【ヨウシュヤマゴボウのまとめ!】育て方(種まきや苗の植え付け)と花言葉等11個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヨウシュヤマゴボウについてまとめていきたいと思います。

 

ヨウシュヤマゴボウは、別名【アメリカヤマゴボウ】で、【ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属】になります。

学名は、【Phytolacca americana】であり、【北アメリカ原産】の植物です。

 

今回は、ヨウシュヤマゴボウについてのポイント、

①ヨウシュヤマゴボウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヨウシュヤマゴボウの画像(写真)!特徴は?花や実はどんな感じ?
③ヨウシュヤマゴボウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヨウシュヤマゴボウの苗の植え付けのポイントは?
⑤ヨウシュヤマゴボウの種まき時期と種まきのポイントは?
⑥ヨウシュヤマゴボウの遊び方!染物(草木染め)の染め方やドライフラワーの作り方など
⑦ヨウシュヤマゴボウを駆除したい!おすすめの除草剤は?
⑧ヨウシュヤマゴボウの販売場所は?どこで買える?
⑨ヨウシュヤマゴボウに毒性はある?解毒方法は?
⑩ヨウシュヤマゴボウの花言葉はなに?
⑪ヨウシュヤマゴボウに似た植物は?ヤマゴボウとの違いは何?

 

以上11個の点についてお伝えします。

まずはヨウシュヤマゴボウの育て方からお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウの育て方は?

 

ヨウシュヤマゴボウの育て方は、良い環境作りが大切です。

 

ただ、用土や肥料、水やりは、それほどの労力はかかりません。

基本的なことを少しだけすれば、生育は上手くいきますので、参考にしてみてください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヨウシュヤマゴボウが好む環境についてお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウの育て方!環境はどうする?

 

ヨウシュヤマゴボウは、【日当たりの良い場所】で栽培してあげましょう。

 

ですが、日当たりの悪い場所でも育ちます(生命力が強いため)ので、あまり神経質にはならないで大丈夫です。

できるだけ、日当たりを意識しておけばいいです。

 

そして、屋内での栽培は適しませんので、鉢植え時でも屋外での栽培をしましょう。

 

次は、ヨウシュヤマゴボウに適した用土についてお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウを育てる際の適した用土は何?

 

ヨウシュヤマゴボウの用土は、基本的には選ぶ必要はなく、こだわらなくてOKです。

 

ただ、鉢植えの場合は、【山野草用土(市販)】【混合用土(鹿沼土・赤玉土)】を使用するといいでしょう。

用土は絶対にこうだ!という制限は必要ありませんので、安心してください。

 

次は、ヨウシュヤマゴボウに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウの育て方!肥料はどうする?

 

ヨウシュヤマゴボウの【肥料は不要】です。

 

もし、生育が上手く出来ていないと感じたら、【緩行性の肥料】をあげてみてください。

肥料に関しても、こだわらなくてOKです。

 

では次は、ヨウシュヤマゴボウの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウを育てる際の水の量はどうする?

 

ヨウシュヤマゴボウの水やりは、地植えと鉢植えで多少違います。

 

地植えの場合は、【水やりは不要】で、鉢植えの場合は、【土が乾燥している場合のみ】与えましょう。

あまり手がかからないので、気楽に育てることができます。

 

以上で基本的なヨウシュヤマゴボウの育て方については終わりです。

次はヨウシュヤマゴボウの写真をお見せします!

 

ヨウシュヤマゴボウの画像(写真)!特徴は?花や実はどんな感じ?

 

ヨウシュヤマゴボウの高さは、【1~2m】で、赤みのある茎をしています。(茎は太め!)

 

 

葉は、長楕円形で尖った形をしており、長さは、【10~30cm】になります。

 

果期になると、花序は垂れるようになり、長い柄があることも特徴の1つになります。

果実は、黒紫色になっています。

 

 

花の色は、白色がベースになり、紅色が少し混じっている色のものもあります。

 

次に、ヨウシュヤマゴボウの開花時期をお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヨウシュヤマゴボウの開花時期は、【6~9月】の夏から秋にかけての季節になります。

 

白の可愛らしい花を咲かせてくれます。

中には、淡い紅色のものもあります。

 

次は、ヨウシュヤマゴボウの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウの苗の植え付けのポイントは?

 

ヨウシュヤマゴボウの植え付け時期は、【3月〜5月】です。

 

植え付け時期は、【苗が小さい時】がいいです。

また、勢いよく育つ時期が、【6月〜9月】になり、植え替え時期にはオススメできないタイミングでもあります。

 

なので、植え替え時期は、地上部枯れる冬の時期にするのがいいでしょう。

 

それでは次に、ヨウシュヤマゴボウの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ヨウシュヤマゴボウの種まき時期は、【3月〜4月、10月〜11月】で、方法は2つになります。

 

種は、秋に成熟した実の中から取出して、まいていく方法が1つです。

また、まく時期は翌春になりますが、乾燥をさけるために冷蔵庫に入れておいた種をまきます。

 

次は、ヨウシュヤマゴボウの遊び方をお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウの遊び方!染物(草木染め)の染め方やドライフラワーの作り方など

 

ヨウシュヤマゴボウの染物(草木染め)の染め方は、実際に写真を見ながらの手順がいいと思います。

 

ですので、こちらの下記の体験ブログを読んでみてください。

 

ヨウシュヤマゴボウ単独のドライフラワーの作り方は見つかりませんでした。

ですので、一般的なドライフラワーの作り方のサイトを引用させていただきます。

《※引用:https://lovegreen.net/driedflower/p142004/3/》

 

次に、ヨウシュヤマゴボウにおすすめの除草剤をお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウを駆除したい!おすすめの除草剤は?

