【サクラウツギのまとめ!】育て方(剪定や挿し木)と花言葉等9個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、サクラウツギについてまとめていきたいと思います。

 

他の植物と比べて寒さには強い品種であるサクラウツギは、低木の形態である落葉性の植物となります。

 

環境は生け垣での育成に向いていますので、初心者の方でも育てやすくオススメな品種となります。

サクラウツギなどのウツギの花は、頭文字からとって卯の花と呼ばれています。

 

今回はサクラウツギについてのポイント、

①サクラウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サクラウツギの画像(写真)!
③サクラウツギの開花時期や季節はいつ頃なの?
④サクラウツギの苗の植え付けのポイントは?
⑤サクラウツギの地植え(庭植え)のポイントは?
⑥サクラウツギの剪定(切り戻し)のポイントは?
⑦サクラウツギの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?
⑧サクラウツギの花言葉はなに?
⑨サクラウツギの販売価格はいくらぐらいなの?

 

以上9つの点についてお伝えします。

まずはサクラウツギの育て方からお伝えします!

 

サクラウツギの育て方は?

 

 

サクラウツギは落葉性の植物で、耐寒性や耐暑性が強い植物です。

生け垣に向いていて、初心者でも比較的育てやすい品種となります。

 

鉢植えで育てる場合では、3年に1度の割合で植え替えを行う必要があります。

植え替えの時期は冬時期の1月~2月頃に行ってください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、サクラウツギが好む環境についてお伝えします!

 

サクラウツギの育て方!環境はどうする?

 

サクラウツギは通気性と水ハケが良い環境を好む植物となります。

 

また、程よい湿度のある場所での育成をオススメしますが、粘土質の土壌でも耐えることができます。

耐暑性や耐寒性に強い植物ですので初心者の方でも育成のしやすい植物です。

 

次は、サクラウツギに適した用土についてお伝えします!

 

サクラウツギを育てる際の適した用土は何?

 

 

サクラウツギは日当たりが良く少し湿った環境での育成を好みますが、乾燥するところにも耐えます。

 

ですので、用土は通気性と水ハケが良いもの、そして適度に湿度を保つ用土を選んであげましょう。

少し粘土質の土壌でも耐えることはできますが、自身で用土を作るときは赤玉土の小粒タイプを5割、腐葉土は2割に黒土を3割で混ぜ合わせてください。

 

次は、サクラウツギに必要な肥料についてお伝えします!

 

サクラウツギの育て方!肥料はどうする?

 

 

サクラウツギの肥料を与える時期は、晩秋から冬時期である11月〜2月頃が適時期となります。

 

株のまわりに複数箇所深めに穴を掘っておき堆肥など有機物と緩効性化成肥料を良く混ぜ合わせた肥料を与えましょう。

また、花の開花時期を終えてからの時期も適時期となり、お礼肥として化成肥料を土の深いところに施してください。

 

では次は、サクラウツギの水やりポイントについてお伝えします!

 

サクラウツギを育てる際の水の量はどうする?

 

 

サクラウツギは風通しと水ハケの良い場所での育成を好む品種となります。

庭植えでサクラウツギを育成する場合は、水やりを行わなくてもじゅうぶん育ちますので必要はありません。

 

ただし園芸品種の育成を行う場合は、真夏の暑い時期に水切れをしないように注意して朝の時点でたっぷりと与えてください。

 

以上で基本的なサクラウツギの育て方については終わりです。

次はサクラウツギの写真をお見せします!

 

サクラウツギの画像(写真)!

 

園芸分類は庭木や花木となるサクラウツギは、初夏の風物詩とされてきている植物となります。

 

4月の旧暦である卯月は、卯の花の咲く季節という意味からつけられています。

サクラウツギは漢字で桜空木と書きますが、ピンクの桜のような花びらが美しいことが特徴的です。

 

サクラウツギの写真はこちらになります。

 

次は、サクラウツギの開花時期や季節はいつ頃かについてお伝えします!

 

サクラウツギの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

サクラウツギの開花時期は初夏の5月中旬~6月上旬頃となります。

 

この時期になると、ピンクの絞り模様の花柄が庭をより魅力的に演出します。

5枚の花弁をもつ品種が多いのですが、八重咲きの品種もあり、可憐で美しい花姿はとても華やかです。

 

次は、サクラウツギの植え付けのポイントについてお伝えします!

 

サクラウツギの苗の植え付けのポイントは?

 

育成が旺盛であるサクラウツギの植え付けはできるだけ鉢植えではなく、庭植えで行うことをオススメします。

 

適時期は真冬の寒い時期である12月〜初春の3月頃となります。

 

植え付けを行う前に、植え穴をつくった中に腐葉土などの有機物をを施してください。

植え付け後は数年に1度の間隔で植え替えをしてあげましょう。

 

次は、サクラウツギの地植えのポイントについてお伝えします!

 

サクラウツギの地植え(庭植え)のポイントは?

 

 

サクラウツギを庭植えで育成する場合は、基本的に水やりを行う必要はありません。

 

サクラウツギを庭へ植え付ける時は、冬時期の12月~3月頃に行ってあげましょう。

植え付けを行う前に、植え穴の底へ腐葉土などの有機物を施してあげてから植え付けを行ってください。

 

次は、サクラウツギの剪定のポイントについてお伝えします!

 

サクラウツギの剪定(切り戻し)のポイントは?

