【ラグラス(ウサギノオ)のまとめ!】育て方(種まきや寄せ植え)と花言葉等12個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ラグラス(ウサギノオ)についてまとめていきたいと思います。

 

ラグラスはイネ科ラグラス属に属する品種となります。

 

ふんわりとかわいらしい印象のラグラスは、一年草の植物となります。

ラグラスは庭先に植え付けて育成するだけでなく、フラワーアレンジメントやドライフラワーとしても人気があります。

 

今回は、ラグラス(ウサギノオ)についてのポイント、

①ラグラス(ウサギノオ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ラグラス(ウサギノオ)の画像(写真)!特徴は?
③ラグラス(ウサギノオ)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④ラグラス(ウサギノオ)の苗の植え付けのポイントは?
⑤ラグラス(ウサギノオ)の鉢植えや庭(花壇)で育てる際のポイントは?
⑥ラグラス(ウサギノオ)の楽しみ方!ドライフラワーやブーケ(花束)、ハーバリウム、スワッグなど
⑦ラグラス(ウサギノオ)の寄せ植えに合う植物はなにがあるの?
⑧ラグラス(ウサギノオ)の種まき時期と種まきのポイントは?
⑨ラグラス(ウサギノオ)が枯れる!原因と対策は?
⑩ラグラス(ウサギノオ)の販売場所は?価格(値段)はいくら位なの?
⑪ラグラス(ウサギノオ)の花言葉はなに?英語で何と言うの?
⑫ラグラス(ウサギノオ)の種類や品種は何があるの?オバタスなど

 

以上12個の点についてお伝えします。

まずはラグラス(ウサギノオ)の育て方からお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の育て方は?

 

道端などにも自生する程逞しいラグラスは、初心者でも育成しやすい品種となります。

 

ラグラスは特に手を施さなくても、育てることが可能となります。

ただ、放任状態ですと葉だけが成長しすぎてしまいバランスが悪くなってしまいますのできおつけましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ラグラス(ウサギノオ)が好む環境についてお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の育て方!環境はどうする?

 

 

ラグラスは、日当たりの良い環境好む植物となります。

 

ラグラスを育成する場合は日向を選んでください。

多湿には弱い植物となりますのでできるだけ水ハケが良い場所で育成を行いましょう。

 

次は、ラグラス(ウサギノオ)に適した用土についてお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)を育てる際の適した用土は何?

 

ラグラスの用土はできるだけ水ハケの良いものを選んでください。

 

自身で用土を作るのであれば赤玉土7割に、腐葉土を3割の割合で混ぜてあげましょう。

市販の用土を使用するのであれば一般的な草花用培養土でじゅうぶん育成が可能となります。

 

次は、ラグラス(ウサギノオ)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の育て方!肥料はどうする?

 

ラグラスはほとんど必要なく育成を行うことが可能となります。

 

ラグラスの植え付けを行う時は、元肥としてゆっくりと効果が持続する緩効性化成肥料を施してください。

肥料が不足することで葉が黄色に変色し枯れることもありますので、月3回程度液体肥料を施してあげましょう。

 

では次は、ラグラス(ウサギノオ)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)を育てる際の水の量はどうする?

 

 

ラグラスは、通常よりも少し乾燥している環境を好む植物となります。

 

庭植えで育成を行う場合は、水やりはほとんど必要ありません。

鉢植えで育成を行う場合は、用土が乾燥したタイミングでたっぷりと与えてください。

 

以上で基本的なラグラス(ウサギノオ)の育て方については終わりです。

次はラグラス(ウサギノオ)の写真をお見せします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の画像(写真)!特徴は?

 

ラグラスは高性種の場合、草丈は約60cmまで成長します。

 

ラグラスは大株に成長するとなる花がなります。

うぶ毛がホワホワとしているラグラスは、黄緑色の葉が特徴となります。

 

ラグラスの写真はこちらになります。

 

次に、ラグラス(ウサギノオ)の開花時期をお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ラグラスはうさぎのしっぽとよく似た柔らかい花穂が特徴的な植物です。

 

ラグラスの花穂の開花時期は、春時期の4月頃から5月頃となります。

花壇での育成を行うと花穂が咲く時期はとてもオシャレな空間を演出できます。

 

次は、ラグラス(ウサギノオ)の苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の苗の植え付けのポイントは?

