【サギナのまとめ!】育て方(鉢植えや剪定)と花言葉等16個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、サギナについてお伝えしていきたいと思います!

 

サギナはナデシコ科に分類される多年草の植物です。

 

可愛らしい花が特徴的なサギナは、グランドカバーとしてオススメな品種となります。

鮮やかな緑で柔らかそうな葉姿は鑑賞するだけで癒されます。

 

今回はサギナについてのポイント、

①サギナの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サギナの画像(写真)!特徴は?
③サギナの開花時期や季節はいつ頃なの?
④サギナの苗の植え付けのポイントは?
⑤サギナの鉢植えのポイントは?
⑥サギナの地植え(花壇)のポイントは?
⑦サギナを大きくするにはどうしたらいいの?
⑧サギナの植え替えのポイントは?
⑨サギナの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?
⑩サギナの剪定のやり方は?
⑪サギナの増やし方!
⑫サギナの種まき時期と種まきのポイントは?
⑬サギナの株分けのやり方は?
⑭サギナの枯れる(枯れた)原因と対策方法は?
⑮サギナのかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑯サギナの販売価格はいくらぐらいなの?

 

以上16個の点についてお伝えします。

まずはサギナの育て方からお伝えします!

 

サギナの育て方は?

 

高温多湿の環境を苦手とするサギナは、半日陰での育成が好ましい植物です。

 

暑い夏時期の気温には弱く最悪枯れてしまいますので、朝夕に水を与えてください。

植え付けを行った後に水やりを行ってから約2週間は水やりを控えてください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、サギナが好む環境についてお伝えします!

 

サギナの育て方!環境はどうする?

 

サギナはヨーロッパが原産地である植物となります。

 

耐寒性の高い品種となりますので、冬越しの時に心配する必要はありません。

高温多湿には弱いので夏越しをする時は風通しの良い半日陰に移動してあげましょう。

 

次は、サギナに適した用土についてお伝えします!

 

サギナを育てる際の適した用土は何?

 

 

サギナは水ハケの良い用土を好む植物となります。

市販の用土を使用する時は、花木用の培養土でじゅうぶん育成が可能となります。

 

自身で用土を作る場合は、赤玉土中粒を5割に、腐葉土を3割、川砂2割を混ぜ合わたものを使用してください。

 

次は、サギナに必要な肥料についてお伝えします!

 

サギナの育て方!肥料はどうする?

 

サギナの肥料はゆっくりと効果が持続する緩効性肥料を与えてください。

 

肥料の適時期は春時期の3月頃から4月頃と秋時期の10月頃から11月頃となります。

緩効性化成肥料の代替として薄めた液体肥料を水やりと一緒に与えても効果的です。

 

では次は、サギナの水やりポイントについてお伝えします!

 

サギナを育てる際の水の量はどうする?

 

高温多湿に弱いサギナは、土の表面が乾燥してきたタイミングで水を与えてください。

 

夏の暑い時期は朝と夕方2回水を与える必要かありますが、湿気に弱いので、加湿になり過ぎないように注意してあげましょう。

水やりを与える時は葉に水がかからないように株元にあげましょう。

 

以上で基本的なサギナの育て方については終わりです。

次はサギナの写真をお見せします!

 

サギナの画像(写真)!

 

フワフワとした葉が特徴的なサギナは、茎が伸びてきたタイミングで切り戻しが必要になります。

 

夏場の強い日差しには弱いので気おつけてあげましょう。

寒さには強く、マイナス約5℃まで耐えることが出来ます。

 

サギナの写真はこちらになります。

 

次に、サギナの開花時期をお伝えします!

 

サギナの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

サギナは明るい緑色と濃いめの緑色の二種類の品種がありグランドカバーとして人気となります。

 

サギナの開花時期は初夏時期の5月頃から真夏時期の8月頃までとなります。

サギナの白い花色のサギナは2cm程と小さくて可愛らしい植物となります。

 

次に、サギナの苗の植え付けのポイントをお伝えします。

 

サギナの苗の植え付けのポイントは?

 

サギナの苗を植え付ける時は日当たりの良い場所を選んであげましょう。

 

横に広がって成長していく品種となりますので、苗の植え付け場所は広めに確保してください。

植え付けの適時期は春時期の3月頃から初夏時期の5月頃となります。

 

次に、サギナの鉢植えで育てるポイントをお伝えします。

 

サギナの鉢植えのポイントは?

 

横に広がって成長するサギナを鉢植えで育成するのであれば、できるだけ大きめの鉢を選んでください。

 

鉢植えで育成する時は水やりを行うことで受け皿に溜まった水を貯めておかないようにしてください。

鉢は陽の当たる窓際で育成を行ってあげましょう。

 

次に、サギナの地植えで育てる際のポイントをお伝えします。

 

サギナの地植え(花壇)のポイントは?

