【アカカタバミのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、アカカタバミについてまとめていきたいと思います。

 

アカカタバミはカタバミ科の植物で、南アフリカが原産です。

日本全土に分布し、道端やアスファルトの隙間によく見られます。

 

名前は、葉の一辺が欠けているように見え、片方だけ「喰われた」ということでカタバミとされています。

カタバミの中でも、葉に赤いラインが入っているのがアカカタバミといわれています。

学名は「Oxallis corniculata f. rubrifollia」といいます。

 

今回は、アカカタバミについてのポイント、

①アカカタバミの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アカカタバミの画像(写真)!特徴は?
③アカカタバミの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アカカタバミの花言葉はなに?
⑤アカカタバミを駆除(除草)したい!おすすめの除草剤は?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはアカカタバミの育て方からお伝えします!

 

アカカタバミの育て方は?

 

アカカタバミは雑草として知られており、繁殖力が強く強靭な植物です。

 

そのため、他の植物と植える際には注意が必要なため、鉢植えで育てるのが良いです。

自然にも自生しているため、ほとんど手がかからず育つため、ガーデニングを始めてみたいけど手入れが面倒だと思っている方にはという方にはオススメです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アカカタバミが好む環境についてお伝えします!

 

アカカタバミの育て方!環境はどうする?

 

アカカタバミは日当たりと水はけが良い場所で管理します。

 

また、夏期は過湿で球根が腐ってしまう場合があるため注意が必要です。

日当たりが悪いと開花しない場合があります。

 

次は、アカカタバミに適した用土についてお伝えします!

 

アカカタバミを育てる際の適した用土は何?

 

アカカタバミを育てる際は、市販の草花用培養土を使用します。

または、赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜたものがオススメです。

 

次は、アカカタバミに必要な肥料についてお伝えします!

 

アカカタバミの育て方!肥料はどうする?

 

アカカタバミを育てる際は肥料は必要ありません。

肥料を与える場合は、月に2~3回液肥を与えると花が多くつきます。

 

では次は、アカカタバミの水やりポイントについてお伝えします!

 

アカカタバミを育てる際の水の量はどうする?

 

アカカタバミは乾燥に強いため、極端に乾燥しなければ枯れることはありません。

水を与えるタイミングとしては、用土が乾いたら与える程度で大丈夫です。

 

以上で基本的なアカカタバミの育て方については終わりです。

次はアカカタバミの写真をお見せします!

 

アカカタバミの画像(写真)!特徴は?

 

 

アカカタバミの花は花径8mmくらいの黄色の花を付けます。

花は5弁花で、付け根には赤い斑模様が入ります。

 

葉はハート形で、カタバミと比較すると小柄です。

果実は2mmほどの先が尖った円柱状で、まっすぐと上を向いてつくのが特徴です。

茎は分岐し、下部は地面を這うように成長しますが上部は立ち上がり、30cm程度まで伸びます。

 

次に、アカカタバミの開花時期をお伝えします!

 

アカカタバミの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

アカカタバミの開花時期は、春~夏(5~9月))です。

 

葉は日周運動をするため、夜間には閉じます。

葉の脇からは散形花序を出し、黄色の花を咲かせます。

 

次は、アカカタバミの花言葉をお伝えします!

 

アカカタバミの花言葉はなに?

 

アカカタバミは「喜び」です。

花言葉は、カタバミがヨーロッパでは「ハレルヤ」と呼ばれ、ハレルヤが唱えられる時期に咲くことが由来となっているようです。

 

それでは、アカカタバミを駆除(除草)するおすすめの除草剤をお伝えします!

 

アカカタバミを駆除(除草)したい!おすすめの除草剤は?

 

アカカタバミは根が深く、根茎が切れることでも増えていくため駆除が困難です。

そのため、アカカタバミの駆除には除草剤の使用がオススメです。

 

オススメの除草剤は、根までしっかりと枯死させることができるグリホサート系の薬剤です。

ただし、周囲の植物も枯らしてしまうため使用する際は注意が必要です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アカカタバミのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アカカタバミの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アカカタバミは日当たりと水はけが良い場所で管理します。

育てる際の用土は、市販の草花用培養土を使用します。

育てる際の肥料は必要ありません

水を与えるタイミングとしては、用土が乾いたら与える程度で大丈夫です。

 

②アカカタバミの画像(写真)!特徴は?

アカカタバミの花は花径8mmくらいの黄色の花を付けます。

花は5弁花で、付け根には赤い斑模様が入ります。

葉はハート形で、カタバミと比較すると小柄です。

果実は2mmほどの先が尖った円柱状で、まっすぐ上を向いてつくのが特徴です。

 

③アカカタバミの開花時期や季節はいつ頃なの?

アカカタバミの開花時期は、春~夏(5~9月))です。

 

④アカカタバミの花言葉はなに?

アカカタバミは「喜び」です。

 

⑤アカカタバミを駆除(除草)したい!おすすめの除草剤は?

アカカタバミは根が深く、根茎が切れることでも増えていくため駆除が困難であるため、アカカタバミの駆除には除草剤の使用がオススメです。

オススメの除草剤は、根までしっかりと枯死させることができるグリホサート系の薬剤です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)