 

ラグラスは株間を広く開けると大株に育つ植物となります。

 

ラグラスの植え付けを行う適時期は、春時期の3月頃から夏時期の6月頃もしくは、秋時期の10月頃から11月頃となります。

ラグラスは一年草となりますので、一度植え付けを行ってからは植え替えする必要はありません。

 

それでは次に、ラグラス(ウサギノオ)の鉢植えや庭(花壇)で育てる際のポイントをお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の鉢植えや庭(花壇)で育てる際のポイントは?

 

 

庭植えで育成を行う場合は、ほとんど手を施す必要なく育成が可能となります。

 

鉢植えで育成を行う場合は、多湿状態を苦手とする植物ですので根腐れを起こさないように注意してください。

酸性土での生育は少し難しいので、苦土石灰を混ぜ合わせてください。

 

次は、ラグラス(ウサギノオ)の楽しみ方をお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の楽しみ方!ドライフラワーやブーケ(花束)、ハーバリウム、スワッグなど

 

 

ラグラスはフラワーアレンジメントやドライフラワーとしても人気の植物となります。

 

春時期になると花穂がさきますが、花期を終えてから乾燥させたものを色付けすると魅力的なドライフラワーとなります。

ドライフラワーや生花などを使用した花束やハーバリウム、スワッグとしての使用も楽しむことができます。

 

次に、ラグラス(ウサギノオ)の寄せ植えに合う植物をお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

 

 

ラグラスは高性種と矮性種がある植物となります。

 

高性種は寄せ植えに不向きとなりますので、寄せ植えを行うのであれば矮性種を選んでください。

寄せ植えにはマリーゴールドやハーブ系との相性が良くオシャレな空間ができます。

 

次は、ラグラス(ウサギノオ)の種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

ラグラスの一般的に種まきで増える植物となります。

 

ラグラスは通常では秋時期の10月頃に種をまいて春時期の4月頃から花穂が開花する植物です。

種まきをすることができるラグラスは、春時期の3月頃は屋内で種まきをしてすぐ初夏時期の5月頃に開花させることも可能となります。

 

それでは次に、ラグラス(ウサギノオ)が枯れる原因と対策をお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)が枯れる!原因と対策は?

 

 

ラグラスは病気にはなりにくい品種となります。

 

多肥多湿には弱く水分を多く摂取しすぎると根腐れをして最悪枯れることがありますので注意してください。

また害虫としてアブラムシが付着することがありますので、見つけ次第駆除してください。

 

次は、ラグラス(ウサギノオ)の販売場所をお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の販売場所は?価格(値段)はいくら位なの?

 

植え付けて楽しむだけでなく、開花後も楽しむことができる植物でドライフラワーも販売されています。

 

ラグラスは店舗だけでなく、通販サイトからも購入可能な植物となります。

ラグラスの一般価格は約300円~500円となります。

 

次に、ラグラス(ウサギノオ)の花言葉をお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の花言葉はなに?英語で何と言うの?

 

ふわふわとしている姿が「野ウサギのしっぽ」に似ていることから、英名でラビットテール・グラスといわれています。

 

ラグラスは「感謝」「弾む心」「私を信じて」といった花言葉がつけられています。

 

「感謝」は大人になるまでのあいだ育ててくれた両親への気持ちが由来となります。

「弾む心」は2人の明るい未来を思う心を表現、「私を信じて」はこれから先共に歩むパートナーへ信じて欲しい心を表しています。

 

それでは最後に、ラグラス(ウサギノオ)の種類や品種をお伝えします!

 

ラグラス(ウサギノオ)の種類や品種は何があるの?オバタスなど

 

 

可愛らしい印象のラグラスには様々な品種があります。

 

バニー・テール

英名でBunny Tailとなるバニー・テールは小型のラグラスとなります。

市場で流通しているバニー・テール鉢物向けの品種で小さくて愛らしい印象です。

 

オバタス

オバタスは矮性の品種が流通している品種となります。

オバタスの穂は白緑色となりますが、中には淡く赤紫色になっているものもあります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ラグラス(ウサギノオ)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは12個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ラグラス(ウサギノオ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

道端などにも自生する程逞しいラグラスは、初心者でも育成しやすい品種となります。

ラグラスは特に手を施さなくても、育てることが可能となります。

ただ、放任状態ですと葉だけが成長しすぎてしまいバランスが悪くなってしまいますのできおつけましょう。

 

②ラグラス(ウサギノオ)の画像(写真)!特徴は?

