【ムラサキサギゴケのまとめ!】育て方(適した環境や種まき)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ムラサキサギゴケについてまとめていきたいと思います。

 

ムラサキサギゴケはハエドクソウ科の多年草であぜ道などでよくみられます。

花が紫色で形がサギに似ていることから名前がつけられました。

 

今回は、ムラサキサギゴケについてのポイント、

①ムラサキサギゴケの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ムラサキサギゴケの画像(写真)!特徴は?
③ムラサキサギゴケの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ムラサキサギゴケの楽しみ方!庭でグランドカバーとして植える時のポイントは?
⑤ムラサキサギゴケに似た花は何がある?トキワハゼなど
⑥ムラサキサギゴケの販売場所は?どこで買えるの?
⑦ムラサキサギゴケとムラサキゴケの違いはなに?
⑧ムラサキサギゴケの花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはムラサキサギゴケの育て方からお伝えします!

 

ムラサキサギゴケの育て方は?

 

ムラサキサギゴケを育てるには庭植えか、鉢植えがおすすめです。

植え付け休眠期の1月から2月もしくは秋先の9月に行うようにしましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ムラサキサギゴケが好む環境についてお伝えします!

 

ムラサキサギゴケの育て方!環境はどうする?

 

ムラサキサギゴケの好む環境は、日当たりのよい乾燥しない場所です。

 

日陰に置くと生育や花つきが悪くなります。

鉢植えは、夏場は二重鉢にして乾燥を防ぐようにしましょう。

 

次は、ムラサキサギゴケに適した用土についてお伝えします!

 

ムラサキサギゴケを育てる際の適した用土は何?

 

ムラサキサギゴケに適した用土は、鉢植えは、市販の草花用培養土を使うようにしましょう。

庭植えは砂質が強かったり乾燥しやすい庭土でなければ種類は選びません。

 

次は、ムラサキサギゴケに必要な肥料についてお伝えします!

 

ムラサキサギゴケの育て方!肥料はどうする?

 

ムラサキサギゴケの肥料については、春から夏にかけて月に2回から3回程度水で1000倍に薄めた草花用液体肥料を施して下さい。

 

では次は、ムラサキサギゴケの水やりポイントについてお伝えします!

 

ムラサキサギゴケを育てる際の水の量はどうする?

 

ムラサキサギゴケの水やりについては、

鉢植えは、1日に1回は必ず与えるようにしましょう。

 

冬場は2日に1回に減らすと良いでしょう。

庭植えは、庭土が乾燥していたら与えるようにしましょう。

 

以上で基本的なムラサキサギゴケの育て方については終わりです。

次はムラサキサギゴケの写真をお見せします!

 

ムラサキサギゴケの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがムラサキサギゴケの写真です。

 

ムラサキサギゴケはハエドクソウ科の多年草草丈は3cmから10cmほどと小さいです。

二手に分かれた茎の先から直径が1.5cmの紫や白の小さな花を咲かせます。

 

花弁は1枚で切り込みが入っており、3つに分かれているように見えます。

花の真ん中の黄色の斑点が特徴的です。

 

次に、ムラサキサギゴケの開花時期をお伝えします!

 

ムラサキサギゴケの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ムラサキサギゴケの開花時期は、春から初夏の3月から5月です。

河川敷などで紫色の絨毯のように咲くムラサキサギゴケの群落はきれいですよ。

 

次は、ムラサキサギゴケの楽しみ方をお伝えします!

 

ムラサキサギゴケの楽しみ方!庭でグランドカバーとして植える時のポイントは?

 

 

ムラサキサギゴケグランドカバーにも適しています。

 

ムラサキサギゴケは這うように生長するため、植える際広めに場所を取り植え付けるのがおすすめです。

飛び石の間や園路の縁取りに植える際も、植える場所の雑草はきれいに取り除いてから植えるようにしましょう。

 

それでは次に、ムラサキサギゴケに似た花をお伝えします!

