【カントウタンポポのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、カントウタンポポについてまとめていきたいと思います。

 

カントウタンポポはキク科の植物で、日本の在来種になります。

 

日本では関東地域に分布し、草原や田畑に自生します。

名前は、関東地域に生えるタンポポを分類するために名前が付けられたとされています。

 

学名は「Taraxacum platycarpum」といいます。

 

今回は、カントウタンポポについてのポイント、

①カントウタンポポの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②カントウタンポポの画像(写真)!特徴は?花や葉や種子はどんな感じ?絶滅危惧種なの?
③カントウタンポポの生息(分布)地はどこ?
④カントウタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?
⑤カントウタンポポの花言葉はなに?
⑥カントウタンポポとカンサイタンポポ、セイヨウタンポポ、エゾタンポポとの違いはなに?見分け方は?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはカントウタンポポの育て方からお伝えします!

 

カントウタンポポの育て方は?

 

カントウタンポポは高温多湿に弱いので、夏~梅雨の時期は日陰で管理するのが安全です。

 

また、根を深く伸ばして成長するため鉢植えで育てる際は深めの鉢で育てることをオススメします。

カントウタンポポの種は発芽率が低いため、発芽するまでは日陰での管理、土が乾かないように管理するなど注意が必要です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カントウタンポポが好む環境についてお伝えします!

 

カントウタンポポの育て方!環境はどうする?

 

カントウタンポポを育てる際は、日当たりが良い場所で管理します。

ただし、直接日光が苦手であるため半日陰となる場所で育てるのがオススメです。

 

次は、カントウタンポポに適した用土についてお伝えします!

 

カントウタンポポを育てる際の適した用土は何?

 

カントウタンポポは強靭な植物であるため、土質はあまり選びません。

 

ただし、過湿には弱いため水はけの良い用土を使用します。

市販の培養土または庭の土に腐葉土を2~3割混ぜたものを使用します。

 

次は、カントウタンポポに必要な肥料についてお伝えします!

 

カントウタンポポの育て方!肥料はどうする?

 

カントウタンポポを育てる際は、肥料は必要ありません。

 

肥料を与えると葉が大きく育ち、花とのバランスが悪くなります。

どうしても肥料を与える場合は、成長期に1000倍に薄めた液肥を与えます。

 

では次は、カントウタンポポの水やりポイントについてお伝えします!

 

カントウタンポポを育てる際の水の量はどうする?

 

カントウタンポポを育てる際は、表面の土が乾いたら与えます。

 

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

水が切れると葉がうなだれてくるため、水やりの目安にします。

 

以上で基本的なカントウタンポポの育て方については終わりです。

次はカントウタンポポの写真をお見せします!

 

カントウタンポポの画像(写真)!特徴は?花や葉や種子はどんな感じ?絶滅危惧種なの?

 

 

カントウタンポポの花は黄色の舌状花からなります。

 

花序の総苞が直立して閉じており、内片と外片に角状の突起があるのが特徴です。

葉はロゼッタ状に生え、倒披針形で深く切れ込みがあります。

 

種子は少ないですが、大きく重いのが特徴です。

カントウタンポポは、帰化種が増えて在来種が減ってきている植物の中で減少は著しいですが、絶滅危惧種への指定はありません。

 

次に、カントウタンポポの生息(分布)地をお伝えします!

 

カントウタンポポの生息(分布)地はどこ?

 

カントウタンポポは名前にもある通り、関東地方から中部地方に分布しています。

 

次は、カントウタンポポの開花時期をお伝えします!

 

カントウタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

カントウタンポポの開花時期は、春(3~5月)です。

タンポポの中で開花時期が早いのがカントウタンポポであり、数も少ないため摘み取らないように注意しましょう。

 

次に、カントウタンポポの花言葉をお伝えします!

 

カントウタンポポの花言葉はなに?

 

カントウタンポポの花言葉は、「神のお告げ」です。

花言葉は、古くにタンポポの綿毛で恋占いをしており、神様のお告げとしてとらえられていたことが由来となっているようです。

 

それでは最後に、カントウタンポポとカンサイタンポポ、セイヨウタンポポ、エゾタンポポとの違いをお伝えします!

 

カントウタンポポとカンサイタンポポ、セイヨウタンポポ、エゾタンポポとの違いはなに?見分け方は?

 

カントウタンポポ、カンサイタンポポ、エゾタンポポは日本の在来種、セイヨウタンポポは帰化種になります。

 

在来種と帰化種の違いとしては、総苞の外片が反り返っているかどうかで見分けることができ、在来種はが外片が反り返っていません。

 

カントウタンポポとカンサイタンポポの見分け方は、カンサイタンポポは比較的に小型で舌状花の数が少ないのが特徴です。

カントウタンポポとエゾタンポポの見分け方は、エゾタンポポには総苞の外片に角状の突起がないあるいは小さいのが特徴です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

カントウタンポポのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カントウタンポポの育て方(環境、土、肥料、水やり)

カントウタンポポを育てる際は、日当たりが良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

市販の培養土または庭の土に腐葉土を2~3割混ぜたものを使用します。

育てる際の肥料は必要ありません。

育てる際の水やりは、表面の土が乾いたら与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

②カントウタンポポの画像(写真)!特徴は?花や葉や種子はどんな感じ?絶滅危惧種なの?

カントウタンポポの花は黄色の舌状花からなります。

花序の総苞が直立して閉じており、内片と外片に角状の突起があるのが特徴です。

葉はロゼッタ状に生え、倒披針形で深く切れ込みがあります。

カントウタンポポは、帰化種が増えて在来種が減ってきている植物の中で減少は著しいですが、絶滅危惧種への指定はありません。

 

③カントウタンポポの生息(分布)地はどこ?

カントウタンポポは名前にもある通り、関東地方から中部地方に分布しています。

 

④カントウタンポポの開花時期や季節はいつ頃なの?

カントウタンポポの開花時期は、春(3~5月)です。

 

⑤カントウタンポポの花言葉はなに?

カントウタンポポの花言葉は、「神のお告げ」です。

 

⑥カントウタンポポとカンサイタンポポ、セイヨウタンポポ、エゾタンポポとの違いはなに?見分け方は?

カントウタンポポ、カンサイタンポポ、エゾタンポポは日本の在来種、セイヨウタンポポは帰化種になります。

在来種と帰化種の違いとしては、総苞の外片が反り返っているかどうかで見分けることができ、在来種はが外片が反り返っていません。

カントウタンポポとカンサイタンポポの見分け方は、カンサイタンポポは比較的に小型で舌状花の数が少ないのが特徴です。

カントウタンポポとエゾタンポポの見分け方は、エゾタンポポには総苞の外片に角状の突起がないあるいは小さいのが特徴です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)