ラグラスは高性種の場合、草丈は約60cmまで成長します。

ラグラスは大株に成長するとなる花がなります。

うぶ毛がホワホワとしているラグラスは、黄緑色の葉が特徴となります。

 

③ラグラス(ウサギノオ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

ラグラスはうさぎのしっぽとよく似た柔らかい花穂が特徴的な植物です。

ラグラスの花穂の開花時期は、春時期の4月頃から5月頃となります。

花壇での育成を行うと花穂が咲く時期はとてもオシャレな空間を演出できます。

 

④ラグラス(ウサギノオ)の苗の植え付けのポイントは?

ラグラスは株間を広く開けると大株に育つ植物となります。

ラグラスの植え付けを行う適時期は、春時期の3月頃から夏時期の6月頃もしくは、秋時期の10月頃から11月頃となります。

ラグラスは一年草となりますので、一度植え付けを行ってからは植え替えする必要はありません。

 

⑤ラグラス(ウサギノオ)の鉢植えや庭(花壇)で育てる際のポイントは?

庭植えで育成を行う場合は、ほとんど手を施す必要なく育成が可能となります。

鉢植えで育成を行う場合は、多湿状態を苦手とする植物ですので根腐れを起こさないように注意してください。

酸性土での生育は少し難しいので、苦土石灰を混ぜ合わせてください。

 

⑥ラグラス(ウサギノオ)の楽しみ方!ドライフラワーやブーケ(花束)、ハーバリウム、スワッグなど

ラグラスはフラワーアレンジメントやドライフラワーとしても人気の植物となります。

春時期になると花穂がさきますが、花期を終えてから乾燥させたものを色付けすると魅力的なドライフラワーとなります。

ドライフラワーや生花などを使用した花束やハーバリウム、スワッグとしての使用も楽しむことができます。

 

⑦ラグラス(ウサギノオ)の寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

ラグラスは高性種と矮性種がある植物となります。

高性種は寄せ植えに不向きとなりますので、寄せ植えを行うのであれば矮性種を選んでください。

寄せ植えにはマリーゴールドやハーブ系との相性が良くオシャレな空間ができます。

 

⑧ラグラス(ウサギノオ)の種まき時期と種まきのポイントは?

ラグラスの一般的に種まきで増える植物となります。

ラグラスは通常では秋時期の10月頃に種をまいて春時期の4月頃から花穂が開花する植物です。

種まきをすることができるラグラスは、春時期の3月頃は屋内で種まきをしてすぐ初夏時期の5月頃に開花させることも可能となります。

 

⑨ラグラス(ウサギノオ)が枯れる!原因と対策は?

ラグラスは病気にはなりにくい品種となります。

多肥多湿には弱く水分を多く摂取しすぎると根腐れをして最悪枯れることがありますので注意してください。

また害虫としてアブラムシが付着することがありますので、見つけ次第駆除してください。

 

⑩ラグラス(ウサギノオ)の販売場所は?価格(値段)はいくら位なの?

植え付けて楽しむだけでなく、開花後も楽しむことができる植物でドライフラワーも販売されています。

ラグラスは店舗だけでなく、通販サイトからも購入可能な植物となります。

ラグラスの一般価格は約300円~500円となります。

 

⑪ラグラス(ウサギノオ)の花言葉はなに?英語で何と言うの?

ふわふわとしている姿が「野ウサギのしっぽ」に似ていることから、英名でラビットテール・グラスといわれています。

ラグラスは「感謝」「弾む心」「私を信じて」といった花言葉がつけられています。

「感謝」は大人になるまでのあいだ育ててくれた両親への気持ちが由来となります。

「弾む心」は2人の明るい未来を思う心を表現、「私を信じて」はこれから先共に歩むパートナーへ信じて欲しい心を表しています。

 

⑫ラグラス(ウサギノオ)の種類や品種は何があるの?オバタスなど

可愛らしい印象のラグラスには様々な品種があります。

 

バニー・テール

英名でBunny Tailとなるバニー・テールは小型のラグラスとなります。

市場で流通しているバニー・テール鉢物向けの品種で小さくて愛らしい印象です。

 

オバタス

オバタスは矮性の品種が流通している品種となります。

オバタスの穂は白緑色となりますが、中には淡く赤紫色になっているものもあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)