【セアノサスのまとめ!】育て方(剪定や挿し木)と花言葉等11個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、セアノサスについてお伝えしていきたいと思います!

 

セアノサスはクロウメモドキ科に属する落葉低木の植物となります。

 

美しい花や葉が印象的なセアノサスは品があることで人気の品種となります。

ブッシュ状の小さいセアノサスの葉が特徴となります。

 

今回はセアノサスについてのポイント、

①セアノサスの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②セアノサスの画像(写真)!特徴は?
③セアノサスの開花時期や季節はいつ頃なの?
④セアノサスの苗木の植え付けのポイントは?
⑤セアノサスの鉢植えのポイントは?
⑥セアノサスの地植え(庭植え)のポイントは?
⑦セアノサスの剪定のポイントは?
⑧セアノサスの挿し木のやり方はどうするの?
⑨セアノサスの枯れた原因は?
⑩セアノサスの花言葉はなに?
⑪セアノサスの種類や品種は何があるの?

 

以上11個の点についてお伝えします。

まずはセアノサスの育て方からお伝えします!

 

セアノサスの育て方は?

 

 

セアノサスは誤った育成を行うと株が弱ってしまい、最悪枯れてしまうデリケートな植物となります。

 

夏時期の強い日差しには当たらないように注意する必要があります。

冬の寒さにも少し弱い品種ではありますが-5℃の環境でも冬越しすることが可能です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、セアノサスが好む環境についてお伝えします!

 

セアノサスの育て方!環境はどうする?

 

セアノサスは北アメリカが原産地である植物となります。

 

高温多湿の環境に弱い品種となりますので、風通しが良く水ハケの良い環境つくりを行ってあげましょう。

耐寒性のある品種ではありますが、冬時期は室内の明るい窓際での育成をオススメします。

 

次は、セアノサスに適した用土についてお伝えします!

 

セアノサスを育てる際の適した用土は何?

 

セアノサスは水ハケの良い肥沃な用土を好む植物となります。

 

市販の用土を使用する時は、配合培養土を使用してください。

自身で用土を作成する場合は、赤玉土を6割(腐葉土を3割、パーライト1割を混ぜ合わせたものをしようきてください。

 

次は、セアノサスに必要な肥料についてお伝えします!

 

セアノサスの育て方!肥料はどうする?

 

セアノサスの肥料は植え替えと開花後のタイミングで与えてください。

 

植え替え時の元肥には、ゆっくりと効果が持続する緩効性肥料を与えてあげましょう。

開花後には有機質の観光性肥料を置き肥してください。

 

では次は、セアノサスの水やりポイントについてお伝えします!

 

セアノサスを育てる際の水の量はどうする?

 

 

乾燥した環境を好む植物であるセアノサスは、あまり水やりを必要としない植物となります。

 

セアノサスを鉢植えで育成する場合は、用土の表面が乾燥してきたタイミングでたっぷりと与えてあげましょう。

セアノサスを地植えで育成する場合は、夏の暑い日が続くような時に水を与えてください。

 

以上で基本的なセアノサスの育て方については終わりです。

次はセアノサスの写真をお見せします!

 

セアノサスの画像(写真)!

 

セアノサスは鉢植えでは草丈が約50cmとなりますが、庭植えでは約150cm以上に成長します。

 

セアノサスは小さく美しい花色の花をたくさん咲かせます。

花だけでなく光沢のある葉も美しく、開花時期を終えてからも楽しむことができます。

 

セアノサスの画像はこちらになります。

 

次に、セアノサスの開花時期をお伝えします!

 

セアノサスの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

セアノサスは青い花色が印象的となりますが、品種の中にはピンク系の花色もあります。

 

良い芳香が魅力的なセアノサスの花は、たくさんの花が集合して開花します。

セアノサスの開花時期は春時期の4月頃から初夏時期の6月頃となります。

 

次は、セアノサスの苗木の植え付けのポイントをお伝えします。

 

セアノサスの苗木の植え付けのポイントは?

 

セアノサスの植え付け場所には事前に苦土石灰で土壌を中和してあげましょう。

 

植え付けえお行ってからは必ず水やりを行ってください。

株の根が定着するまでの間は支柱を立てると安定して良いでしょう。

 

次に、セアノサスの鉢植えで育てるポイントをお伝えします。

 

セアノサスの鉢植えのポイントは?

 

 

セアノサスは梅雨時期の雨や、冬時期の霜に弱い品種となりますので室内での育成をオススメします。

 

セアノサスを鉢植えで育成する場合は、日差しが強いところは避けてください、

昼間に水やりを行うと高温多湿の状態になりますので、夕方に行ってください。

 

次は、セアノサスの地植えで育てる際のポイントをお伝えします。

 

セアノサスの地植え(庭植え)のポイントは?

 

セアノサスは育成が難しい植物となりますので地植えでの育成はオススメしません。

 

地植えで育成する場合は暑さが厳しくなる夏越しの対策として遮光ネットをかけるなどして暑さをしのいであげる必要があります。

冬時期の寒さには比較的大丈夫ですが、霜が当たらないように注意してあげましょう。

 

次に、セアノサスの剪定のポイントをお伝えします。

 

セアノサスの剪定のポイントは?

 

 

セアノサスは高温多湿に弱い植物ですので通気性を良くする必要があります。

 

セアノサスの剪定を行う適度時期は、開花時期を終えてからとなります。

剪定を行う適時期は秋から春となりますが、冬時期に行うと株が弱ってしまいますので絶対さけてください。

 

次に、セアノサスの挿し木のやり方をお伝えします。

 

セアノサスの挿し木のやり方はどうするの?

