【セリンセのまとめ!】育て方(種まきや苗の植え付け)と花言葉等9個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、セリンセについてまとめていきたいと思います。

 

セリンセはムラサキ科の一年草で、主に地中海沿岸に自生しています。

 

今回は、セリンセについてのポイント、

①セリンセの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②セリンセの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③セリンセの開花時期や季節はいつ頃なの?
④セリンセの苗の植え付けのポイントは?
⑤セリンセの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?
⑥セリンセの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種でも育つ?
⑦セリンセの種や切り花の販売場所は?通販で買えるの?
⑧セリンセの花言葉はなに?
⑨セリンセの種類や品種は何があるの?マヨールやキウイブルー、プライドオブジブラルタルなど

 

以上9個の点についてお伝えします。

まずはセリンセの育て方からお伝えします!

 

セリンセの育て方は?

 

セリンセを育てるには、鉢植えか庭植えがおすすめです。

また、花壇にして寄せ植えにしても良いですよ。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、セリンセが好む環境についてお伝えします!

 

セリンセの育て方!環境はどうする?

 

セリンセの好む環境は、日当たりがよく水はけの良い場所です。

湿度が高すぎたり、乾燥しやすい場所では育ちが悪くなるので植え付けないようにしましょう。

 

次は、セリンセに適した用土についてお伝えします!

 

セリンセを育てる際の適した用土は何?

 

セリンセに適した用土は、鉢植えなら、赤玉土と腐葉土の混合土市販の草花用培養土です。

庭植えは、腐葉土を使うようにしましょう。

 

次は、セリンセに必要な肥料についてお伝えします!

 

セリンセの育て方!肥料はどうする?

 

セリンセの肥料は、鉢植えの場合、緩効性化成肥料を元肥として施し春先に2週間に1回程度液体肥料を与えるようにしましょう。

庭植えも同様に、元肥に緩効性化成肥料を施します。

 

追肥は特に必要ありません。

 

では次は、セリンセの水やりポイントについてお伝えします!

 

セリンセを育てる際の水の量はどうする?

 

セリンセの水やりは、鉢植え表面の土が乾いたら鉢底から水が出るくらいたっぷりと与えます。

庭植えは、降雨のみで十分に育ちます。

 

以上で基本的なセリンセの育て方については終わりです。

次はセリンセの写真をお見せします!

 

セリンセの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

こちらがセリンセの写真です。

 

セリンセはムラサキ科の一年草で、草丈は30cmから50cmほどの大きさです。

 

伸びた茎の先から、花序を出して黄色や紫の花を下向きに咲かせます。

花の長さは2cmほどの大きさで、花が増えるにつれて12cmくらいのさそりの尾の様に反り返る事が特徴です。

 

次に、セリンセの開花時期をお伝えします!

 

セリンセの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

セリンセの開花時期は、春から初夏頃の4月から5月です。

紫や黄色のさそりに似た花は、色鮮やかでとても目立ちますよ。

 

次は、セリンセの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

セリンセの苗の植え付けのポイントは?

 

 

セリンセの植え付けは、春に開花するため、秋先の9月から10月に行うと良いでしょう。

 

鉢植えで育てる場合は、赤玉土6、腐葉土4を混ぜた土を入れて苗を植えつけましょう。

庭植えで育てる場合は、庭土に腐葉土を混ぜた土に20cm間隔に植え込むようにします。

 

それでは次に、セリンセの寄せ植えに合う植物をお伝えします!

 

セリンセの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

 

セリンセは、花壇やプランターの寄せ植えにも適しています。

 

セリンセは下向きに長く反り返って花を付けるため、寄せ植えには、パンジーやネモフィラなどの正面に咲く花を使うと見映えが良くなります。

また、土に近い部分が空いているなら、小ぶりなサクラソウや、ツルニチニチソウなどのつる植物と合わせても良いでしょう。

 

次は、セリンセの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

セリンセの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種でも育つ?

 

 

セリンセは種からでも育てることができます。

 

種まき9月下旬から10月上旬に行います。

ポットに種まき用の土を入れて、一晩水に浸した種を撒きます。

 

発芽までは18℃に保てるように温度管理をしましょう。

 

発芽後は、生育の良い苗だけにして本葉が5枚になったら、鉢や庭に植え替えをします。

また、開花後の果実から落ちたこぼれ種でも育ちますよ。

 

次に、セリンセの種や切り花の販売場所をお伝えします!

