【コナスビ(小茄子)のまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等4個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、コナスビ(小茄子)についてまとめていきたいと思います。

 

八百屋の店先や家庭の食卓などでも、定番のお野菜として知られているナス。

 

そんなナスの中でも一際小柄なコナスビというナスがあるのをご存知ですか?

「コナスビについてもっと知りたい!」「コナスビを育ててみたい!」

 

そんな思いを持つ方々のために、ここではコナスビについての様々な事柄をご紹介していきます!

 

今回は、コナスビ(小茄子)についてのポイント、

①コナスビ(小茄子)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②コナスビ(小茄子)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③コナスビ(小茄子)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④コナスビ(小茄子)の花言葉はなに?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはコナスビ(小茄子)の育て方からお伝えします!

 

コナスビ(小茄子)の育て方は?

 

まず知っておいていただきたいのは、ナスそのものが栽培難度的には中級者向けであるということです。

 

家庭菜園等で育てている方も多い植物ではありますが、それ相応の手間もかかります。

しかし、これからお伝えしていくポイントを押さえれば十分に栽培は可能です。

 

栽培のためにはどんなことを参考にすればよいのか、ご一緒に確認していきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、コナスビ(小茄子)が好む環境についてお伝えします!

 

コナスビ(小茄子)の育て方!環境はどうする?

 

コナスビは他の植物と違わず、日当たりと風通しのよい場所を好みます。

 

直射日光にさらされてしまう、年中ジメジメしているなどの極端な環境は避けて、場所を選んであげましょう。

また、ナスが問題なく育つためには支柱を立ててあげる必要もあります。

 

一番花が咲いたら支柱で支えてあげられるように、前もって準備しておきましょう。

 

真ん中に1本、さらに2本の支柱を「X」のように、真ん中の支柱がちょうど交点を通るように立てましょう。

主枝と側枝2本の構成になるよう、それ以外の脇芽は切り取ってしまいます。

 

株を充実させるために大切なお世話なので、しっかり行うようにしましょう!

 

次は、コナスビ(小茄子)に適した用土についてお伝えします!

 

コナスビ(小茄子)を育てる際の適した用土は何?

 

ナスは事前の土づくりが重要です。

 

まず定植2週間以上前に、苦土石灰をまいて1度耕しておきます。

その後、定植1週間前に再び堆肥、元肥を施して耕します。

 

ナスは上手く育てば長期間にわたって収穫できる植物なので、そのときに備えて元肥は少し多めにまいておきましょう。

プランターの場合は、野菜用培養土を使用して育てるようにしてくださいね。

 

次は、コナスビ(小茄子)に必要な肥料についてお伝えします!

 

コナスビ(小茄子)の育て方!肥料はどうする?

 

ナスは非常に肥料を好む植物です。生育期間を通して、肥料切れを起こさせないようにすることが肝要です。

 

土づくりの段階でかなり多く施肥をしていますが、その後も定期的な追肥が必要となります。

定植から3週間後を目安に、ボカシ肥や鶏糞を株間にまいて1回目の追肥を行います。

 

2回目以降は2週間に1度を目安に、根の先端、または葉の先端に追肥していきましょう。

 

では次は、コナスビ(小茄子)の水やりポイントについてお伝えします!

 

コナスビ(小茄子)を育てる際の水の量はどうする?

 

ナスを育てる際には、こまめな水やりが必須です。

 

実がついてきた頃からは特に多くの水を必要とするため、水切れには十分注意しましょう。

常に湿った状態にするのはやりすぎですが、土の表面が乾いていたら、欠かさずに水をあげるようにしましょうね。

 

以上で基本的なコナスビ(小茄子)の育て方については終わりです。

次はコナスビ(小茄子)の写真をお見せします!

 

コナスビ(小茄子)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

コナスビはナス科ナス属の植物です。

 

皆さんご存知、食卓でもお馴染みのあの「ナス」ですね。

ただし、コナスビはその名の通り、通常のナスよりも一回り小柄です。

 

小柄で丸々としているフォルムには、なんだか愛着が湧いてきます。

 

また、皮が柔らかい、種子が少ないなどの特徴から、特に食しやすい品種と言えます。

ナスそのものが栽培難度としてはやや中級者向けとなっていますが、大きさなどの面においても場所を取らないということもあり、比較的育てやすいタイプとなっているのではないでしょうか。

 

ナスを育ててみたいと思っている方は、まずはコナスビの栽培からチャレンジしてみるのがよいかもしれませんね!

 

次に、コナスビ(小茄子)の開花時期をお伝えします!

 

コナスビ(小茄子)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

コナスビの開花時期は6〜10月です。

一般的な長ナスと特に差異はないですね。

 

それでは最後に、コナスビ(小茄子)の花言葉をお伝えします!

 

コナスビ(小茄子)の花言葉はなに?

 

コナスビ特有の花言葉ではありませんが、ナス全般の花言葉として、「優美」「よい語らい」「希望」などがあります。

 

これらの花言葉はそれぞれ、

・優美……たおやかな花姿

・よい語らい……家庭の食卓の定番野菜という印象

・希望……花が咲くと必ず実をつける

ということから由来しています。

 

ナスという植物がいかに人々に寄り添ってきたかがわかりますね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

コナスビ(小茄子)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①コナスビ(小茄子)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

コナスビは他の植物と違わず、日当たりと風通しのよい場所を好みます。

真ん中に1本、さらに2本の支柱を「X」のように、真ん中の支柱がちょうど交点を通るように立てましょう。

まず定植2週間以上前に、苦土石灰をまいて1度耕しておきます。

その後、定植1週間前に再び堆肥、元肥を施して耕します。

土づくりの段階でかなり多く施肥をしていますが、その後も定期的な追肥が必要となります。

定植から3週間後を目安に、ボカシ肥や鶏糞を株間にまいて1回目の追肥を行います。

2回目以降は2週間に1度を目安に、根の先端、または葉の先端に追肥していきましょう。

ナスを育てる際には、こまめな水やりが必須です。

常に湿った状態にするのはやりすぎですが、土の表面が乾いていたら、欠かさずに水をあげるようにしましょうね。

 

②コナスビ(小茄子)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

コナスビはナス科ナス属の植物です。

ただし、コナスビはその名の通り、通常のナスよりも一回り小柄です。

また、皮が柔らかい、種子が少ないなどの特徴から、特に食しやすい品種と言えます。

 

③コナスビ(小茄子)の開花時期や季節はいつ頃なの?

コナスビの開花時期は6〜10月です。

 

④コナスビ(小茄子)の花言葉はなに?

コナスビ特有の花言葉ではありませんが、ナス全般の花言葉として、

「優美」「よい語らい」「希望」などがあります。

 

私たちにとって非常に身近な植物であり野菜である、ナス。その中の1つ、コナスビ。

この記事を参考にして、ぜひお手元で愛でてみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)