 

 

セアノサスを増やす場合は挿し木で行ってください。

 

セアノサスの挿し木を行う枝は約7cmくらいの長さにしてあげましょう。

挿し木を行ってからは、日当たりの良い環境で根が定着するまでの間は乾燥しないようにこまめに水を与えてください。

 

次は、セアノサスの枯れた原因をお伝えします。

また、対策方法もお伝えしますね!

 

セアノサスの枯れた原因は?対策方法も!

 

 

冬時期に霜が当たってしまうと最悪枯れてしまいますので注意してください。

 

セアノサスは害虫がつきにくい植物となりますがテッポウムシがつくことがあります。

テッポウムシが付かないように、4月頃から9月頃までに殺虫剤をまいて予防してください。

 

次に、セアノサスの花言葉をお伝えします。

 

セアノサスの花言葉はなに?

 

 

セアノサスは別名カリフォルニアライラックと呼ばれる品種となります。

 

セアノサスの花言葉は、初恋の思い出や淡い恋心となります。

淡く美しい花色とセアノサスの花姿からロマンチックな花言葉がつけられています。

 

最後に、セアノサスの種類や品種をお伝えします。

 

セアノサスの種類や品種は何があるの?

 

 

セアノサスは種類によって姿が大きく異なる品種となります。

 

ライラック

ライラックはモクセイ科ハシドイ属に属する植物となります。

セアノサスとは異なる属性となりますが、別名カリフォリニアライラックと呼ばれています。

 

ヘンリーデスフォッセ

ヘンリーデスフォッセはクロウメモドキ科の中でも広葉で濃い青紫色が特徴的な植物となります。

斑模様の葉は株によって異なるので、変化を楽しむことができる品種です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

セアノサスのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①セアノサスの育て方(環境、土、肥料、水やり)

セアノサスは誤った育成を行うと株が弱ってしまい、最悪枯れてしまうデリケートな植物となります。

夏時期の強い日差しには当たらないように注意する必要があります。

冬の寒さにも少し弱い品種ではありますが-5℃の環境でも冬越しすることが可能です。

 

②セアノサスの画像(写真)!

セアノサスは鉢植えでは草丈が約50cmとなりますが、庭植えでは約150cm以上に成長します。

セアノサスは小さく美しい花色の花をたくさん咲かせます。

花だけでなく光沢のある葉も美しく、開花時期を終えてからも楽しむことができます。

 

③セアノサスの開花時期や季節はいつ頃なの?

セアノサスは青い花色が印象的となりますが、品種の中にはピンク系の花色もあります。

良い芳香が魅力的なセアノサスの花は、たくさんの花が集合して開花します。

セアノサスの開花時期は春時期の4月頃から初夏時期の6月頃となります。

 

④セアノサスの苗木の植え付けのポイントは?

セアノサスの植え付け場所には事前に苦土石灰で土壌を中和してあげましょう。

植え付けえお行ってからは必ず水やりを行ってください。

株の根が定着するまでの間は支柱を立てると安定して良いでしょう。

 

⑤セアノサスの鉢植えのポイントは?

セアノサスは梅雨時期の雨や、冬時期の霜に弱い品種となりますので室内での育成をオススメします。

セアノサスを鉢植えで育成する場合は、日差しが強いところは避けてください

昼間に水やりを行うと高温多湿の状態になりますので、夕方に行ってください。

 

⑥セアノサスの地植え(庭植え)のポイントは?

セアノサスは育成が難しい植物となりますので地植えでの育成はオススメしません。

地植えで育成する場合は暑さが厳しくなる夏越しの対策として遮光ネットをかけるなどして暑さをしのいであげる必要があります。

冬時期の寒さには比較的大丈夫ですが、霜が当たらないように注意してあげましょう。

 

⑦セアノサスの剪定のポイントは?

セアノサスは高温多湿に弱い植物ですので通気性を良くする必要があります。

セアノサスの剪定を行う適度時期は、開花時期を終えてからとなります。

剪定を行う適時期は秋から春となりますが、冬時期に行うと株が弱ってしまいますので絶対さけてください。

 

⑧セアノサスの挿し木のやり方はどうするの?

セアノサスを増やす場合は挿し木で行ってください。

セアノサスの挿し木を行う枝は約7cmくらいの長さにしてあげましょう。

挿し木を行ってからは、日当たりの良い環境で根が定着するまでの間は乾燥しないようにこまめに水を与えてください。

 

⑨セアノサスの枯れた原因は?

冬時期に霜が当たってしまうと最悪枯れてしまいますので注意してください。

セアノサスは害虫がつきにくい植物となりますがテッポウムシがつくことがあります。

テッポウムシが付かないように、4月頃から9月頃までに殺虫剤をまいて予防してください。

 

⑩セアノサスの花言葉はなに?

セアノサスは別名カリフォルニアライラックと呼ばれる品種となります。

セアノサスの花言葉は、初恋の思い出や淡い恋心となります。

淡く美しい花色とセアノサスの花姿からロマンチックな花言葉がつけられています。

 

⑪セアノサスの種類や品種は何があるの?

セアノサスは種類によって姿が大きく異なる品種となります。

 

ライラック

ライラックはモクセイ科ハシドイ属に属する植物となります。

セアノサスとは異なる属性となりますが、別名カリフォリニアライラックと呼ばれています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)