 

セリンセの種や切り花の販売場所は?通販で買えるの?

 

セリンセの種や切り花は、園芸店のインターネットショップやメルカリなどで取り扱われています。

 

時期により取り扱いのない場合もありますが、種は300円から1000円前後切り花は1本182円程度で販売しています。

通販でも購入可能です。

 

次は、セリンセの花言葉をお伝えします!

 

セリンセの花言葉はなに?

 

セリンセの花言葉には、「優美」「母性愛」という意味があります。

花が下に咲くことから、髪をなびかせている様な優美さと、子供を抱くような母性愛に包まれている様に見えるのでしょうね。

 

それでは最後に、セリンセの種類や品種をお伝えします!

 

セリンセの種類や品種は何があるの?マヨールやキウイブルー、プライドオブジブラルタルなど

 

セリンセには20種類ほどの品種があり、代表的な品種としてマヨールキウイブループライドオブジブラルタルなどがあります。

 

マヨールは、葉が銀青色で赤紫色の花が特徴のシックなセリンセです。

キウイブルーは、紫色の花を付けますが、寒さに当てることで花色が鮮やかに明るく変わります。

プライドオブジブラルタルは、青い葉から濃い紫色の花を付けるセリンセです。

 

どの種のセリンセも紫色に若干の違いがあるため、紫のグラデーションを楽しんでみると良いかもしれません。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

セリンセのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①セリンセの育て方(環境、土、肥料、水やり)

セリンセを育てるには、鉢植えか庭植えがおすすめです。

好む環境は、日当たりがよく水はけの良い場所です。

適した用土は、鉢植えなら、赤玉土と腐葉土の混合土、市販の草花用培養土を使い、庭植えは、腐葉土を使うようにしましょう。

肥料は、鉢植えの場合緩効性化成肥料を元肥として施し、春先に2週間に1回程度液体肥料を与えるようにしましょう。

庭植えも同様に、元肥に緩効性化成肥料を施します。追肥は特に必要ありません。

水やりは、鉢植えは表面の土が乾いたら鉢底から水が出るくらいたっぷりと与えます。庭植えは、降雨のみで十分に育ちます。

 

②セリンセの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

セリンセはムラサキ科の一年草で、伸びた茎の先から、花序を出して黄色や紫の花を下向きに咲かせます。

花の長さは2cmほどの大きさで、花が増えるにつれて12cmくらいのさそりの尾の様に反り返る事が特徴です。

 

③セリンセの開花時期や季節はいつ頃なの?

セリンセの開花時期は、春から初夏頃の4月から5月です。

 

④セリンセの苗の植え付けのポイントは?

セリンセの植え付けは、秋先の9月から10月に行うと良いでしょう。

鉢植えは、赤玉土6、腐葉土4を混ぜた土を入れましょう。庭植えは、庭土に腐葉土を混ぜた土に20cm間隔に植え込むようにします。

 

⑤セリンセの寄せ植えに合う植物はなにがあるの?

セリンセは下向きに長く反り返って花を付けるため、寄せ植えには、パンジーやネモフィラなどの正面に咲く花を使うと見映えが良くなります。

 

⑥セリンセの種まき時期と種まきのポイントは?こぼれ種でも育つ?

種まきは9月下旬から10月上旬に行います。

ポットに種まき用の土を入れて、一晩水に浸した種を撒きます。発芽後は、生育の良い苗だけにして本葉が5枚になったら、鉢や庭に植え替えをします。

また、開花後のセリンセの果実から落ちたこぼれ種でも育ちますよ。

 

⑦セリンセの種や切り花の販売場所は?通販で買えるの?

セリンセの種や切り花は、園芸店のインターネットショップやメルカリなどで取り扱われています。

通販でも購入可能です。

 

⑧セリンセの花言葉はなに?

セリンセの花言葉には、「優美」「母性愛」という意味があります。

 

⑨セリンセの種類や品種は何があるの?マヨールやキウイブルー、プライドオブジブラルタルなど

セリンセには20種類ほどの品種があり、代表的な品種としてマヨール、キウイブルー、プライドオブジブラルタルなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)