【サヤインゲンのまとめ!】育て方(苗の植え付けや害虫対策)と種類等13個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、サヤインゲンについてまとめていきたいと思います。

 

サヤインゲンの学名は【Phaseolus vulgaris】となり、

英国では【Green bean】と言われています。

 

今回は、サヤインゲンについてのポイント、

①サヤインゲンの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サヤインゲンの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③サヤインゲンの開花時期や季節、旬はいつ頃なの?
④サヤインゲンの苗の植え付けのポイントは?
⑤サヤインゲンのかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑥サヤインゲンの栄養価は?ダイエットに効果的なの?気になる成分表は?
⑦サヤインゲンは離乳食でいつから食べられる?
⑧サヤインゲンの食べ方は?どんな料理が合う?おすすめの人気レシピは?
⑨サヤインゲンの価格(値段)はいくら位なの?
⑩サヤインゲンに毒性はある?アレルギーの原因になる?
⑪サヤインゲンの保存方法は?冷凍できる?
⑫サヤインゲンの花言葉はなに?英語で何というの?漢字ではどう書く?
⑬サヤインゲンの種類や品種は何があるの?

 

以上13個の点についてお伝えします。

まずはサヤインゲンの育て方からお伝えします!

 

サヤインゲンの育て方(栽培)は?

 

サヤインゲンの育て方は、まずは【適温をキープすること】が大切です。

 

そして、用土としての【堆肥】、【石灰】の使用、また、【適切なpH】の把握が必要になります。

肥料も、【有機肥料】などの栄養のあるもの与えてあげましょう。

 

水の量も乾燥させないように、サヤインゲンの状態を見ながら、生育していくことを心がけましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、サヤインゲンが好む環境についてお伝えします!

 

サヤインゲンの育て方(栽培)!環境はどうする?

 

サヤインゲンの成長させる土の適温【20~25℃】になります。

 

【13℃以下、また30℃以上】の地温になってしまうと発芽に悪影響を与えてしまいます。

ですが、【マルチ資材】を使うことで適温をキープすることができます。

 

次は、サヤインゲンに適した用土についてお伝えします!

 

サヤインゲンを育てる際の適した用土は何?

 

サヤインゲンの適した用土を作る時期には、ポイントが2つあります。

 

1つは【3週間前に堆肥】と【2週間前に石灰】を混ぜておく必要があります。

よく耕して、【pH6.0〜6.5】の用土目安を確認しておく必要があるのです。

その後には、元肥を混ぜていくのですが、これが【種まきの1週間前】になります。

そして、畝を立てていく時には、株間30㎝をキープしておきましょう。

 

次は、サヤインゲンに必要な肥料についてお伝えします!

 

サヤインゲンの育て方(栽培)!肥料はどうする?

 

サヤインゲンの育て方での肥料は、植え付ける時にポイントがあります。

 

植え付けの時に、【有機肥料】を与えるか、【化成肥料(野菜用)】がいいです。

有機肥料に関しては、【リン酸とカリウムが多いもの】がオススメです。

そして、草丈が20~30cmほどになった段階で、少しづつですが、【野菜用の化成肥料】を与えてください。

 

注意点は肥料のあげ過ぎなので、実付きが悪くならないようにしましょう。

 

では次は、サヤインゲンの水やりポイントについてお伝えします!

 

サヤインゲンを育てる際の水の量はどうする?

 

サヤインゲンを鉢やプランターなどで栽培する時には、

【土の表面が乾いてきたら与える】ことが大切です。

 

プランターの下から水が流れてくるまで、あげるようにしていきましょう。

 

以上で基本的なサヤインゲンの育て方については終わりです。

次はサヤインゲンの写真をお見せします!

 

サヤインゲンの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

サヤインゲンの長さは【約13〜15cm】になります。

キレイな緑色をしており、食べると意外にシャキッと歯ごたえを感じます。

 

 

また、夏になれば、淡紅色や白の花をつけます。

 

その後に、サヤをつけていくので、サヤインゲンと言われるのです。

 

次に、サヤインゲンの開花時期をお伝えします!

 

サヤインゲンの開花時期や季節、旬はいつ頃なの?

