【ラッパスイセン(ラッパ水仙)のまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ラッパスイセン(ラッパ水仙)についてまとめていきたいと思います。

 

ラッパスイセンは、ヒガンバナ科スイセン属の1種でラッパのような形が特徴的ですね。

西ヨーロッパで広く分布しており、ウェールズでは国花として制定されています。

 

今回は、ラッパスイセン(ラッパ水仙)についてのポイント、

①ラッパスイセン(ラッパ水仙)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ラッパスイセン(ラッパ水仙)の画像(写真)!特徴は?どんな香り?
③ラッパスイセン(ラッパ水仙)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④ラッパスイセン(ラッパ水仙)の楽しみ方!生け花や花束、折り紙など
⑤ラッパスイセン(ラッパ水仙)の球根の販売場所は?どこで買えるの?
⑥ラッパスイセン(ラッパ水仙)の花言葉はなに?英語で何と言うの?
⑦ラッパスイセン(ラッパ水仙)の種類や品種は何があるの?水仙との違いは?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはラッパスイセン(ラッパ水仙)の育て方からお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)の育て方は?

 

ラッパスイセンは球根植物のため、球根を土に植えつけて育てます。

 

植えつけに最適な時期は、秋先の9月下旬から10月上旬です。

 

小さな球根は、10cmから15cm間隔で植えましょう。

大きな球根は、20cm間隔で植えつけて下さい。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ラッパスイセン(ラッパ水仙)が好む環境についてお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)の育て方!環境はどうする?

 

ラッパスイセンが好む環境は、日当たりがよく水はけにすぐれた場所です。

 

庭植えでラッパスイセンを育てる場合は、ほどよく日が当たるように落葉樹の株元が適しています。

また、雨が溜まりやすい場所は、球根が腐ってしまうためおすすめしません。

 

次は、ラッパスイセン(ラッパ水仙)に適した用土についてお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)を育てる際の適した用土は何?

 

ラッパスイセンに適した用土には、水はけの良い腐葉土などが適しています。

 

庭植えの場合、土が粘土質の場合は腐葉土を混ぜましょう。

鉢植えの場合は底に鉢底石を敷き、草花用培養土6、腐葉土3、小粒の赤玉土1を混ぜて使用しましょう。

 

次は、ラッパスイセン(ラッパ水仙)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)の育て方!肥料はどうする?

 

ラッパスイセンの肥料は、芽が出た後に施肥します。

 

植え付けの際に、土に援効性化成肥料を元肥として混ぜておきましょう。

発芽後は、リン酸分の多い液体肥料を与えて下さい。

 

また、置き肥としてカリ分の多い液体肥料を挿すか、置いておくと良いでしょう。

 

では次は、ラッパスイセン(ラッパ水仙)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)を育てる際の水の量はどうする?

 

ラッパスイセンの水やりは、

庭植えの場合は、ほとんど必要ありませんが、冬期間の生長のために土壌がひどく乾いた場合は、水を与えましょう。

鉢植えの場合は、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

 

以上で基本的なラッパスイセン(ラッパ水仙)の育て方については終わりです。

次はラッパスイセン(ラッパ水仙)の写真をお見せします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)の画像(写真)!特徴は?どんな香り?

 

 

こちらがラッパスイセンの写真です。

 

ラッパスイセンは、多年草の球根植物で垂直に伸びた花茎から3cmから5cmほどの黄色いや白の花を1輪咲かせます。

花の特徴としては、中心部に筒状の副花冠があり、トランペットのベルの形に似ている事からラッパスイセンと言われています。

 

副花冠の外側は花弁が3つがく片が3つからなる星形に咲きますよ。

花からは透明感のある甘い香りと、葉からも強い香りがします。

 

次に、ラッパスイセン(ラッパ水仙)の開花時期をお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ラッパスイセンの開花時期3月から4月です。

 

春の始めが見ごろとなっています。

公園や植物園で春先にスイセンの花畑を見つけたら白や黄色のラッパスイセンがきれいに咲いていますよ。

 

次は、ラッパスイセン(ラッパ水仙)の楽しみ方をお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)の楽しみ方!生け花や花束、折り紙など

 

 

ラッパスイセンの楽しみ方には、様々なものがありますが、

生け花で生ける場合は、ラッパスイセンの茎の高さを生かして浅めの生け皿を使ったり更に高さのある桜の枝と合わせて大きく生けると良いようです。

 

また、花束にする場合花の小さなカスミソウと合わせるとカスミソウが雪のように見えラッパスイセンの黄色い花色が強くなります。

他には、花の咲く前などに茎を緑色、花を白や黄色の折り紙でラッパスイセンを作って飾る楽しみ方もありますよ。

 

それでは次に、ラッパスイセン(ラッパ水仙)の球根の販売場所をお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)の球根の販売場所は?どこで買えるの?