 

 

地植えでサギナを育成する場合は風通しと水ハケが良い環境つくりをしてあげましょう。

 

植え付けを行う前に腐葉土や川砂などよく混ぜ合わせて水ハケがより良くなるようにすると良いでしょう。

横に成長していく植物となりますので、株間は最低でも20cmは空けるようにしてください。

 

さて、サギナを大きくするのにはどのように育てたらいいのでしょうか?

次は、サギナを大きくするにはどのようにすればいいのかをお伝えします。

 

サギナを大きくするにはどうしたらいいの?

 

サギナを大きく成長するためには、鉢植えでの育成ですと大きめの鉢に植え付けてあげましょう。

 

そして、サギナが成長してきてからは早めに植え替えを行ってください。

高温多湿の環境は苦手としますので風通しの良い半日陰の環境で肥料を適度に与えればより大きく成長します。

 

次に、サギナの植え替えのポイントをお伝えします。

 

サギナの植え替えのポイントは?

 

 

サギナは横にどんどん広がっていく植物ですので、植え替えを行う必要があります。

 

植え替えは少なくても1年に1度は行ってあげましょう。

根詰まりを起こしやすい植物となりますので、注意して植え替えをしてください。

 

次に、サギナの寄せ植えのポイントをお伝えします。

 

サギナの寄せ植えの仕方!

 

サギナは、グランドカバーとして人気の高い品種となりますが、個性的な姿は寄せ植えとしてもオススメとなります。

 

寄せ植えに使用されている植物は、ハボタンやビオラなどがありますが中にはアスパラと一緒に植え付けをするパターンもあります。

他の品種との組み合わせも相性は良いのですが、濃い緑色と明るい緑色のサギナを組み合わせた寄せ植えも魅力的です。

 

次に、サギナの剪定のポイントをお伝えします。

 

サギナの剪定のポイントは?

 

 

サギナは風通しの悪い状態で育てていると湿度が逃げにくくなり株が弱ってしまいます。

 

ですので茎が成長してきたタイミングで剪定を行う必要があります。

剪定を行わずに放置しておくと病気や害中の影響で枯れてしまいますので注意してください。

 

次は、サギナの増やし方をお伝えします。

 

サギナの増やし方!

 

サギナは他の植物と比べて比較的増やすことが簡単な品種となります。

 

サギナを増やす時は株分けを行ってください。

株分けをする時は根を傷つけないようにじゅうぶん気おつけてあげましょう。

 

まずは、サギナの種まきのポイントからお伝えします。

 

サギナの種まき時期と種まきのポイントは?

 

サギナはとても小さな花を咲かせる植物となります。

 

小さな花からは種を採取することは困難となりますので種から育成することはできません。

育成を行う時は苗からの植え付けを行ってあげましょう。

 

次に、サギナの株分けのやり方をお伝えします。

 

サギナの株分けのやり方は?

 

 

サギナは株分けで増やすことが可能な植物となります。

株分けの適時期は春時期の3月頃から初夏時期の5月頃、もしくは秋時期の9月頃から10月頃に行いましょう。

 

サギナは手もしくはナイフで切り分け、植え付けの時と同じように植えてあげましょう。

 

次に、サギナの枯れる原因と対策方法をお伝えします。

 

サギナの枯れる(枯れた)原因と対策方法は?

 

サギナは高温多湿の環境に非常に弱い植物となりますので、湿度の多く含んだ環境で育成をしていると株が弱ってしまい最悪枯れてしまいます。

 

ですので、必ず風通しの良い環境でサギナの育成を行ってください。

また、害虫がたくさんついてしまう植物ですので、養分や葉を取られてしまい枯れてしまうことがありますのですぐに取り除いてください。

 

次に、サギナのかかりうる病気や害虫の対策方法をお伝えします。

 

サギナのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

サギナは害虫や病気になりやすい品種となります。

 

害虫としては、ダンゴムシやナメクジがサギナの葉や根を食害しますので見つけ次第駆除してください。

その他にも葉や茎の養分を吸い取るアブラムシなども着くことがあり、その事が原因で株が病気になってしまいますので注意してください。

 

最後に、サギナの販売価格をお伝えします。

 

サギナの販売価格はいくらぐらいなの?

 

白く可愛らしい花が特徴のサギナは、柔らかそうな葉も魅力的となります。

 

グランドカバーとしても人気があり、店舗だけでなく通販でも購入することが可能です。

サギナの一般的な価格は約250円から500円となります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

サギナのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは16個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①サギナの育て方(環境、土、肥料、水やり)

高温多湿の環境を苦手とするサギナは、半日陰での育成が好ましい植物です。

暑い夏時期の気温には弱く最悪枯れてしまいますので、朝夕に水を与えてください。

植え付けを行った後に水やりを行ってから約2週間は水やりを控えてください。

 

②サギナの画像(写真)!