 

サヤインゲンの開花時期は【夏】になります。

旬の時期は【6~9月】で、可愛いいキレイな花を咲かせてくれます。

 

次は、サヤインゲンの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

サヤインゲンの苗の植え付けのポイントは?

 

サヤインゲンの植え付けのタイミングは、【本葉が2~3枚ついたころ】になります。

 

また、【深型プランター(約60㎝)】を使用する場合には、【2株目安の植え付け】となります。

地植えする場合には、【約30~40cm】の株の間隔を取るようにしましょう。

 

次に、サヤインゲンのかかりうる病気や害虫の対策方法をお伝えします!

 

サヤインゲンのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

サヤインゲンの栽培での害虫は、主に【アブラムシ】、【ハダニ】、【ハモグリバエ】になります。

 

この中でも注意するべき害虫は、アブラムシになります。

株にある栄養を吸い取るなど、悪影響を及ぼしてしまうので、注意が必要になります。

また、アブラムシは、【ウイルス性の病気の原因】にもあるので、殺虫剤(野菜用)での駆除が必要になってきます。

 

次は、サヤインゲンの栄養価をお伝えします!

 

サヤインゲンの栄養価は?ダイエットに効果的なの?気になる成分表は?

 

サヤインゲンの栄養素は、【葉酸】、【ビタミンK】、【β-カロテン(ビタミンA)】、【カリウム】、【食物繊維】、【ビタミンB2】は新陳代謝を良くし、脂肪燃焼を助けます。

 

ですので、ダイエットにつながることになるのです。

その他、【カルシウム、亜鉛、鉄、】も豊富に含まれているので、栄養満点の食材になります。

 

それでは次に、サヤインゲンは離乳食でいつから食べられるかをお伝えします!

 

サヤインゲンは離乳食でいつから食べられる?

 

サヤインゲンの離乳食としての食べ始めは【離乳食中期後半~離乳食後】の期間となっています。

可愛い子どもの様子と相談しながら、食べさせてあげてもいいでしょう。

 

次は、サヤインゲンの食べ方をお伝えします!

 

サヤインゲンの食べ方は?どんな料理が合う?おすすめの人気レシピは?

 

サヤインゲンは、シンプルに素材の味を活かしながら、そのまま食べることがオススメです。

その前に、必要な材料や美味しく食べる手順を紹介します。

さやいんげん【100g】
塩【小さじ1】
お湯【500ml】
氷水 【適量】

この4点を用意してください。

 

では手順にいきます!

1、サヤインゲンのヘタを見つけて折っていきます。

そして、筋とりをしていきます。

2、まな板の上に下準備したサヤインゲンをおき、塩をからめていきます。

3、沸騰を終えたお湯を用意して、入れて茹でます。(2分間)

4、氷水に入れて、サヤインゲンを引締めて、水気を切ります。

5、お皿などの容器に移して終了です。

 

次に、サヤインゲンの価格(値段)をお伝えします!

 

サヤインゲンの価格(値段)はいくら位なの?

 

サヤインゲンの1袋の最新価格は【220円(税込)】になります。

楽天市場でのサヤインゲンの価格の例としては、【熊本産 三度豆(インゲン)100g】が【価格 270円 (税込)】となっています。

ぜひ、参考にしてみてください!

 

次は、サヤインゲンに毒性はあるかをお伝えします!

 

サヤインゲンに毒性はある?アレルギーの原因になる?

 

サヤインゲンを加熱していない場合は、【嘔吐】、【下痢】をする可能性があります。

 

インゲン豆は、一夜水に浸して、加熱していくことで、食べれることができます。(乾燥されたものの場合)

 

しかし、インゲン豆が完全に加熱されてない場合には、

成分である【レクチン】が嘔吐や下痢の症状を引き起こしてしまうのです。

 

レクチンは、沸騰した状態で【5~10分】の加熱で消滅します。

要は、しっかりと加熱することが大切で、生で食べることはNGとなります。

 

次に、サヤインゲンの保存方法をお伝えします!

 

サヤインゲンの保存方法は?冷凍できる?

