【ヨツバムグラのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら12月31日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[DEC2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヨツバムグラについてまとめていきたいと思います。

 

日本各地に幅広く姿が見られる多年草、ヨツバムグラ。

「ヨツバムグラについてもっと知りたい!」「ヨツバムグラを育ててみたい!」

 

そんな思いを持つ方々のために、ここではヨツバムグラについての様々な事柄をご紹介していきます!

 

今回は、ヨツバムグラについてのポイント、

①ヨツバムグラの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヨツバムグラの画像(写真)!特徴は?
③ヨツバムグラの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヨツバムグラに似た花(仲間)は何がある?
⑤ヨツバムグラの花言葉はなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはヨツバムグラの育て方からお伝えします!

 

ヨツバムグラの育て方は?

 

ヨツバムグラは日本各地の道端や草むらに自生している植物です。

 

ともすれば「雑草」とも呼ばれてしまうような植物ですが、それゆえその丈夫さは折り紙付きです。

栽培のためにはどんなことを参考にすればよいのか、ご一緒に確認していきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヨツバムグラが好む環境についてお伝えします!

 

ヨツバムグラの育て方!環境はどうする?

 

ヨツバムグラは他の多くの植物がそうであるのに違わず、日当たりがよく風通しのよい場所を好みます。

ただあまりこだわりすぎなくとも、気温や日当たりが極端な環境でなければ、どこであってもある程度は丈夫に育ちます。

 

次は、ヨツバムグラに適した用土についてお伝えします!

 

ヨツバムグラを育てる際の適した用土は何?

 

ヨツバムグラは元が雑草に類する植物であるため、生育の際は土質や水質を選びません。

 

栽培するために、わざわざ園芸用の土などを調達する必要は薄いと言えます。

庭植えの場合などは、特に気にすることなくそのまま植えてしまいましょう。

 

次は、ヨツバムグラに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヨツバムグラの育て方!肥料はどうする?

 

ヨツバムグラは放っておいても比較的丈夫に育ちますので、肥料などは特に必要ありません。

 

では次は、ヨツバムグラの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヨツバムグラを育てる際の水の量はどうする?

 

ヨツバムグラの水やりに関しては、基本的に雨に任せましょう。

多少乾燥が続いても一気に枯れてしまうということはないので、人の手による水やりも、そこまで不可欠なものというわけではありませんよ。

 

以上で基本的なヨツバムグラの育て方については終わりです。

次はヨツバムグラの写真をお見せします!

 

ヨツバムグラの画像(写真)!特徴は?

 

 

ヨツバムグラはアカネ科ヤエムグラ属の多年草です。

北海道、本州、四国、九州など、日本各地に幅広く分布しています。

 

道端や草むらに生えている、いわゆる「雑草」とも呼ばれてしまう類の植物です。

 

ヨツバムグラは漢字では「四葉葎」と書きます。

これは、4枚の葉が輪生している外見から名付けられたものなんだそうです。

 

小さな粒状の花がいくつかまとまって、ちんまりと収まっている姿はなんとも愛らしいですね。

もし周りで見かけることがあれば、少し立ち止まって観察してみるのもよいと思いますよ!

 

次に、ヨツバムグラの開花時期をお伝えします!

 

ヨツバムグラの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヨツバムグラの開花期は5〜6月です。

こじんまりと咲く愛らしい花姿を見逃さないようにしたいですね!

 

次は、ヨツバムグラに似た花(仲間)をお伝えします!

 

ヨツバムグラに似た花(仲間)は何がある?

 

ヨツバムグラに似た植物として、ヒメヨツバムグラがあります。

 

両種とも植物の分類としては同じ科・属に属するため、一目見ただけでは見分けがつかないかもしれません。

両種の違いとしては、ヒメヨツバムグラよりもヨツバムグラの方が葉が大型で、幅も広いというものがあります。

 

「ヒメ」という名前も、ヨツバムグラより葉が小柄なことから名付けられているんですね。

公園などで見かけた際には、どちらの種か見極めて見るのも楽しいかもしれませんよ!

 

それでは最後に、ヨツバムグラの花言葉をお伝えします!

 

ヨツバムグラの花言葉はなに?

 

ヨツバムグラにあてがわれている花言葉は、今のところありません。

しかし、類種のホソバノヨツバムグラには、「大切な気持ち」という花言葉があるそうです。

 

素直で真っ直ぐな印象を受けるよい花言葉ですね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヨツバムグラのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヨツバムグラの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヨツバムグラは他の多くの植物がそうであるのに違わず、日当たりがよく風通しのよい場所を好みます。

ヨツバムグラは元が雑草に類する植物であるため、生育の際は土質や水質を選びません。

ヨツバムグラは放っておいても比較的丈夫に育ちますので、肥料などは特に必要ありません。

ヨツバムグラの水やりに関しては、基本的に雨に任せましょう。

多少乾燥が続いても一気に枯れてしまうということはないので、人の手による水やりも、そこまで不可欠なものというわけではありませんよ。

 

②ヨツバムグラの画像(写真)!特徴は?

ヨツバムグラはアカネ科ヤエムグラ属の多年草です。

北海道、本州、四国、九州など、日本各地に幅広く分布しています。

小さな粒状の花がいくつかまとまって、ちんまりと収まっている姿はなんとも愛らしいですね。

 

③ヨツバムグラの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヨツバムグラの開花期は5〜6月です。

 

④ヨツバムグラに似た花(仲間)は何がある?

ヨツバムグラに似た植物として、ヒメヨツバムグラがあります。

両種の違いとしては、ヒメヨツバムグラよりもヨツバムグラの方が葉が大型で、幅も広いというものがあります。

 

⑤ヨツバムグラの花言葉はなに?

ヨツバムグラにあてがわれている花言葉は、今のところありません。

しかし、類種のホソバノヨツバムグラには、「大切な気持ち」という花言葉があるそうです。

 

日本の幅広い場所に自生し、ふとした時に私たちの目を楽しませてくれるヨツバムグラ。

この記事を参考にして、ぜひお手元で愛でてみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)