 

ムラサキサギゴケに似た花は何がある?トキワハゼなど

 

ムラサキサギゴケに似た花にはトキワハゼがあります。

 

トキワハゼは一年草のハエドクソウ科の仲間で多湿を好み、畑や道ばたに自生しています。

ムラサキサギゴケと違い花期が半年と長く葡萄茎を持たないことが特徴です。

 

次は、ムラサキサギゴケの販売場所をお伝えします!

 

ムラサキサギゴケの販売場所は?どこで買えるの?

 

 

ムラサキサギゴケは、主にインターネットショップなどで取り扱われています。

主にポット苗で出回っており、500円から3000円の価格帯で販売されていますよ。

 

次に、ムラサキサギゴケとムラサキゴケの違いをお伝えします!

 

ムラサキサギゴケとムラサキゴケの違いはなに?

 

ムラサキサギゴケに似た名前の植物ムラサキゴケがあります。

 

ムラサキゴケは、コマノハグサ科の多年草で草丈が5cmから10cmほどあります。

ムラサキサギゴケとの違いは、花色が濃い紫色で、花の中央部分が白く赤い斑点がついている事が特徴です。

 

違いをよく見比べてみましょう。

 

それでは最後に、ムラサキサギゴケの花言葉をお伝えします!

 

ムラサキサギゴケの花言葉はなに?

 

 

ムラサキサギゴケの花言葉には、

「忍耐強い」

「あなたを待っています」

「追憶の日々」

という意味があります。

 

草丈の低い花が踏まれても忍耐強く、追憶の日々を支えに待っているということでしょうか。

小さな花から、儚さ、切なさを感じられる花言葉です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ムラサキサギゴケのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ムラサキサギゴケの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ムラサキサギゴケを育てるには庭植えか、鉢植えがおすすめです。植え付けは休眠期の1月から2月もしくは秋先の9月に行うようにしましょう。

好む環境は、日当たりのよい乾燥しない場所です。鉢植えは、夏場は二重鉢にして乾燥を防ぐようにしましょう。

適した用土は、鉢植えは、市販の草花用培養土を使い、庭植えは砂質が強かったり乾燥しやすい庭土でなければ種類は選びません。

肥料については、春から夏にかけて月に2回から3回程度、水で1000倍に薄めた草花用液体肥料を施して下さい。

水やりについては、鉢植えは1日に1回は必ず与え、冬場は2日に1回に減らすと良いでしょう。

庭植えは、庭土が乾燥していたら与えるようにしましょう。

 

②ムラサキサギゴケの画像(写真)!特徴は?

ムラサキサギゴケはハエドクソウ科の多年草で二手に分かれた茎の先から直径が1.5cmの紫や白の小さな花を咲かせます。

花弁は1枚で切り込みが入っており、3つに分かれているように見えます。

 

③ムラサキサギゴケの開花時期や季節はいつ頃なの?

ムラサキサギゴケの開花時期は、春から初夏の3月から5月です。

 

④ムラサキサギゴケの楽しみ方!庭でグランドカバーとして植える時のポイントは?

グランドカバーにするには、ムラサキサギゴケは這うように生長するため、植える際広めに場所を取り、植え付けるのがおすすめです。

飛び石の間や園路の縁取りに植える際も、植える場所の雑草はきれいに取り除いてから植えるようにしましょう。

 

⑤ムラサキサギゴケに似た花は何がある?トキワハゼなど

トキワハゼは一年草のハエドクソウ科の仲間で多湿を好み、畑や道ばたに自生しています。

ムラサキサギゴケと違い花期が半年と長く葡萄茎を持たないことが特徴です。

 

⑥ムラサキサギゴケの販売場所は?どこで買えるの?

ムラサキサギゴケは、主にインターネットショップなどで取り扱われています。

 

⑦ムラサキサギゴケとムラサキゴケの違いはなに?

ムラサキゴケは、コマノハグサ科の多年草で草丈が5cmから10cmほどあります。

ムラサキサギゴケとの違いは、花色が濃い紫色で、花の中央部分が白く赤い斑点がついている事が特徴です。

 

⑧ムラサキサギゴケの花言葉はなに?

ムラサキサギゴケの花言葉には、「忍耐強い」「あなたを待っています」「追憶の日々」という意味があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)