【シロバナタンポポのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、シロバナタンポポについてまとめていきたいと思います。

 

「タンポポといえば黄色」というイメージとは異なり、真っ白な花弁をつけるシロバナタンポポ。

 

「シロバナタンポポについてもっと知りたい!」「シロバナタンポポを育ててみたい!」

そんな思いを持つ方々のために、ここではについてシロバナタンポポの様々な事柄をご紹介していきます!

 

今回は、シロバナタンポポについてのポイント、

①シロバナタンポポの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②シロバナタンポポの画像(写真)!特徴は?
③シロバナタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?
④シロバナタンポポの花言葉はなに?
⑤シロバナタンポポの種類や品種は何があるの?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはシロバナタンポポの育て方からお伝えします!

 

シロバナタンポポの育て方は?

 

シロバナタンポポは暖地に多く生息するため、寒冷地での栽培はあまり向いていません。

 

また発芽率も通常のタンポポに比べると低くなっていますが、栽培は決して不可能な試みではありません。

栽培のためにはどんなことを参考にすればよいのか、ご一緒に確認していきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、シロバナタンポポが好む環境についてお伝えします!

 

シロバナタンポポの育て方!環境はどうする?

 

シロバナタンポポは比較的温暖な気候を好みますので、日当たりのよい場所に置いてあげましょう。

 

また、タンポポ類は乾燥に弱いことが特徴です。

日がよく当たることに加え、水はけがよく、ある程度湿気のある場所が理想的ですね。

 

次は、シロバナタンポポに適した用土についてお伝えします!

 

シロバナタンポポを育てる際の適した用土は何?

 

シロバナタンポポに限らず、タンポポ類はアルカリ性の土や水を嫌います。

 

そのため、土質が詳しくわからない場合は庭植えは避け、鉢植えの場合も弱酸性の園芸用土を用いることをおすすめします。

特に野菜用の用土は弱酸性のものであることが多いため、園芸店などで購入しましょう。

 

ただし、本当に弱酸性の土であるかについては、きちんとパッケージを確認してくださいね。

 

次は、シロバナタンポポに必要な肥料についてお伝えします!

 

シロバナタンポポの育て方!肥料はどうする?

 

シロバナタンポポは丈夫な植物ですので、基本的に肥料は必要ありません。

しかし生育について不安が残るのであれば、植物自体の様子を見つつ、液肥などを施肥してあげるのもよいでしょう。

 

では次は、シロバナタンポポの水やりポイントについてお伝えします!

 

シロバナタンポポを育てる際の水の量はどうする?

 

シロバナタンポポは乾燥に弱いため、基本的には雨に任せつつ、週1回程度は土の乾き具合を見て人の手で水やりをしてあげましょう。

特に真夏などは、3日に1回程度に水やりのペースを増やしてくださいね。

 

以上で基本的なシロバナタンポポの育て方については終わりです。

次はシロバナタンポポの写真をお見せします!

 

シロバナタンポポの画像(写真)!特徴は?

 

 

シロバナタンポポはキク科タンポポ属の多年草です。

 

「タンポポといえば黄色」という根強いイメージがある中で、白いタンポポがあるということにびっくりしませんでしたか?

花弁全てが真っ白というわけではなく、中心部分にはよく見かける黄色のタンポポを思い出させる暖色が含まれてしまいます。

 

色合いだけ見れば、なんだかゆで卵に似ているような気がしますね。

 

シロバナタンポポは普通のタンポポと比べると見かける頻度が少ないですが、それは生息地域が限られているためです。

本州関東以西、四国、九州など、より西の方に集中して分布しているんですね。

 

もし見つけることができたら、かなりラッキーかもしれませんよ!

 

次に、シロバナタンポポの開花時期をお伝えします!

 

シロバナタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

シロバナタンポポの開花期は2〜5月です。

温暖な地域では、比較的寒い時期からでもその姿を見ることができるんですよ!

 

次は、シロバナタンポポの花言葉をお伝えします!

 

シロバナタンポポの花言葉はなに?

 

シロバナタンポポの花言葉は「私を見つめて、そして探して」です。

シロバナタンポポの可憐で清楚な花姿と相まって、恋する少女の純粋な乙女心を思わせる素敵な花言葉ですね!

 

それでは最後に、シロバナタンポポの種類や品種をお伝えします!

 

シロバナタンポポの種類や品種は何があるの?

 

シロバナタンポポから新たな品種が生まれたという話は、今のところ確認されていません。

しかし、シロバナタンポポ以外にも「白いタンポポ」はいくつかあるんですよ!

 

  • ケイリンシロタンポポ……シロバナタンポポの交配元。交配相手はカンサイタンポポ。
  • キビシロタンポポ……中国地方に多く見られる。花色はクリーム色寄り。
  • オクウスギタンポポ……東北地方に多く見られる。キビシロタンポポによく似ている。

 

今まで黄色い花というイメージがあったタンポポに、こんなに白い花色の種類があるということを知ると、なんだか不思議な気持ちになりますね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

シロバナタンポポのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①シロバナタンポポの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日がよく当たることに加え、水はけがよく、ある程度湿気のある場所が理想的ですね。

 

シロバナタンポポに限らず、タンポポ類はアルカリ性の土や水を嫌います。

そのため、土質が詳しくわからない場合は庭植えは避け、鉢植えの場合も弱酸性の園芸用土を用いることをおすすめします。

 

シロバナタンポポは丈夫な植物ですので、基本的に肥料は必要ありません。

しかし生育について不安が残るのであれば、植物自体の様子を見つつ、液肥などを施肥してあげるのもよいでしょう。

 

シロバナタンポポは乾燥に弱いため、基本的には雨に任せつつ、週1回程度は土の乾き具合を見て人の手で水やりをしてあげましょう。

特に真夏などは、3日に1回程度に水やりのペースを増やしてくださいね。

 

②シロバナタンポポの画像(写真)!特徴は?

シロバナタンポポはキク科タンポポ属の多年草です。

花弁全てが真っ白というわけではなく、中心部分にはよく見かける黄色のタンポポを思い出させる暖色が含まれてしまいます。

シロバナタンポポは普通のタンポポと比べると見かける頻度が少ないですが、それは生息地域が限られているためです。

本州関東以西、四国、九州など、より西の方に集中して分布しているんですね。

 

③シロバナタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?

シロバナタンポポの開花期は2〜5月です。

 

④シロバナタンポポの花言葉はなに?

シロバナタンポポの花言葉は「私を見つめて、そして探して」です。

 

⑤シロバナタンポポの種類や品種は何があるの?

シロバナタンポポから新たな品種が生まれたという話は、今のところ確認されていません。

しかし、シロバナタンポポ以外にも「白いタンポポ」はいくつかあるんですよ!

  • ケイリンシロタンポポ……シロバナタンポポの交配元。交配相手はカンサイタンポポ。
  • キビシロタンポポ……中国地方に多く見られる。花色はクリーム色寄り。
  • オクウスギタンポポ……東北地方に多く見られる。キビシロタンポポによく似ている。

 

普通のタンポポとは一味違った魅力を持つシロバナタンポポ。

この記事を参考にして、ぜひお手元で愛でてみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)