【チチコグサのまとめ!】駆除の仕方や花言葉等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、チチコグサについてまとめていきたいと思います。

 

チチコグサは雑草ですが別に畑に生えるわけでもなく害の少ない植物です。

チチコグサは漢字で書くと「父子草」、「母子草」に対して付けられた名前です。

 

今回は、チチコグサについてのポイント、

①チチコグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②チチコグサの画像(写真)!
③チチコグサの開花時期や季節はいつ頃なの?
④チチコグサを駆除したい!除草剤はどれを使う?
⑤チチコグサの花言葉はなに?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずはチチコグサの育て方からお伝えします!

 

チチコグサの育て方は?

 

チチコグサはやや乾燥を好む植物です。

湿気がこもる環境に置かないように場所を選ぶ必要がありますね。

 

最初は、チチコグサが好む環境についてお伝えします!

 

チチコグサの育て方!環境はどうする?

 

先ほど言った通りチチコグサは乾燥を好む植物です。

 

日当たりが良く水はけの良い環境に置いてあげましょう。

風通しがいいことも重要になりますのでよく場所を選びましょう。

 

次は、チチコグサに適した用土についてお伝えします!

 

チチコグサを育てる際の適した用土は何?

 

チチコグサは酸性の土壌を好みます。

弱めの酸性で大丈夫なので赤玉や腐葉土で作った土に若干のピートモスを混ぜると良いでしょう!

 

次は、チチコグサに必要な肥料についてお伝えします!

 

チチコグサの育て方!肥料はどうする?

 

チチコグサはもとより雑草ですので肥料を必要としません。

庭植えで他の植物と一緒に植える場合には腐葉土などで土を肥えさせてあげると良いでしょう。

 

では次は、チチコグサの水やりポイントについてお伝えします!

 

チチコグサを育てる際の水の量はどうする?

 

肥料と同じく生命力の強い雑草ですからあまり水やりを必要とはしません。

 

また乾燥を好むため、夏の乾燥が目立つ天候の時には水を与えるようにしましょう!

鉢植えの場合には表土が乾いたら水をたっぷりと与えましょう。

 

以上で基本的なの育て方については終わりです。

 

次はリシアンサスの写真をお見せします!

 

チチコグサの画像(写真)!

 

 

こちらがチチコグサです!

元より雑草ですから色合いも地味ですね。

 

チチコグサはキク科チチコグサ属に属する植物です。

 

花弁は非常に小さく目立たないながら星形になるのが特徴です。
次に、チチコグサの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

チチコグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

チチコグサの開花時期は4月です。

 

春から秋にかけて咲く花ですので花期は長いようですね。

散歩道を尽くしなどと一緒に彩る雑草ですね。

 

次に、チチコグサの駆除の仕方をおつたえします!

どの除草剤が効くのでしょうか??

 

チチコグサを駆除したい!除草剤はどれを使う?

 

チチコグサはあまり害のない植物ですが邪魔になったり駆除したくなることもあるでしょう。

 

チチコグサにオススメの除草剤には「サンフーロン」があります。

農耕地でも使用できるうえに根から除草するので使い勝手がいいですね!

 

防草シートというモノもあるのでそちらもオススメです。

 

最後に、チチコグサの花言葉をお伝えします!

 

チチコグサの花言葉はなに?

 

チチコグサの花言葉は「父の愛情」です。

 

母子草は「無償の愛」で、夫婦のような関係性の花言葉ですね。

母子草に対して「父子草」と名付けられただけあっていい花言葉ですね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

チチコグサのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①チチコグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)

やや乾燥を好む植物です。

若干の酸性を好むのでピートモスを混ぜて用土を好みましょう。

肥料、水やりは特に必要としません。

乾燥が目立つ時には水をたっぷり与えましょう。

 

②チチコグサの画像(写真)!

花も小さくあまり目立たない植物です。

小さい星形の花を咲かせるのが特徴です。

 

③チチコグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

開花時期は春から秋です。

 

④チチコグサを駆除したい!除草剤はどれを使う?

チチコグサを除草するのには「サンフーロン」がオススメです。

 

⑤チチコグサの花言葉はなに?

チチコグサの花言葉は「父の愛情」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)