【ヤブレガサのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等7個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヤブレガサについてまとめていきたいと思います。

 

ヤブレガサはキク科の植物で、日本の在来種になります。

日本の本州全域に分布し、山地の林下などに自生しています。

 

名前は、葉が出るときに破れた傘のような形になることが由来となっているようです。

 

学名は「Syneilesis palmata」といいます。

 

今回は、ヤブレガサについてのポイント、

①ヤブレガサの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヤブレガサの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③ヤブレガサの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヤブレガサは食用山菜?おすすめの食べ方は?
⑤ヤブレガサの販売場所は?どこで買えるの?
⑥ヤブレガサの花言葉はなに?
⑦ヤブレガサの種類や品種は何があるの?シドケやモミジガサ、ヤブレガサウラボシとの違いはなに?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはヤブレガサの育て方からお伝えします!

 

ヤブレガサの育て方は?

 

ヤブレガサは耐寒性、耐暑性ともに強いため夏期や冬期に対処は必要ありません。

 

ただし、風に弱いため風を避けられるように、建物の陰などの下などに植えます。

ヤブレガサは根詰まりを起こしやすい植物であるため、毎年植え替えを行ってあげます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヤブレガサが好む環境についてお伝えします!

 

ヤブレガサの育て方!環境はどうする?

 

ヤブレガサを育てる際は、風があまり当たらず、明るい日陰で管理します。

夏の時期は特に葉焼けしやすいため、遮光対策を行い葉を守ります。

 

次は、ヤブレガサに適した用土についてお伝えします!

 

ヤブレガサを育てる際の適した用土は何?

 

ヤブレガサを育てる際は、水はけが良い用土を使用します。

市販の山野草培養土または赤玉土小粒7:腐葉土3の割合で混ぜたものがオススメです。

 

次は、ヤブレガサに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヤブレガサの育て方!肥料はどうする?

 

ヤブレガサを育てる際は、植え付けの際にリン酸とカリウムが多めの緩効性の肥料を与えます。

成長期~開花期にかけては、2000倍に薄めた液肥を月に2~3回与えます。

 

では次は、ヤブレガサの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヤブレガサを育てる際の水の量はどうする?

 

ヤブレガサを育てる際は、基本的に水やりは必要ありません。

 

鉢植えの場合は、表面の土が乾燥したら水を与えます。

庭植えの場合は、極端に乾燥しない限りは自然の降雨だけで大丈夫です。

 

以上で基本的なヤブレガサの育て方については終わりです。

次はヤブレガサの写真をお見せします!

 

ヤブレガサの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

ヤブレガサは茎の先に10mmほどで、白色の頭花を多数付けます。

 

若葉は土から出たときは、すぼめた傘のような形になります。

また、葉は直径40cmと大きく、掌状に7~9裂しています。

 

茎は直立して伸び、高さ1mほどまで成長します。

痩果は直径4mmほどで、多数の縦すじが入っています。

 

次に、ヤブレガサの開花時期をお伝えします!

 

ヤブレガサの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヤブレガサの開花時期は秋(7~10月)です。

ヤブレガサの花はあまり見栄えがなく、新芽が特徴的な植物です。

 

次は、ヤブレガサのおすすめの食べ方をお伝えします!

 

ヤブレガサは食用山菜?おすすめの食べ方は?

 

ヤブレガサは若い芽出しの瞬間だけが食用として向いています。

食べ方としては、天ぷら白和えおひたしなどにして食べるのがオススメです。

 

それでは次に、ヤブレガサの販売場所をお伝えします!

 

ヤブレガサの販売場所は?どこで買えるの?

 

ヤブレガサは園芸店のほかオンラインショップでも購入することができます。

販売価格としては3号ポットサイズで600円程度で販売しています。

 

次は、ヤブレガサの花言葉をお伝えします!

 

ヤブレガサの花言葉はなに?

 

ヤブレガサの花言葉は「透き通る心」「復縁」などがあります。

花言葉は、葉に深く切れ込みが入っており先が透き通って見えることに由来してつけられたのかもしれません。

 

それでは最後に、ヤブレガサの種類や品種をお伝えします!

 

ヤブレガサの種類や品種は何があるの?シドケやモミジガサ、ヤブレガサウラボシとの違いはなに?

 

ヤブレガサの種類としては「ヤマタイミンガサ」「シドケ」「モミジガサ」「ヤブレガサウラボシ」などがあります。

 

ヤブレガサとシドケの違いは葉の切れ込み方にあり、ヤブレガサは掌状に気入れ込みが入りますが、シドケはモミジ状に裂けます。

 

ヤブレガサに比べてモミジガサは、葉の切れ込みの数が少ないです。

ヤブレガサとヤブレガサウラボシは、葉の大きさや表面に違いがあります。

 

ヤブレガサの葉は40cmほどですが、ヤブレガサウラボシの葉は80cmと倍くらいの大きさがあり、表面に強い艶があるのも特徴です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヤブレガサのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヤブレガサの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヤブレガサを育てる際は、風があまり当たらず、明るい日陰で管理します。

育てる際の用土は、水はけが良い用土もの用します。

育てる際の肥料は、植え付けの際にリン酸とカリウムが多めの緩効性の肥料を与えます。

成長期~開花期にかけては、2000倍に薄めた液肥を月に2~3回与えます。

育てる際は、基本的に水やりは必要ありません。

 

②ヤブレガサの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

ヤブレガサは茎の先に10mmほどで、白色の頭花を多数付けます。

若葉は土から出たときは、すぼめた傘のような形になります。

また、葉は直径40cmと大きく、掌状に7~9裂しています。

ヤブレガサの花はあまり見栄えがなく、新芽が特徴的な植物です。

 

③ヤブレガサの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヤブレガサの開花時期は秋(7~10月)です。

 

④ヤブレガサは食用山菜?おすすめの食べ方は?

ヤブレガサは若い芽出しの瞬間だけが食用として向いています。

食べ方としては、天ぷら、白和え、おひたしなどにして食べるのがオススメです。

 

⑤ヤブレガサの販売場所は?どこで買えるの?

ヤブレガサは園芸店のほかオンラインショップでも購入することができます。

 

⑥ヤブレガサの花言葉はなに?

ヤブレガサの花言葉は「透き通る心」「復縁」などがあります。

 

⑦ヤブレガサの種類や品種は何があるの?シドケやモミジガサ、ヤブレガサウラボシとの違いはなに?

ヤブレガサの種類としては「ヤマタイミンガサ」「シドケ」「モミジガサ」「ヤブレガサウラボシ」などがあります。

ヤブレガサとシドケの違いは葉の切れ込み方にあり、ヤブレガサは掌状に気入れ込みが入りますが、シドケはモミジ状に裂けます。

ヤブレガサに比べてモミジガサは、葉の切れ込みの数が少ないです。

ヤブレガサとヤブレガサウラボシは、葉の大きさや表面に違いがあります。

ヤブレガサの葉は40cmほどですが、ヤブレガサウラボシの葉は80cmと倍くらいの大きさがあり、表面に強い艶があるのも特徴です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)