フワフワとした葉が特徴的なサギナは、茎が伸びてきたタイミングで切り戻しが必要になります。

夏場の強い日差しには弱いので気おつけてあげましょう。

寒さには強く、マイナス約5℃まで耐えることが出来ます。

 

③サギナの開花時期や季節はいつ頃なの?

サギナは明るい緑色と濃いめの緑色の二種類の品種がありグランドカバーとして人気となります。

サギナの開花時期は初夏時期の5月頃から真夏時期の8月頃までとなります。

サギナの白い花色のサギナは2cm程と小さくて可愛らしい植物となります。

 

④サギナの苗の植え付けのポイントは?

サギナの苗を植え付ける時は日当たりの良い場所を選んであげましょう。

横に広がって成長していく品種となりますので、苗の植え付け場所は広めに確保してください。

植え付けの適時期は春時期の3月頃から初夏時期の5月頃となります。

 

⑤サギナの鉢植えのポイントは?

横に広がって成長するサギナを鉢植えで育成するのであれば、できるだけ大きめの鉢を選んでください。

鉢植えで育成する時は水やりを行うことで受け皿に溜まった水を貯めておかないようにしてください。

鉢は陽の当たる窓際で育成を行ってあげましょう。

 

⑥サギナの地植え(花壇)のポイントは?

地植えでサギナを育成する場合は風通しと水ハケが良い環境つくりをしてあげましょう。

植え付けを行う前に腐葉土や川砂などよく混ぜ合わせて水ハケがより良くなるようにすると良いでしょう。

横に成長していく植物となりますので、株間は最低でも20cmは空けるようにしてください。

 

⑦サギナを大きくするにはどうしたらいいの?

サギナを大きく成長するためには、鉢植えでの育成ですと大きめの鉢に植え付けてあげましょう。

そして、サギナが成長してきてからは早めに植え替えを行ってください。

高温多湿の環境は苦手としますので風通しの良い半日陰の環境で肥料を適度に与えればより大きく成長します。

 

⑧サギナの植え替えのポイントは?

サギナは横にどんどん広がっていく植物ですので、植え替えを行う必要があります。

植え替えは少なくても1年に1度は行ってあげましょう。

根詰まりを起こしやすい植物となりますので、注意して植え替えをしてください。

 

⑨サギナの寄せ植えの仕方!

グランドカバーとして人気の高い品種となりますが、個性的な姿は寄せ植えとしてもオススメとなります。

寄せ植えに使用されている植物は、ハボタンやビオラなどがありますが中にはアスパラと一緒に植え付けをするパターンもあります。

他の品種との組み合わせも相性は良いのですが、濃い緑色と明るい緑色のサギナを組み合わせた寄せ植えも魅力的です。

 


⑩サギナの剪定のポイントは?

サギナは風通しの悪い状態で育てていると湿度が逃げにくくなり株が弱ってしまいます。

ですので茎が成長してきたタイミングで剪定を行う必要があります。

剪定を行わずに放置しておくと病気や害中の影響で枯れてしまいますので注意してください。

 

⑪サギナの増やし方!

サギナは他の植物と比べて比較的増やすことが簡単な品種となります。

サギナを増やす時は株分けを行ってください。

株分けをする時は根を傷つけないようにじゅうぶん気おつけてあげましょう。

 

⑫サギナの種まき時期と種まきのポイントは?

サギナはとても小さな花を咲かせる植物となります。

小さな花からは種を採取することは困難となりますので種から育成することはできません。

育成を行う時は苗からの植え付けを行ってあげましょう。

 

⑬サギナの株分けのやり方は?

サギナは株分けで増やすことが可能な植物となります。

株分けの適時期は春時期の3月頃から初夏時期の5月頃、もしくは秋時期の9月頃から10月頃に行いましょう。

サギナは手もしくはナイフで切り分け、植え付けの時と同じように植えてあげましょう。

 

⑭サギナの枯れる(枯れた)原因と対策方法は?

サギナは高温多湿の環境に非常に弱い植物となりますので、湿度の多く含んだ環境で育成をしていると株が弱ってしまい最悪枯れてしまいます。

ですので、必ず風通しの良い環境でサギナの育成を行ってください。

また、害虫がたくさんついてしまう植物ですので、養分や葉を取られてしまい枯れてしまうことがありますのですぐに取り除いてください。

 

⑮サギナのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

サギナは害虫や病気になりやすい品種となります。

害虫としては、ダンゴムシやナメクジがサギナの葉や根を食害しますので見つけ次第駆除してください。

その他にも葉や茎の養分を吸い取るアブラムシなども着くことがあり、その事が原因で株が病気になってしまいますので注意してください。

 

⑯サギナの販売価格はいくらぐらいなの?

白く可愛らしい花が特徴のサギナは、柔らかそうな葉も魅力的となります。

グランドカバーとしても人気があり、店舗だけでなく通販でも購入することが可能です。

サギナの一般的な価格は約250円から500円となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)