 

サクラウツギの剪定時期は晩秋から冬時期の12月~3月上旬に行ってあげましょう。

 

もしくは花時期が終えてからの6月中旬に伸びている枝を切り詰めてあげてください。

7月中旬頃になると、花芽ができ始めてきますので、強い剪定はしないように心がけて徒長枝や込み枝、からみ枝を剪定してください。

 

次は、サクラウツギの挿し木のやり方についてお伝えします!

 

サクラウツギの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

 

サクラウツギは挿し木で増やすことが可能な植物となります。

 

挿し木の適時期は前年の枝を4月頃に挿し木として育成するか、もしくは剪定を行うタイミングでもある6月〜7月頃に行ってください。

 

枝を約15cmほどに切って挿し穂にして、清潔な赤玉土に挿してあげましょう。

葉は2枚だけにして、葉は半分のところで切ってください。

 

次は、サクラウツギの花言葉についてお伝えします!

 

サクラウツギの花言葉はなに?

 

 

サクラウツギは、標高約1200m以上の環境でも元気に生きているので耐寒性の強さがあることが証明されています。

 

見た目がとても美しいサクラウツギは和名で桜空木となりますが、ウツギという名前は茎が中空になっていることが由来となります。

また、耐暑性もある強い植物であることから、強くある一方で優しさも持つことから気品という花言葉が付けられています。

 

次は、サクラウツギの販売価格についてお伝えします!

 

サクラウツギの販売価格はいくらぐらいなの?

 

 

ウツギの品種であるサクラウツギは5枚の花弁をもつ一重咲きの植物となります。

 

サクラウツギ柔らかい雰囲気は風に優しく揺れる姿がとても魅力的で可憐となります。

サクラウツギの苗は安価なものでは500円程度で購入することができますが、大きく成長した株ですと10,000円程度のものもあります。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

サクラウツギのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①サクラウツギの育て方(環境、土、肥料、水やり)

サクラウツギは落葉性の植物で、耐寒性や耐暑性が強い植物です。

生け垣に向いていて、初心者でも比較的育てやすい品種となります。

鉢植えでの育成では、3年に1度の割合で植え替えを行う必要があります。

植え替えの時期は冬時期の1月~2月頃に行ってください。

 

②サクラウツギの画像(写真)!

園芸分類は庭木や花木となるサクラウツギは、初夏の風物詩とされてきている植物となります。

4月の旧暦である卯月は、卯の花の咲く季節という意味からつけられています。

サクラウツギは漢字で桜空木と書きますが、ピンクの桜のような花びらが美しいことが特徴的です。

 

③サクラウツギの開花時期や季節はいつ頃なの?

サクラウツギの開花時期は初夏の5月中旬~6月上旬頃となります。

この時期になると、ピンクの絞り模様の花柄が庭をより魅力的に演出します。

5枚の花弁をもつ品種が多いのですが、八重咲きの品種もあり、可憐で美しい花姿はとても華やかです。

 

④サクラウツギの苗の植え付けのポイントは?

育成が旺盛であるサクラウツギの植え付けはできるだけ鉢植えではなく、庭植えで行うことをオススメします。

適時期は真冬の寒い時期である12月〜初春の3月頃となります。

植え付けを行う前に、植え穴をつくった中に腐葉土などの有機物をを施してください。

植え付け後は数年に1度の間隔で植え替えをしてあげましょう。

 

⑤サクラウツギの地植え(庭植え)のポイントは?

サクラウツギを庭植えで育成する場合は、基本的に水やりを行う必要はありません。

サクラウツギを庭へ植え付ける時は、冬時期の12月~3月頃に行ってあげましょう。

植え付けを行う前に、植え穴の底へ腐葉土などの有機物を施してあげてから植え付けを行ってください。

 

⑥サクラウツギの剪定(切り戻し)のポイントは?

サクラウツギの剪定時期は晩秋から冬時期の12月~3月上旬に行ってあげましょう。

もしくは花時期が終えてからの6月中旬に伸びている枝を切り詰めてあげてください。

7月中旬頃になると、花芽ができ始めてきますので、強い剪定はしないように心がけて徒長枝や込み枝、からみ枝を剪定してください。

 

⑦サクラウツギの挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

サクラウツギは挿し木で増やすことが可能な植物となります。

挿し木の適時期は前年の枝を4月頃に挿し木として育成するか、もしくは剪定を行うタイミングでもある6月〜7月頃に行ってください。

枝を約15cmほどに切って挿し穂にして、清潔な赤玉土に挿してあげましょう。

葉は2枚だけにして、葉は半分のところで切ってください。

 

⑧サクラウツギの花言葉はなに?

サクラウツギは、標高約1200m以上の環境でも元気に生きているので耐寒性の強さがあることが証明されています。

見た目がとても美しいサクラウツギは和名で桜空木となりますが、ウツギという名前は茎が中空になっていることが由来となります。

また、耐暑性もある強い植物であることから、強くある一方で優しさも持つことから気品という花言葉が付けられています。

 

⑨サクラウツギの販売価格はいくらぐらいなの?

ウツギの品種であるサクラウツギは5枚の花弁をもつ一重咲きの植物となります。

サクラウツギ柔らかい雰囲気は風に優しく揺れる姿がとても魅力的で可憐となります。

サクラウツギの苗は安価なものでは500円程度で購入することができますが、大きく成長した株ですと10,000円程度のものもあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)