【メタカラコウのまとめ!】オタカラコウとの違いや花言葉等5個のポイント!

 

みなさんこんにちは。

今回は、メタカラコウについてまとめていきたいと思います。

 

メタカラコウはキク科メタカラコウ属の多年草で、漢字では雌宝香と書きます。

 

本州、四国、九州に分布し、山地や深山のやや湿った草地、林縁に自生しています。

学名は「Ligularia stenocephala (Maxim.) Matsum. et Koidz.」です。

 

今回は、メタカラコウについてのポイント、

①メタカラコウの画像(写真)!花や葉の特徴は?
②メタカラコウの開花時期や季節はいつ頃なの?
③メタカラコウの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
④メタカラコウに似た花は何がある?オタカラコウとの違いはなに?
⑤メタカラコウの花言葉はなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずは、メタカラコウの写真をお見せします!

 

メタカラコウの画像(写真)!花や葉の特徴は?

 

 

メタカラコウは、根から根出葉という長い葉柄がある葉を出します。

根出葉は径20~40cmの矢じり型で縁は鋸歯状です。

 

茎につく葉の葉柄は短く茎を抱くようにつきます。

花は黄色の舌状花で、60~100cmの花茎の頂上に房状に咲きます。

次に、メタカラコウの開花時期をお伝えします!

 

メタカラコウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

メタカラコウの花期は6月~9月で、茎の上部に黄色い頭花を総状につけます。

総状花序の下から上へ開花していきます。

 

次は、メタカラコウの値段や販売価格をお伝えします!

 

メタカラコウの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

メタカラコウは山野草として売られており、12cmポットで500円~1,000円程度です。

 

次に、メタカラコウに似た花をお伝えします!

 

メタカラコウに似た花は何がある?オタカラコウとの違いはなに?

 

メタカラコウと似た花にオタカラコウカイタカラコウがあります。

 

メタカラコウとオタカラコウは花と葉で見分けます。

オタカラコウは葉が長さ約30㎝の腎円形で、花序がメタカラコウより大きく、舌状花が5~9個つくのに対して、メタカラコウは1個から3個程度しかなく全体的に小ぶりな花になります。

 

カイタカラコウは花序が短く、頭花は4~11個です。

根生葉は長さ10~20㎝のほこ形、基部が尖らないため簡単に見分けがつきます。

 

それでは最後に、メタカラコウの花言葉をお伝えします!

 

メタカラコウの花言葉はなに?

 

メタカラコウの花言葉は「私にさわらないで」です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

メタカラコウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①メタカラコウの画像(写真)!花や葉の特徴は?

メタカラコウは根出葉は径20~40cmの矢じり型で縁は鋸歯状です。

茎につく葉の葉柄は短く茎を抱くようにつきます。

花は黄色の舌状花で、60~100cmの花茎の頂上に房状に咲きます。

 

②メタカラコウの開花時期や季節はいつ頃なの?

メタカラコウの花期は6月~9月で、茎の上部に黄色い頭花を総状につけます。

 

③メタカラコウの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

メタ形鋼の販売価格は12cmポットで500円~1,000円程度です。

 

④メタカラコウに似た花は何がある?オタカラコウとの違いはなに?

メタカラコウと似た花にオタカラコウカイタカラコウがあります。

オタカラコウは葉が長さ約30㎝の腎円形で、花序がメタカラコウより大きく、舌状花が5~9個つくのに対して、メタカラコウは1個から3個程度しかなく全体的に小ぶりな花になります。

 

⑤メタカラコウの花言葉はなに?

メタカラコウの花言葉は「私にさわらないで」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)