【ポテンティラのまとめ!】育て方(種まきや冬越し)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ポテンティラについてまとめていきたいと思います。

 

ポテンティラはバラ科の植物で、ヒマラヤがで原産になります。

 

日本ではあまり見かけず、寒帯の地方でよく見られ、岩場や砂礫地などに自生しています。

 

名前は、ギリシャ語で”強力な”という意味の「potens」からきており、薬効成分があることが由来となっているようです。

学名は「Potentilla」といいます。

 

今回は、ポテンティラについてのポイント、

①ポテンティラの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ポテンティラの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③ポテンティラの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ポテンティラの種まき時期と種まきのポイントは?
⑤ポテンティラの冬越しのポイントは?
⑥ポテンティラの花言葉はなに?
⑦ポテンティラの種類や品種は何があるの?ヘレンジェーンやショグラン、ベルナなど

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはポテンティラの育て方からお伝えします!

 

ポテンティラの育て方は?

 

ポテンティラは、高温多湿の環境に弱く、やや乾燥したところで管理します。

 

耐寒性には強く、春の開花に向けて十分な寒さに当てておきます。

開花後はポット内が根でいっぱいになるため、植え替えを行います。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ポテンティラが好む環境についてお伝えします!

 

ポテンティラの育て方!環境はどうする?

 

ポランティアは、日当たりと水はけの良い場所で管理します。

 

過湿に弱いため、梅雨の時期などは室内に移動するなどの工夫が必要です。

生育が旺盛であるため、やせ地でちょうど良いくらいです。

 

次は、ポテンティラに適した用土についてお伝えします!

 

ポテンティラを育てる際の適した用土は何?

 

ポテンティラを育てる際は、水はけのよい土を使用します。

 

市販の草花用培養土または赤玉土2:腐葉土1の割合で混ぜたものを使用します。

庭植えの場合は、庭土に山野草用培養土を混ぜこんで水はけの良い環境を整えます。

 

次は、ポテンティラに必要な肥料についてお伝えします!

 

ポテンティラの育て方!肥料はどうする?

 

ポテンティラを育てる際は、肥料は控えめに与えます。

 

鉢植えの場合は、元肥として緩効性の肥料を与え、定植後にリン酸分多い肥料を与えます。

庭植えの場合は、植え付けの際に有機質の肥料と堆肥を混ぜ込み、定植後はリン酸分の多い緩効性の肥料を与えます。

 

では次は、ポテンティラの水やりポイントについてお伝えします!

 

ポテンティラを育てる際の水の量はどうする?

 

ポテンティラは乾燥気味の環境を好みます。

 

鉢植えの場合は、用土が乾燥したら水を与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なポテンティラの育て方については終わりです。

次はポテンティラの写真をお見せします!

 

ポテンティラの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

ポテンティラは1本の花茎が枝分かれして、数輪の花を付けます。

 

花径は3cmほどで、黄色の4弁花になります。

葉の縁には鋸歯があり、5枚の葉が掌状になっています。

 

次に、ポテンティラの開花時期をお伝えします!

 

ポテンティラの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ポテンティラの開花時期は、春~夏(4~9月)です。

開花時は小さな花を次々と咲かせるため、可愛らしいです。

 

次は、ポテンティラの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ポテンティラの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ポテンティラの種まきの適期は4~5月と10~11月です。

 

採りまきする場合は、保存期間が長いほど発芽率が低くなってしまうため、採取後はすぐにまきます。

種が細かいため、覆土は2~3mmと薄くしてまきます。

 

それでは次に、ポテンティラの冬越しのポイントをお伝えします!

 

ポテンティラの冬越しのポイントは?

 

ポテンティラは耐寒性があるため、冬越し対処は必要ありません。

鉢で育てている場合は、水やりの量を控えめにします。

 

次は、ポテンティラの花言葉をお伝えします!

 

ポテンティラの花言葉はなに?

 

ポテンティラの花言葉は「楽しい時間」です。

背丈も低く、見ていると時間を忘れてしまうような花です。

 

それでは最後に、ポテンティラの種類や品種をお伝えします!

 

ポテンティラの種類や品種は何があるの?ヘレンジェーンやショグラン、ベルナなど

 

ポテンティラの種類は、「ベルナ」「アトロサンギネア」「ヘレンジェーン」などがあります。

 

ベルナは、花色は黄色で、地を這うように伸びていくのがで増えていくのが特徴です。

アトロサンギネアは、花色は濃い赤色で、葉の裏面が白っぽいのが特徴です。

 

ヘレンジェーンは、花色はピンクで中央が真紅と特徴的です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ポテンティラのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ポテンティラの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ポテンティラは、高温多湿の環境に弱く、やや乾燥したところで管理します。

耐寒性には強く、冬は春の開花に向けて十分な寒さに当てておきます。

育てる際の用土は、水はけのよいものを使用します。

育てる際の肥料は控えめに与えます。

元肥として緩効性の肥料を与え、定植後にリン酸分多い肥料を与えます。

ポテンティラは乾燥気味の環境を好むため、鉢植えの場合は、用土が乾燥したら水を与え、庭植えの場合は自然の降雨で大丈夫です。

 

②ポテンティラの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

ポテンティラは1本の花茎が枝分かれして、数輪の花を付けます。

花径は3cmほどで、黄色の4弁花になります。

 

③ポテンティラの開花時期や季節はいつ頃なの?

ポテンティラの開花時期は、春~夏(4~9月)です。

 

④ポテンティラの種まき時期と種まきのポイントは?

ポテンティラの種まきの適期は4~5月と10~11月です。

採りまきする場合は、保存期間が長いほど発芽率が低くなってしまうため、採取後はすぐにまきます。

 

⑤ポテンティラの冬越しのポイントは?

ポテンティラは耐寒性があるため、冬越し対処は必要ありません。

鉢で育てている場合は、水やりの量を控えめにします。

 

⑥ポテンティラの花言葉はなに?

ポテンティラの花言葉は「楽しい時間」です。

 

⑦ポテンティラの種類や品種は何があるの?ヘレンジェーンやショグラン、ベルナなど

ポテンティラの種類は、「ベルナ」「アトロサンギネア」「ヘレンジェーン」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)