【フロウソウのまとめ!】育て方(適した環境や水やり)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、フロウソウについてまとめていきたいと思います。

 

フロウソウは、コウヤノマンネングサ科の植物で、日本全土に分布します。

湿った岩などに湿気のある場所に生息します。

 

漢字で「不老草」と書き、長期間枯れずに観察できることが由来となっているようです。

学名は「Climacium dendroides」といいます。

 

今回は、フロウソウについてのポイント、

①フロウソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②フロウソウの画像(写真)!特徴は?どんな苔なの?花は咲く?
③フロウソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④フロウソウの販売場所は?どこで買えるの?
⑤フロウソウの花言葉はなに?
⑥フロウソウとコウヤノマンネングサの違いはなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはフロウソウの育て方からお伝えします!

 

フロウソウの育て方は?

 

フロウソウは乾燥に弱いため、湿度の管理には注意が必要です。

 

寒暖差が少なく、安定した温度管理ができる場所での栽培が良いです。

地下茎を伸ばして繁殖するため、植え替えの際は傷つけないように注してください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、フロウソウが好む環境についてお伝えします!

 

フロウソウの育て方!環境はどうする?

 

フロウソウは木漏れ日がさすような半日陰のところで管理します。

また、湿気を好むため鉢植えに対して1/4程度水を張り、水辺に近い環境を整えておくのもオススメです。

 

フロウソウを育てる際の適した用土は何?

 

フロウソウを育てる際は、水はけの良い用土を使用します。

鉢植えの場合は、市販の培養土を使用し、鉢底に川砂などで水はけを良くします。

 

次は、フロウソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

フロウソウの育て方!肥料はどうする?

 

フウロソウを育てる際は、肥料はあまり必要ありません。

ただし、育てる上で色合いが悪くなるため、美しく育てるためには肥料は与える必要があります。

 

では次は、フロウソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

フロウソウを育てる際の水の量はどうする?

 

フロウソウは乾燥に対して弱いため、乾燥しないように水やりします。

 

表面の用土が乾燥したら、多めに水を与えます。

水を与えすぎると、根腐れする原因になるため注意が必要です。

 

以上で基本的なフロウソウの育て方については終わりです。

次はフロウソウの写真をお見せします!

 

フロウソウの画像(写真)!特徴は?どんな苔なの?花は咲く?

 

 

フロウソウの茎は直立し、長さは3cmくらいまで成長します。

 

葉の長さは3cmほどで、縁には鋸歯があります。

まれに朔をつくることがあり、外朔歯の全面には乳頭を持ちます。

 

フロウソウは苔の一種に分類されるため、花は咲かせません

 

次に、フロウソウの開花時期をお伝えします!

 

フロウソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

フロウソウは通年を通して鑑賞時期になります。

その中でも春~初夏(3~5月)が色合いが良く、見頃の時期になります。

 

次は、フロウソウの販売場所をお伝えします!

 

フロウソウの販売場所は?どこで買えるの?

 

フロウソウは身近なところではオンラインショップ(楽天)で購入できます。

 

1苗当たり600~700円ほどで購入できます。

安価で購入できますので、購入してみるのも良いと思います。

 

それでは次に、フロウソウの花言葉をお伝えします!

 

フロウソウの花言葉はなに?

 

フロウソウの花言葉は「上機嫌」です。

長寿を願う縁起の良い植物で、親へのプレゼントとしても良いです、

 

それでは最後に、フロウソウとコウヤノマンネングサの違いをお伝えします!

 

フロウソウとコウヤノマンネングサの違いはなに?

 

フロウソウの葉の先端は広く尖っていますが、コウヤノマンネングサの先は細く尖ります。

また、フロウソウには葉の縁に鋸歯があります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

フロウソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①フロウソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

フロウソウは木漏れ日がさすような半日陰のところで管理します。

また、湿気を好むため鉢植えに対して1/4程度水を張り、水辺に近い環境を整えておくのもオススメです。

育てる際は、水はけの良い用土を使用します。

育てる際の肥料は、あまり必要ありません。

フロウソウは乾燥に対して弱いため、乾燥しないように水やりします。

 

②フロウソウの画像(写真)!特徴は?どんな苔なの?花は咲く?

フロウソウの茎は直立し、長さは3cmくらいまで成長します。

葉の長さは3cmほどで、縁には鋸歯があります。

フロウソウは苔の一種に分類されるため、花は咲かせません。

 

③フロウソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

フロウソウは通年を通して鑑賞時期になります。

その中でも春~初夏(3~5月)が色合いが良く、見頃の時期になります。

 

④フロウソウの販売場所は?どこで買えるの?

フロウソウは、オンラインショップ(楽天)で購入できます。

1苗当たり600~700円と安価で購入可能です。

 

⑤フロウソウの花言葉はなに?

フロウソウの花言葉は「上機嫌」です。

 

⑥フロウソウとコウヤノマンネングサの違いはなに?

フロウソウの葉の先端は広く尖っていますが、コウヤノマンネングサの先は細く尖ります。

また、フロウソウには葉の縁に鋸歯があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)