【タチイヌノフグリのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、タチイヌノフグリについてまとめていきたいと思います。

 

タチイヌノフグリはオオバコ科の植物で、ユーラシア大陸が原産です。

日本各地に帰化し、道端や畑地に分布します。

 

名前の由来は、在来種のイヌノフグリに似ている事と茎が立ち上がるように成長するため”タチイヌのフグリ”と名づけられました。

学名は「Veronica arvensis」といいます。

 

今回は、タチイヌノフグリについてのポイント、

①タチイヌノフグリの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②タチイヌノフグリの画像(写真)!特徴は?
③タチイヌノフグリの開花時期や季節はいつ頃なの?
④タチイヌノフグリに似た花は何がある?フラサバソウとの違いは?
⑤タチイヌノフグリの花言葉はなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはタチイヌノフグリの育て方からお伝えします!

 

タチイヌノフグリの育て方は?

 

タチイヌノフグリは繁殖力が強いため、種まき後は放任でも育ちます。

 

ただし、繁殖しすぎると他の植物へ害を与える可能性があるため管理には注意が必要です。

耐寒性が強いため、特に対処せずに屋外で育てることができます。

 

夏の時期は枯れてしまいますが、地下の茎は生きているため、開花時期と同様に日当たりの良い場所で管理を行います。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、タチイヌノフグリが好む環境についてお伝えします!

 

タチイヌノフグリの育て方!環境はどうする?

 

タチイヌノフグリを育てる際は、日当たりの良い場所で管理します。

日が当たらないと青い花が咲かないため、場所選びには注意が必要です。

 

次は、タチイヌノフグリに適した用土についてお伝えします!

 

タチイヌノフグリを育てる際の適した用土は何?

 

タチイヌノフグリを育てる際は、用土は問いません。

手軽に購入できる培養土を使用するのがオススメです。

 

次は、タチイヌノフグリに必要な肥料についてお伝えします!

 

タチイヌノフグリの育て方!肥料はどうする?

 

タチイヌノフグリを育てる際は、肥料は必要ありません。

繁殖力が強いため、肥料の与えすぎは成長しすぎて他の植物に害を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

 

では次は、タチイヌノフグリの水やりポイントについてお伝えします!

 

タチイヌノフグリを育てる際の水の量はどうする?

 

タチイヌノフグリを育てる際は、細かな管理は必要ありません。

 

鉢植えの場合は、土が乾いたら水を与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なタチイヌノフグリの育て方については終わりです。

次はタチイヌノフグリの写真をお見せします!

 

タチイヌノフグリの画像(写真)!特徴は?

 

 

タチイヌノフグリは直径4mmほどの小さな青い花を付けます。

 

葉の大きさや形は茎の上部と下部で異なります。

下部の葉は対生し、2cmほどの広卵形で縁には大きな鋸歯を持ちます。

 

上部の葉は互生し、狭楕円形となり上部にいくほど小さくなります。

 

茎は下部で分岐しますが、のちに直立して育ちます。

実は扁平し、先がハートの形になっています。

 

次に、タチイヌノフグリの開花時期をお伝えします!

 

タチイヌノフグリの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

タチイヌノフグリの開花時期は春(4~6月)です。

タチイヌノフグリは高さが10~20cmほどで、葉の陰になるような咲き方をするため、あまり目立ちません。

 

次は、タチイヌノフグリに似た花をお伝えします!

 

タチイヌノフグリに似た花は何がある?フラサバソウとの違いは?

 

タチイヌノフグリに似た花として、「イヌノフグリ」「オオイヌノフグリ」「フラサバソウ」があります。

 

タチイヌノフグリとフラサバソウの違いは茎の成長方向や葉の形にあります。

フラサバソウは横に広がるように成長し、先端が直立します。

 

また、葉はすべて互生し2~4個の鋸歯を持ちます。

 

それでは最後に、タチイヌノフグリの花言葉をお伝えします!

 

タチイヌノフグリの花言葉はなに?

 

タチイヌノフグリの花言葉は「女性の誠実」「隠れた才能をもつ」です。

花言葉は、きれいな花を咲かせるが、葉に隠れるようにして咲くが由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

タチイヌノフグリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①タチイヌノフグリの育て方(環境、土、肥料、水やり)

タチイヌノフグリを育てる際は、日当たりの良い場所で管理します。

育てる際の用土は問いません。

育てる際の肥料は必要ありません。

ただし、繁殖力が強いため、肥料の与えすぎは成長しすぎて他の植物に害を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

鉢植えの場合は、土が乾いたら水を与え、庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

②タチイヌノフグリの画像(写真)!特徴は?

タチイヌノフグリは直径4mmほどの小さな青い花を付けます。

下部の葉は対生し、2cmほどの広卵形で縁には大きな鋸歯を持ちます。

上部の葉は互生し、狭楕円形となり上部にいくほど小さくなります。

実は扁平し、先がハートの形になっています。

 

③タチイヌノフグリの開花時期や季節はいつ頃なの?

タチイヌノフグリの開花時期は春(4~6月)です。

 

④タチイヌノフグリに似た花は何がある?フラサバソウとの違いは?

タチイヌノフグリに似た花として、「イヌノフグリ」「オオイヌノフグリ」「フラサバソウ」があります。

タチイヌノフグリとフラサバソウの違いは茎の成長方向や葉の形にあります。

フラサバソウは横に広がるように成長し、先端が直立します。

また、葉はすべて互生し2~4個の鋸歯を持ちます。

 

⑤タチイヌノフグリの花言葉はなに?

タチイヌノフグリの花言葉は「女性の誠実」「隠れた才能をもつ」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)