地域で自生するオヒシバは、日本国内ですと本州から九州の地域で生育しています。

 

今回は、オヒシバについてのポイント、

①オヒシバの花の画像(写真)!
②オヒシバの開花時期や季節はいつ頃なの?
③オヒシバの対策はどうすればいいの?除草の仕方は?
④オヒシバに除草剤が効かない(枯れない)!本当にオヒシバを枯らす(効く)除草剤はラウンドアップ!?
⑤オヒシバは食べることが出来るの?
⑥オヒシバとメヒシバの違いはなに?
⑦オヒシバの花言葉はなに?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずは、オヒシバの写真をお見せします!

 

オヒシバの花の画像(写真)!

 

オヒシバは庭先や畑や道端など身近な環境で自生している植物となります。

 

日本国内では全土に渡り繁殖する生命力の高い品種です。

生命力の強さは茎が折れてしまうことにも強いほどとなります。

 

オヒシバの写真はこちらになります。

 

次に、オヒシバの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

オヒシバの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

オヒシバは大きいもので高さ約80cmまで成長する植物となります。

 

オヒシバの花序は掌状に分かれており、小穂は花軸の外側につけます。

オヒシバの開花時期は夏時期の8月頃〜秋時期の9月頃となります。
 

次に、オヒシバの対策はどうすればいいのかをお伝えします。

 

オヒシバの対策はどうすればいいの?除草の仕方は?

 

 

繁殖力が非常に高いオヒシバは、草刈りをして定期的に駆除を行う必要があります。

 

駆除をせずにそのまま放置しておくとオヒシバは増殖しています。

 

オヒシバを枯らしたい場合は、グリホサート系の除草剤が一番効果的ですので、

ラウンドアップやサンフーロンを使用してください。

 

次は、オヒシバに効く除草剤をお伝えします。

 

オヒシバに除草剤が効かない(枯れない)!本当にオヒシバを枯らす(効く)除草剤はラウンドアップ!?

 

 

生命力が強いオヒシバは草刈りで駆除を行っても枯れない植物となります。

ですので、通常では除草剤を散布して駆除を行いますが、除草剤を使用しても根まで枯れない場合があります。

 

オヒシバの根まで枯らしたい場合は、グリホサート系の除草剤であるラウンドアップやサンフーロンを使用しましょう。

 

次に、オヒシバは食べることが出来るのかについてお伝えします。

 

オヒシバは食べることが出来るの?

 

 

オヒシバが属するオヒシバ属の中には、雑穀として食されていた品種があります。

 

オヒシバは繊維が硬い品種となり、種子も大きくない植物です。

雑草に分類されているので、穀物として食することはできません。

 

次は、オヒシバとメヒシバの違いはなにかをお伝えします。

 

オヒシバとメヒシバの違いはなに?

 

 

オヒシバとよく似た品種としてメヒシバがあります。

 

メヒシバ

英語でDigitariaとなるメヒシバは、オヒシバと同じ一年草となります。

オヒシバと比べてメヒシバは、草姿が細めで茎が丸び帯ているのが特徴となります。

 

それでは最後に、オヒシバの花言葉はなにかをお伝えします。

 

オヒシバの花言葉はなに?

 

 

和名で雄日芝となるオヒシバは英名でEleusine indicaとなります。

 

別名チカラグサと呼ばれているオヒシバの花言葉は「雑草のように生きる」となります。

生命力が強く、根や茎が頑丈で茎を切られても中々切れても中々枯れないことからその花言葉がつけられています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

オヒシバのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①オヒシバの花の画像(写真)!

オヒシバは庭先や畑や道端など身近な環境で自生している植物となります。

日本国内では全土に渡り繁殖する生命力の高い品種です。

生命力の強さは茎が折れてしまうことにも強いほどとなります。

 

②オヒシバの開花時期や季節はいつ頃なの?

オヒシバは大きいもので高さ約80cmまで成長する植物となります。

オヒシバの花序は掌状に分かれており、小穂は花軸の外側につけます。

オヒシバの開花時期は夏時期の8月頃〜秋時期の9月頃となります。

 

③オヒシバの対策はどうすればいいの?除草の仕方は?

繁殖力が非常に高いオヒシバは、草刈りをして定期的に駆除を行う必要があります。

駆除をせずにそのまま放置しておくとオヒシバは増殖しています。

オヒシバを枯らしたい場合は、グリホサート系の除草剤が一番効果的ですので、

ラウンドアップやサンフーロンを使用してください。

 

④オヒシバに除草剤が効かない(枯れない)!本当にオヒシバを枯らす(効く)除草剤はラウンドアップ!?

生命力が強いオヒシバは草刈りで駆除を行っても枯れない植物となります。

ですので、通常では除草剤を散布して駆除を行いますが、除草剤を使用しても根まで枯れない場合があります。

オヒシバの根まで枯らしたい場合は、グリホサート系の除草剤であるラウンドアップやサンフーロンを使用しましょう。

 

⑤オヒシバは食べることが出来るの?

オヒシバが属するオヒシバ属の中には、雑穀として食されていた品種があります。

オヒシバは繊維が硬い品種となり、種子も大きくない植物です。

雑草に分類されているので、穀物として食することはできません。

 

⑥オヒシバとメヒシバの違いはなに?

オヒシバとよく似た品種としてメヒシバがあります。

 

⑦オヒシバの花言葉はなに?

和名で雄日芝となるオヒシバは英名でEleusine indicaとなります。

別名チカラグサと呼ばれているオヒシバの花言葉は「雑草のように生きる」となります。

生命力が強く、根や茎が頑丈で茎を切られても中々切れても中々枯れないことからその花言葉がつけられています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)