【オオハンゴンソウのまとめ!】育て方や花言葉等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、オオハンゴンソウについてまとめていきたいと思います。

 

オオハンゴンソウはキク科オオハンゴンソウ属の多年草です。

現在では特定外来生物に指定されており、許可なく栽培・保管・輸入・運搬・譲渡することは禁止されています。

 

学名は「Rudbeckia laciniata」です。

漢字では「大反魂草」と書きます。

 

今回は、オオハンゴンソウについてのポイント、

①オオハンゴンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②オオハンゴンソウの画像(写真)!花や葉の特徴は?外来種なの?
③オオハンゴンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?北海道に多く生えているの?
④オオハンゴンソウの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤オオハンゴンソウの駆除のマニュアルは?おすすめの除草剤はなに?
⑥オオハンゴンソウは食べることができるの?
⑦オオハンゴンソウに似た花は何がある?ルドベキアやキクイモとの見分け方は?
⑧オオハンゴンソウの花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはオオハンゴンソウの育て方からお伝えします!

 

オオハンゴンソウの育て方は?

 

オオハンゴンソウは特定外来生物に指定されていますので、

許可なく栽培することはできません。

 

ですので、家庭用として育てることはできません。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、オオハンゴンソウが好む環境についてお伝えします!

 

オオハンゴンソウの育て方!環境はどうする?

 

オオハンゴンソウが自生しているところは、道端や荒地、畑地、河川敷、湿原など様々なところに生えています。

繁殖力がとても強く、どんどん生息域を広げていきます。

 

次は、オオハンゴンソウに適した用土についてお伝えします!

 

オオハンゴンソウを育てる際の適した用土は何?

 

オオハンゴンソウは湿った土を好みます。

ですので、オオハンゴンソウが大群落をつくるのは河川敷などが多いです。

 

次は、オオハンゴンソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

オオハンゴンソウの育て方!肥料はどうする?

 

オオハンゴンソウは繁殖力が強いので、肥料がなくても育ちますが、家庭で育てることは出来ません。

 

では次は、オオハンゴンソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

オオハンゴンソウを育てる際の水の量はどうする?

 

オオハンゴンソウは湿った環境を好みますが、家庭では栽培することは出来ません。

オオハンゴンソウに水やりをする機会は今のところないでしょう。

 

以上で基本的なオオハンゴンソウの育て方については終わりです。

次はオオハンゴンソウの写真をお見せします!

 

オオハンゴンソウの画像(写真)!花や葉の特徴は?外来種なの?

 

 

オオハンゴンソウの花は黄色で、花径は約5~7㎝です。

筒状花の周りに舌状花が10~14個付きます。舌状花は細長く垂れ下がっています。

 

葉の特徴は羽状に5~7に割け、互い違いに生えています。

 

オオハンゴンソウの原産国は北米です。

日本には観賞用として明治時代中期に導入されました。

 

次に、オオハンゴンソウの開花時期をお伝えします!

 

オオハンゴンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?北海道に多く生えているの?

 

オオハンゴンソウの開花時期は7~9月ごろの夏に咲きます。

オオハンゴンソウは日本全国に分布していますが、寒さに強い特徴があるので、北海道に大群落が多くみられます。

 

次は、オオハンゴンソウの値段や販売価格をお伝えします!

 

オオハンゴンソウの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

オオハンゴンソウは特定外来生物に指定されているので購入することは出来ません。

 

それでは次に、オオハンゴンソウの駆除のマニュアルをお伝えします!

 

オオハンゴンソウの駆除のマニュアルは?おすすめの除草剤はなに?

 

オオハンゴンソウの駆除方法は大きく分けて2つあります。

 

1つ目は「刈り取り」です。

出来るだけ根元から刈り取ります。種子ができる前に刈り取ることで

広がるのを防ぐことが出来ます。

 

2つ目は「掘り取り」です。

根全体を掘り取ることで、根絶を目指すことが出来ます。

根を残さないように掘り取ることがポイントです。

 

おすすめの除草剤は「グリホサート」「ラウンドアップマックスロード」があります。

 

次は、オオハンゴンソウは食べることができるのかをお伝えします!

 

オオハンゴンソウは食べることができるの?

 

オオハンゴンソウは食用ではありません。

名前の似ている「ハンゴンソウ」は山菜ですので、食べることは出来ます。

【ハンゴンソウのまとめ!】育て方(環境や鉢植え)と花言葉等8個のポイント!

次に、オオハンゴンソウに似た花をお伝えします!

 

オオハンゴンソウに似た花は何がある?ルドベキアやキクイモとの見分け方は?

 

オオハンゴンソウに似た花は「ルドベキア」「キクイモ」があります。

 

オオハンゴンソウも学名が「ルドベキア・ラキニアタ」と言いルドベキアの仲間です。

しかし、特定外来生物に指定されているのはオオハンゴンソウだけです。

 

その他のルドベキアは「ルドベキア・ヒルタ」「ルドベキア・トリロバ」などがありますが、いずれもホームセンターなどで購入できます。

 

また「キクイモ」はキク科ヒマワリ属の多年草です。

食用ですので、食べることが出来ます。

 

それでは最後に、オオハンゴンソウの花言葉をお伝えします!

 

オオハンゴンソウの花言葉はなに?

 

オオハンゴンソウの花言葉は、「あなたを見つめる」「正しい選択」「公平」「正義」「強い精神力」です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

オオハンゴンソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①オオハンゴンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

オオハンゴンソウが自生しているところは

道端や荒地、畑地、河川敷、湿原など様々なところに生えています。

オオハンゴンソウは家庭用として育てることはできません。

 

②オオハンゴンソウの画像(写真)!花や葉の特徴は?外来種なの?

オオハンゴンソウの花は黄色で、花径は約5~7㎝です。

筒状花の周りに舌状花が10~14個付きます。舌状花は細長く垂れ下がっています。

葉の特徴は羽状に5~7に割け、互い違いに生えています。

オオハンゴンソウの原産国は北米です。

日本には観賞用として明治時代中期に導入されました。

 

③オオハンゴンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?北海道に多く生えているの?

オオハンゴンソウの開花時期は7~9月ごろの夏に咲きます。

寒さに強い特徴があるので、北海道に大群落が多くみられます。

 

④オオハンゴンソウの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

オオハンゴンソウは販売していません。

 

⑤オオハンゴンソウの駆除のマニュアルは?おすすめの除草剤はなに?

オオハンゴンソウの駆除方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は「刈り取り」です。

2つ目は「掘り取り」です。

おすすめの除草剤は「グリホサート」や「ラウンドアップマックスロード」があります。

 

⑥オオハンゴンソウは食べることができるの?

オオハンゴンソウは食用ではありません。

 

⑦オオハンゴンソウに似た花は何がある?ルドベキアやキクイモとの見分け方は?

オオハンゴンソウに似た花は「ルドベキア」と「キクイモ」があります。

オオハンゴンソウも学名が「ルドベキア・ラキニアタ」と言い、ルドベキアの仲間ですが、特定外来生物に指定されているのはオオハンゴンソウだけです。

また「キクイモ」はキク科ヒマワリ属の多年草です。

食用ですので、食べることが出来ます。

 

⑧オオハンゴンソウの花言葉はなに?

オオハンゴンソウの花言葉は

「あなたを見つめる」「正しい選択」「公平」「正義」「強い精神力」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)