【ヒナキキョウソウのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等4個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヒナキキョウソウについてまとめていきたいと思います。

 

桔梗によく似た花姿を持つ、控えめでたおやかなヒナキキョウソウ。

 

「ヒナキキョウソウについてもっと知りたい!」「ヒナキキョウソウを育ててみたい!」

そんな思いを持つ方々のために、ここではについての様々な事柄をご紹介していきます!

 

今回は、ヒナキキョウソウについてのポイント、

①ヒナキキョウソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヒナキキョウソウの画像(写真)!特徴は?
③ヒナキキョウソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヒナキキョウソウの花言葉はなに?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはヒナキキョウソウの育て方からお伝えします!

 

ヒナキキョウソウの育て方は?

 

ヒナキキョウソウは比較的丈夫な植物です。

 

道端などにも自生する姿が見られることからも、その丈夫さがお分かりいただけると思います。

だからといって、お世話を疎かにしてはいけません。

 

栽培のためにはどんなことを参考にすればよいのか、ご一緒に確認していきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヒナキキョウソウが好む環境についてお伝えします!

 

ヒナキキョウソウの育て方!環境はどうする?

 

ヒナキキョウソウは基本的に日なたで栽培します。

 

日陰では栽培することができません。

元種のキキョウからして日光を好む植物なので、日陰に置くとすぐ元気がなくなってしまいます。

 

植物の中には「半日陰」「明るい日陰」で育てることが推奨されているものが多くありますが、そういった種類の植物と混同しないよう注意してください。

 

次は、ヒナキキョウソウに適した用土についてお伝えします!

 

ヒナキキョウソウを育てる際の適した用土は何?

 

ヒナキキョウソウは丈夫な植物ですので、あまり土質を選びません。

 

水はけがよいかどうかという点にのみ留意すれば、他はそこまでこだわらなくても大丈夫です。

赤玉土小粒と腐葉土を7:3の割合で混ぜた定番の用土はもちろん、市販の草花用培養土を使用しても問題ありません。

 

また、庭植えの際には10 〜20cm程度盛り土をしてから植えると、根腐れなどの心配がなくなりますよ。

 

次は、ヒナキキョウソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヒナキキョウソウの育て方!肥料はどうする?

 

5月〜6月は油かすと骨粉を等量配合した親指程度の大きさのものを、1月に1度、3~4個与えます。

 

6月〜8月の間は、三要素等量の液肥を2000倍に薄め、1月に2~3回与えます。

すでにお伝えしましたようにヒナキキョウソウは元から丈夫な植物ですので、肥料の与えすぎはかえって生育不良を引き起こす可能性もあります。

 

こまめに様子をチェックしつつ、肥料を与える頻度も調節してあげてくださいね。

 

では次は、ヒナキキョウソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヒナキキョウソウを育てる際の水の量はどうする?

 

ヒナキキョウソウを鉢植えで育てる場合は「土の表面が乾いている」と感じたら水やりをしてください。

 

庭植えの場合は、基本的に雨に任せて大丈夫です。

ただしあまりにも乾燥した天気が続く際は、人の手で水を与えてくださいね。

 

以上で基本的なヒナキキョウソウの育て方については終わりです。

次はヒナキキョウソウの写真をお見せします!

 

ヒナキキョウソウの画像(写真)!特徴は?

 

 

ヒナキキョウソウはキキョウ科キキョウソウ属の一年草です。

キキョウ、漢字で書くと「桔梗」という植物は、知っている方が多いのではないでしょうか。

 

ヒナキキョウソウは桔梗草なので、厳密には桔梗そのものではないのですが、姿はよく似ています。

 

ヒナキキョウソウは漢字では「雛桔梗草」と書きます。

いかにも和風、といった素敵な名前ですよね。

 

ところがこのヒナキキョウソウ、なんと原産地は北アメリカ!

 

1931年に横浜で帰化が報告されてから、日本各地でぽつぽつと姿が見られるようになりました。

実は遠い地からの旅人だったんですね。

 

特に珍しい花というわけではなく、道端などでも自生しています。

お見かけすることがあれば、ぜひ間近で観察してみてはいかがでしょうか。

 

次に、ヒナキキョウソウの開花時期をお伝えします!

 

ヒナキキョウソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヒナキキョウソウの開花期は5〜8月です。

比較的長期間なので、じっくりと花姿を楽しむことができそうですね!

 

最後に、ヒナキキョウソウの花言葉をお伝えします!

 

ヒナキキョウソウの花言葉はなに?

 

ヒナキキョウソウの花言葉は「陽気」「明るい」です。

 

控えめな花姿からは少し意外に思える花言葉ではないでしょうか。

北アメリカという本来の出生地の面影を感じられて、なんだか微笑ましくなりますね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヒナキキョウソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヒナキキョウソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヒナキキョウソウは基本的に日なたで栽培します。

日陰では栽培することができません。

ヒナキキョウソウは丈夫な植物ですので、あまり土質を選びません。

赤玉土小粒と腐葉土を7:3の割合で混ぜた定番の用土はもちろん、市販の草花用培養土を使用しても問題ありません。

5月〜6月は油かすと骨粉を等量配合した親指程度の大きさのものを、1月に1度、3~4個与えます。

6月〜8月の間は、三要素等量の液肥を2000倍に薄め、1月に2~3回与えます。

鉢植えの場合は「土の表面が乾いている」と感じたら水やりをしてください。

庭植えの場合は、基本的に雨に任せて大丈夫です。

 

②ヒナキキョウソウの画像(写真)!特徴は?

ヒナキキョウソウはキキョウ科キキョウソウ属の一年草です。

ヒナキキョウソウは漢字では「雛桔梗草」と書きます。

ところがこのヒナキキョウソウ、なんと原産地は北アメリカ!

実は遠い地からの旅人だったんですね。

特に珍しい花というわけではなく、道端などでも自生しています。

 

③ヒナキキョウソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヒナキキョウソウの開花期は5〜8月です。

 

④ヒナキキョウソウの花言葉はなに?

ヒナキキョウソウの花言葉は「陽気」「明るい」です。

 

遠い地からはるばるやってきた、小柄でしとやかな姿が魅力のヒナキキョウソウ。

この記事を参考にして、ぜひお手元で愛でてみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)