【ネズミホソムギのまとめ!】特徴やアレルギーについて等3個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ネズミホソムギについてまとめていきたいと思います。

 

ネズミホソムギは、イネ科の植物で日本全国の畑や、荒地に生えています。

ネズミムギとホソムギの両種の中間的な形態のもので人為的な交配種になります。

 

別名「ホソネズミムギ」と呼ばれています。

学名は、「Lolium × hybridum」といいます。

 

今回は、ネズミホソムギについてのポイント、

①ネズミホソムギの画像(写真)!特徴は?
②ネズミホソムギの開花時期や季節はいつ頃なの?
③ネズミホソムギでアレルギーや花粉症になる?

 

以上3個の点についてお伝えします。

まずはネズミホソムギの写真をお見せします!

 

ネズミホソムギの画像(写真)!特徴は?

 

 

ネズミホソムギは護穎に芒があり、葉が展開する前に巻いている事が多いです。

背丈は40~70cmほどです。

 

似た種としてホソムギがありますが、見分け方としては、芒のあるものがネズミホソムギです。

要注意外来生物に指定されており、栽培するとなると注意が必要です。

 

次に、ネズミホソムギの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

ネズミホソムギの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ネズミホソムギの花期は、夏(6~8月)です。

一つの小穂に、様々な長さの芒を持つ小花が混在しています。

 

次は、ネズミホソムギでアレルギーや花粉症になるのかをお伝えします。

 

ネズミホソムギでアレルギーや花粉症になる?

 

ネズミホソムギはイネ科の植物であり、花粉を飛ばします。

花粉の飛散時期は5月中旬〜8月上旬になります。

 

花粉症の要因植物の一つであるため、花粉症の方はしっかりと予防が必要です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ネズミホソムギのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは3個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ネズミホソムギの画像(写真)!特徴は?

ネズミホソムギはネズミムギとホソムギの両種の中間的な形態のもので人為的な交配種です。

護穎に芒があり、葉が展開する前に巻いている事が多いです。

似た種としてホソムギがありますが、見分け方としては、芒のあるものがネズミホソムギです。

要注意外来生物に指定されており、栽培するとなると注意が必要です。

 

②ネズミホソムギの開花時期や季節はいつ頃なの?

ネズミホソムギの花期は、夏(6~8月)です。

 

③ネズミホソムギでアレルギーや花粉症になる?

花粉症の要因植物の一つであるため、花粉症の方はしっかりと予防が必要です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)