 

ヨウシュヤマゴボウの駆除に役立つ除草剤は、【浸透性除草剤】です。

 

【ラウンドアップ】を30倍で薄めてまいていくと除去できます。

ただ、強力な力があるので、ガーデニングをしている方は、他の植物にかからないようにしましょう。

 

テクニックとしては、溶液を濃いめに溶かして霧吹きとしてヨウシュヤマゴボウだけに噴射しましょう。

 

次は、ヨウシュヤマゴボウの販売場所をお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウの販売場所は?どこで買える?

 

ヨウシュヤマゴボウは、楽天市場などの通販サイトで手に入れることができます。

 

《【生花】ヤマゴボウ 1M程度》が、《価格 1,410円 (税込)》となっています。

お時間があるときにでも、覗いてみてください。

 

それでは次に、ヨウシュヤマゴボウに毒性はあるかをお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウに毒性はある?解毒方法は?

 

ヨウシュヤマゴボウは有毒ですので、気をつけてください。

 

根っこが特に毒性が強く、それから順番に、茎、そして、果実という風に毒性は落ちていきます。

ですが、果実の種部分は毒性が強いので意識しておきましょう。

 

ブルーベリーと間違って、食べてしまったという事故もあるようなので、気をつけましょう。

 

次は、ヨウシュヤマゴボウの花言葉をお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウの花言葉はなに?

 

ヨウシュヤマゴボウの花言葉は、【野生】【元気】【内縁の妻】です。

 

誕生花は、【9月16日】で、英語では、【Pokeweed】といいます。

野生でグングン育っていくことから花言葉の由来があるようですが、他は不明な部分があります。

 

それでは最後に、ヨウシュヤマゴボウに似た植物をお伝えします!

 

ヨウシュヤマゴボウに似た植物は?ヤマゴボウとの違いは何?

 

ヨウシュヤマゴボウとヤマゴボウの簡単な違いは【大きさ】です。

 

ヨウシュヤマゴボウは全体が大きく、根っこも大きいです。

ヤマゴボウは山菜であり、草丈は【1m】ほどになります。(根が細い)

 

近縁種のヤマゴボウの場合、子房が8溝になっており、分果します。(8つに分かれる)

ヨウシュヤマゴボウは10溝の垂れた子房で、ブドウ状になっています。(黒紫色の子房)

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヨウシュヤマゴボウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヨウシュヤマゴボウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヨウシュヤマゴボウは、【日当たりの良い場所】で育てます。

日当たりの悪い場所でも育ちます。→(生命力が強い)

そして、屋内での栽培は適さないので、鉢植え時は、屋外での栽培になります。

ヨウシュヤマゴボウの用土は、選ぶ必要はありません。

鉢植えの場合は、【山野草用土(市販)】、【混合用土(鹿沼土・赤玉土)】を使用します。

ヨウシュヤマゴボウの【肥料は不要】です。

生育がよくない場合は、【緩行性の肥料】を与えます。

地植えの場合は、【水やりは不要】です。

鉢植えの場合は、【土が乾燥している場合のみ】与えます。

 

②ヨウシュヤマゴボウの画像(写真)!特徴は?花や実はどんな感じ?

ヨウシュヤマゴボウの高さは、【1~2m】で、赤みのある茎が特徴です。(茎は太めです。)

葉は、長楕円形で尖った形状で、長さは、【10~30cm】です。

果期には、花序は垂れ、長い柄があることも特徴です。

果実は、黒紫色です。

花の色は、白色がベースで、紅色が少し混じっている色のものもあります。

 

③ヨウシュヤマゴボウの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヨウシュヤマゴボウの開花時期は、【6~9月】です。(夏~秋)

 

④ヨウシュヤマゴボウの苗の植え付けのポイントは?

ヨウシュヤマゴボウの植え付け時期は、【3月〜5月】です。

植え付け時期は、【苗が小さい時】がタイミングです。

勢いよく育つ時期が、【6月〜9月】で、植え替え時期にはオススメできません。

植え替え時期は、地上部枯れる冬の時期にします。

 

⑤ヨウシュヤマゴボウの種まき時期と種まきのポイントは?

ヨウシュヤマゴボウの種まき時期は、【3月〜4月、10月〜11月】です。

種は、秋に成熟した実の中から取出して、まいていく方法があります。

そして、乾燥をさけるために冷蔵庫に入れておいた種をまいていきます。(翌春)

 

⑥ヨウシュヤマゴボウの遊び方!染物(草木染め)の染め方やドライフラワーの作り方など

参考サイトをご覧ください。

 

⑦ヨウシュヤマゴボウを駆除したい!おすすめの除草剤は?

ヨウシュヤマゴボウの駆除に役立つ除草剤は、【浸透性除草剤】です。

【ラウンドアップ】を30倍で薄めにして使用ください。

 

⑧ヨウシュヤマゴボウの販売場所は?どこで買える?

楽天市場での購入がオススメです。

 

⑨ヨウシュヤマゴボウに毒性はある?解毒方法は?

ヨウシュヤマゴボウは有害です。

 

⑩ヨウシュヤマゴボウの花言葉はなに?

ヨウシュヤマゴボウの花言葉は、【野生】【元気】【内縁の妻】です。

 

⑪ヨウシュヤマゴボウに似た植物は?ヤマゴボウとの違いは何?

ヨウシュヤマゴボウは全体が大きく、根っこも大きいのが特徴です。

ヤマゴボウは、草丈は【1m】ほどで、根が細いです。

近縁種のヤマゴボウは、子房が8溝で、8つに分果します。

ヨウシュヤマゴボウは10溝の垂れた子房で、ブドウ状になっています。(黒紫色の子房)

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)