 

ラッパスイセンの球根は、園芸店やネット通販などで取り扱いがあります。

球根は、2個入りや5個入りなどがあり、500円から1000円の価格帯で販売されていますよ。

 

次は、ラッパスイセン(ラッパ水仙)の花言葉をお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)の花言葉はなに?英語で何と言うの?

 

 

ラッパスイセンの花言葉には、

「尊敬」

「心遣い」

「報われぬ恋」

「あなたを待つ」

「自尊」

といった意味があります。

一輪咲きのラッパスイセンが儚げに咲く様子から切ない意味がつけられたかもしれませんね。

 

また、ラッパスイセンは英語では「Trumpet daffodil」(トランペット・ダフォディル)と言います。

副花冠の形を表すのに管楽器のトランペット名が使われています。

 

それでは最後に、ラッパスイセン(ラッパ水仙)の種類や品種をお伝えします!

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)の種類や品種は何があるの?水仙との違いは?

 

ラッパスイセンの元々の原種はスイセンなので、副花冠の大きなラッパスイセンは系統分けされています。

 

品種としては、黄色い花の付くタマラや、副花冠が白いティアラやスノーフリルス、副花冠がピンクで花弁が白い、ピンクパラソルなどがあります。

また、スイセンは、開花時期が12月から2月と早くラッパスイセンよりも花弁が小さく副冠の房もコンパクトな品種が多いという違いがあります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ラッパスイセン(ラッパ水仙)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ラッパスイセン(ラッパ水仙)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

ラッパスイセンは球根植物のため、球根を土に植えつけて育てます。

植えつけに最適な時期は、秋先の9月下旬から10月上旬です。

ラッパスイセンが好む環境は、日当たりがよく水はけにすぐれた場所です。

ラッパスイセンに適した用土には、庭植えの場合、土が粘土質の場合は腐葉土を混ぜましょう。

鉢植えの場合は底に鉢底石を敷き、草花用培養土6、腐葉土3、小粒の赤玉土1を混ぜて使用しましょう。

ラッパスイセンの肥料は、植え付けの際に、土に援効性化成肥料を元肥として混ぜておきましょう。発芽後は、リン酸分の多い液体肥料を与えて下さい。

また、置き肥としてカリ分の多い液体肥料を挿すか、置いておくと良いでしょう。

ラッパスイセンの水やりは、庭植えの場合は、ほとんど必要ありません。冬期間は土壌がひどく乾いた場合は、水を与えましょう。

鉢植えの場合は、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

 

②ラッパスイセン(ラッパ水仙)の画像(写真)!特徴は?どんな香り?

ラッパスイセンは、多年草の球根植物で垂直に伸びた花茎から3cmから5cmほどの黄色いや白の花を1輪咲かせます。

花からは透明感のある甘い香りと、葉からも強い香りがします。

 

③ラッパスイセン(ラッパ水仙)の開花時期や季節はいつ頃なの?

ラッパスイセンの開花時期は3月から4月です。

 

④ラッパスイセン(ラッパ水仙)の楽しみ方!生け花や花束、折り紙など

ラッパスイセンの楽しみ方には、生け花で生ける場合は、ラッパスイセンの茎の高さを生かして浅めの生け皿を使ったり、花束にする場合は花の小さなカスミソウと合わせると良いでしょう。

他には、花の咲く前などに茎を緑色、花を白や黄色の折り紙でラッパスイセンを作って飾る楽しみ方もありますよ。

 

⑤ラッパスイセン(ラッパ水仙)の球根の販売場所は?どこで買えるの?

ラッパスイセンの球根は、園芸店やネット通販などで取り扱いがあります。

 

⑥ラッパスイセン(ラッパ水仙)の花言葉はなに?英語で何と言うの?

ラッパスイセンの花言葉には、「尊敬」「心遣い」「報われぬ恋」「あなたを待つ」「自尊」といった意味があります。

また、ラッパスイセンは英語では、「Trumpet daffodil」(トランペット・ダフォディル)と言います。

 

⑦ラッパスイセン(ラッパ水仙)の種類や品種は何があるの?水仙との違いは?

品種としては、タマラや、ティアラ、スノーフリルス、ピンクパラソルなどがあります。

またスイセンは、開花時期が12月から2月と早く、花弁が小さく副冠の房もコンパクトな品種が多いという違いがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)