【アメリカリョウブのまとめ!】育て方や種類品種等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、アメリカリョウブについてまとめていきたいと思います。

 

アメリカリョウブはリョウブ科の落葉低木です。

日本では山野に自生するリョウブの仲間として知られています。

 

今回は、アメリカリョウブについてのポイント、

①アメリカリョウブの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アメリカリョウブの画像(写真)!特徴は?
③アメリカリョウブの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アメリカリョウブの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤アメリカリョウブに似た花は何がある?
⑥アメリカリョウブの種類や品種は何があるの?ルビースパイスやハミングバードなど

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはアメリカリョウブの育て方からお伝えします!

 

アメリカリョウブの育て方は?

 

アメリカリョウブを育てるには、庭植えがおすすめです。

 

植えつけ冬先の11月から12月にかけてか、春先の2月に行いましょう。

庭土に根鉢の2回りの大きさの堀穴を掘り、苗木を植え付けて下さい。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アメリカリョウブが好む環境についてお伝えします!

 

アメリカリョウブの育て方!環境はどうする?

 

アメリカリョウブの好む環境は、日あたりのよい湿度のある環境です。

日あたりが良くても乾燥しやすい西日の当たる場所には植えつけないようにしましょう。

 

次は、アメリカリョウブに適した用土についてお伝えします!

 

アメリカリョウブを育てる際の適した用土は何?

 

アメリカリョウブに適した用土は、水はけのよい土です。

 

庭植えの場合は、庭土7、腐葉土3を混ぜた土を使用するようにしましょう。

腐葉土はバーク堆肥でも代用できます。

 

次は、アメリカリョウブに必要な肥料についてお伝えします!

 

アメリカリョウブの育て方!肥料はどうする?

 

アメリカリョウブの肥料は、生長期には特に必要ありませんが、冬場に寒肥として有機質肥料を施すようにしましょう。

 

では次は、アメリカリョウブの水やりポイントについてお伝えします!

 

アメリカリョウブを育てる際の水の量はどうする?

 

アメリカリョウブの水やりは、特に必要ありません。

自然の降雨で十分に育ちます。

 

以上で基本的なアメリカリョウブの育て方については終わりです。

次はアメリカリョウブの写真をお見せします!

 

アメリカリョウブの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがアメリカリョウブの写真です。

 

アメリカリョウブはリョウブ科の落葉低木樹高は2.5mほどの大きさです。

花は細めの茎に鈴なりにつぼみをつけて、穂状のピンク色の花を咲かせます。

 

葉はもみの木の様に広がり、花からはほのかに甘い香りがします。

近年、園芸品種として人気が出始めています。

 

次に、アメリカリョウブの開花時期をお伝えします!

 

アメリカリョウブの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

アメリカリョウブの開花時期は、夏頃の6月から7月です。

満開に咲くピンク色の花を甘い香りと一緒に楽しむことができますよ。

 

次は、アメリカリョウブの値段や販売価格はいくらぐらいなのかをお伝えします!

 

アメリカリョウブの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

 

アメリカリョウブの苗木は、園芸店かインターネットで取り扱われています。

 

値段は苗木の大きさに合わせて3000円から7000円台の価格帯で販売されています。

大きいものでは10000円を越える苗木もありますよ。

 

次に、アメリカリョウブに似た花をお伝えします!

 

アメリカリョウブに似た花は何がある?

 

アメリカリョウブに似た花には、リョウブがあります。

 

リョウブはリョウブ科の落葉高木樹高は3mから7mアメリカリョウブの2倍ほどの大きさです。

7月から9月の開花期に10cmから15cmほどの穂先から梅の花に似た、白い小さな花を咲かせます。

 

アメリカリョウブが湿った環境を好むのに比べ、リョウブは乾燥した環境を好みます。

見比べてみると似ているようで違いがあることがわかりますよ。

 

それでは最後に、アメリカリョウブの種類や品種をお伝えします!

 

アメリカリョウブの種類や品種は何があるの?ルビースパイスやハミングバードなど

 

 

アメリカリョウブには他にも種類があり、代表的な品種としては、ルビースパイスハミングバードピンクスパイヤーがあります。

 

ルビースパイスは、欧州ではサマースイートと呼ばれ、鮮やかなピンク色の花を咲かせます。

ハミングバードは、成長が遅く小さく白い花を付けます。

ピンクスパイヤーは、つぼみはピンク色ですが開花すると花色が白く変化することが特徴です。

 

3種とも、庭園などで違いを見分けながら探してみましょう。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アメリカリョウブのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アメリカリョウブの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アメリカリョウブを育てるには庭植えがおすすめです。植えつけは冬先の11月から12月にかけてか、春先の2月に行いましょう。

庭土に根鉢の2回りの大きさの堀穴を掘り、苗木を植え付けて下さい。

好む環境は、日あたりのよい湿度のある環境です。

適した用土は、水はけのよい土です。庭植えの場合は、庭土7、腐葉土3を混ぜた土を使用するようにしましょう。

肥料は、生長期には特に必要ありませんが、冬場に寒肥として有機質肥料を施すようにしましょう。

水やりは、特に必要ありません。自然の降雨で十分に育ちます。

 

②アメリカリョウブの画像(写真)!特徴は?

アメリカリョウブはリョウブ科の落葉低木で樹高は2.5mほどの大きさです。

花は細めの茎に鈴なりにつぼみをつけて、穂状のピンク色の花を咲かせます。

 

③アメリカリョウブの開花時期や季節はいつ頃なの?

アメリカリョウブの開花時期は、夏頃の6月から7月です。

 

④アメリカリョウブの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

アメリカリョウブの苗木は、園芸店かインターネットで取り扱われています。

値段は苗木の大きさに合わせて3000円から7000円台の価格帯で販売されています。

 

⑤アメリカリョウブに似た花は何がある?

アメリカリョウブに似た花には、リョウブがあります。

リョウブはリョウブ科の落葉高木で7月から9月の開花期に10cmから15cmほどの穂先から梅の花に似た、白い小さな花を咲かせます。

 

⑥アメリカリョウブの種類や品種は何があるの?ルビースパイスやハミングバードなど

アメリカリョウブには他にも種類があり、代表的な品種としては、ルビースパイスやハミングバード、ピンクスパイヤーがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)