【パンドレアのまとめ!】育て方(挿し木や花が咲かない原因)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、パンドレアについてまとめていきたいと思います。

 

パンドレアはノウゼンカズラ科の植物で、オーストラリアが原産になります。

 

名前は、花の美しさから、人類最初の女性”Pandora”に因んで付けられたようです。

学名は「Pandorea jasminoides」といいます。

 

今回は、パンドレアについてのポイント、

①パンドレアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②パンドレアの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?斑入りって?
③パンドレアの開花時期や季節はいつ頃なの?
④パンドレアの挿し木のやり方はどうするの?
⑤パンドレアの花が咲かない原因は?
⑥パンドレアの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはパンドレアの育て方からお伝えします!

 

パンドレアの育て方は?

 

パンドレアは成長が早い植物であるため、早めに誘引を行い株姿を整えます。

 

植え替えをする際は、根が傷みやすいため注意して行います。

耐暑性はありますが、耐寒性がないため冬の時期は室内で育てるのが安全です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、パンドレアが好む環境についてお伝えします!

 

パンドレアの育て方!環境はどうする?

 

パンドレアを育てる際は、日当たりがよく風通しの良い場所で管理します。

乾燥気味の雰囲気を好むため、水はけの良い環境を整えておきます。

 

次は、パンドレアに適した用土についてお伝えします!

 

パンドレアを育てる際の適した用土は何?

 

パンドレアを育てる際は、水はけの良い用土を使用します。

 

市販の培養土または赤玉土、鹿沼土、腐葉土を等量で混ぜたものがオススメです。

植え替える際は、根鉢と表土を三分の一ほど落とし、新しい用土に植え替えを行います。

 

次は、パンドレアに必要な肥料についてお伝えします!

 

パンドレアの育て方!肥料はどうする?

 

パンドレアを育てる際は、多肥を好むため、元肥として化成肥料を与えます。

成長が早く、開花時期も長いため状態を観察しながら緩効性の肥料の置肥や液肥を適宜与えます。

 

では次は、パンドレアの水やりポイントについてお伝えします!

 

パンドレアを育てる際の水の量はどうする?

 

パンドレアを育てる際は、過湿にしないように注意が必要です。

乾燥気味の用土を好むため、土が乾いたのを確認してから水を与えます。

 

以上で基本的なパンドレアの育て方については終わりです。

次はパンドレアの写真をお見せします!

 

パンドレアの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?斑入りって?

 

 

パンドレアの花は肉厚の花系5~6cmほどで、ラッパ状に咲きます。

花は中央が濃いピンク色で花びらは白色または淡いピンク色です。

 

 

品種によっては、葉に斑模様が入るものもあります。

 

葉は濃緑色で、表面には光沢があります。

株がつる性であるため、他のものに絡まるようにして伸びます。

 

次に、パンドレアの開花時期をお伝えします!

 

パンドレアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

パンドレアの開花時期は、夏〜秋(6~10月)です。

開花する期間が長く、丈夫な植物であるためしっかりと日光に当ててあげることで次々と花を咲かせます。

 

次は、パンドレアの挿し木のやり方をお伝えします!

 

パンドレアの挿し木のやり方はどうするの?

 

パンドレアは挿し木で増やすことができます。

 

挿し木のやり方としては、今年芽吹いた新芽を葉が2~3枚残るようにして5cm程度カットします。

次に、カットした新芽を1時間ほど水につけます。

 

最後に、挿し木用の土にカットした新芽を挿して十分に水をかけます。

 

それでは次に、パンドレアの花が咲かない原因をお伝えします!

 

パンドレアの花が咲かない原因は?

 

パンドレアの花が咲かない原因としては、下記の事が考えられます。

  • 日当たりが悪いため、花の付きが悪くなってしまった
  • 植え替えの際に根が痛み、枯れてしまった
  • 水はけが悪く(水を与えすぎ)て根腐れしてしまった
  • 植え替えを怠り根詰まりを起こしてしまった

 

当てはまるものがないか確認してみてください。

 

それでは最後に、パンドレアの花言葉をお伝えします!

 

パンドレアの花言葉はなに?

 

パンドレアの花言葉は「飾らない美しさ」です。

 

パンドレアは5cmほどの花をラッパ状に咲かせますが、色合いが上品で控えめな様子が由来となっているようです。

花弁の色はピンクと白とありますが、どちらも喉元の濃いピンクとの色合わせがよくとても綺麗な花です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

パンドレアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①パンドレアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

パンドレアを育てる際は、日当たりがよく風通しの良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

育てる際の肥料は、元肥として化成肥料を与えます。

成長が早く、開花時期も長いため状態を観察しながら緩効性の肥料の置肥や液肥を適宜与えます。

育てる際の水やりは、過湿にしないように注意します。

乾燥気味の用土を好むため、土が乾いたのを確認してから水を与えます。

 

②パンドレアの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?斑入りって?

パンドレアの花は肉厚の花系5~6cmほどで、ラッパ状に咲きます。

花は中央が濃いピンク色で花びらは白色です。

品種によっては、葉に斑模様が入るものもあります。

 

③パンドレアの開花時期や季節はいつ頃なの?

パンドレアの開花時期は、夏〜秋(6~10月)です。

 

④パンドレアの挿し木のやり方はどうするの?

挿し木のやり方としては、今年芽吹いた新芽を葉が2~3枚残るようにして5cm程度カットします。

次に、カットした新芽を1時間ほど水につけます。

最後に、挿し木用の土にカットした新芽を挿して十分に水をかけます。

 

⑤パンドレアの花が咲かない原因は?

花が咲かない原因としては以下のような原因が考えられます。

  • 日当たりが悪いため、花の付きが悪くなってしまった
  • 植え替えの際に根が痛み枯れてしまった
  • 水はけが悪く(水を与えすぎ)て根腐れしてしまった
  • 植え替えを怠り根詰まりを起こしてしまった

 

⑥パンドレアの花言葉はなに?

パンドレアの花言葉は「飾らない美しさ」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)