 

サヤインゲンの冷蔵庫の野菜ボックスで保管する形になります。

 

その時には、ポリ袋やラップで包み、その上で新聞紙でくるんで、保管します。

しかし、保存しても、【2~3日以内】には使い切るようにしましょう。

 

どうしても、使い切れない場合には、一度、茹でて冷凍することで長持ちさせることができます。(1ヶ月間OK)

 

次は、サヤインゲンの花言葉をお伝えします!

 

サヤインゲンの花言葉はなに?英語で何というの?漢字ではどう書く?

 

サヤインゲンはの花言葉は、【豊かさ】、【喜びの訪れ】、【必ず来る幸福】です。

 

漢字で書くと、【莢隠元】となります。

花言葉は豊さが伝わり、漢字を見れば複雑に見えます。

 

それでは最後に、サヤインゲンの種類や品種をお伝えします!

 

サヤインゲンの種類や品種は何があるの?

 

サヤインゲンの日本品種(種類)は、【サーベルいんげん】【どじょういんげん】【ヒラサヤインゲン(平鞘隠元/ひらざやいんげん)】【モロッコいんげん】

などがあげられます。

 

さまざまな品種が市販で売られ、家庭菜園などで生育させることも人気となっています。

ちなみに、海外品種になると黄色や紫いるのサヤインゲンがあります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

サヤインゲンのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは13個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①サヤインゲンの育て方(環境、土、肥料、水やり)

サヤインゲンの適温【20~25℃】です。

【13℃以下、また30℃以上】の地温になってしまうと発芽に悪影響を受けてしまいます。

【マルチ資材】で適温をキープできます。

 

②サヤインゲンの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

サヤインゲンの長さは【約13〜15cm】です。

夏の時期に、淡紅色や白の花を咲かせます。

 

③サヤインゲンの開花時期や季節、旬はいつ頃なの?

サヤインゲンの開花時期は【夏】です。(旬の時期は6~9月)

 

④サヤインゲンの苗の植え付けのポイントは?

サヤインゲンの植え付けは、【本葉が2~3枚ついたタイミング】で行います。

【深型プランター(約60㎝)】を使用時には、【2株目安】で植え付けます。

地植えの場合は、株の間隔を【約30~40cm】取ります。

 

⑤サヤインゲンのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

サヤインゲンの害虫は、【アブラムシ】、【ハダニ】、【ハモグリバエ】です。

特に、アブラムシは【ウイルス性の病気】を発症させる根源になるので注意が必要です。

 

⑥サヤインゲンの栄養価は?ダイエットに効果的なの?気になる成分表は?

サヤインゲンの栄養素は、【葉酸】、【ビタミンK】、【β-カロテン(ビタミンA)】

【カリウム】、【食物繊維】、【ビタミンB2】です。

ビタミンB2は新陳代謝を良くし、脂肪燃焼を助けるので、ダイエットになります。

その他、【カルシウム、亜鉛、鉄、】も含まれています。

 

⑦サヤインゲンは離乳食でいつから食べられる?

サヤインゲンの離乳食期間は、【離乳食中期後半~離乳食後】から始めてください。

 

⑧サヤインゲンの食べ方は?どんな料理が合う?おすすめの人気レシピは?

サヤインゲンは、そのままの素材の味を活かした食べ方がオススメです。

作り方の手順は上記にて参考にしてみてください。

 

⑨サヤインゲンの価格(値段)はいくら位なの?

サヤインゲンの1袋あたりのの最新価格は【220円(税込)】です。

サヤインゲンは市販以外の楽天市場などの通信サイトで販売されていますので、確認してみてください。

 

⑩サヤインゲンに毒性はある?アレルギーの原因になる?

サヤインゲンを加熱していない場合は、【嘔吐】、【下痢】を起こす可能性があります。

サヤインゲンの成分である【レクチン】が原因で、嘔吐下痢を発症させます。

 

⑪サヤインゲンの保存方法は?冷凍できる?

サヤインゲンは冷蔵庫の野菜ボックスで保存します。

ポリ袋やラップで包み、その上で新聞紙でくるみ、、保管します。

保存しても、【2~3日以内】には使い切るよう、意識しておきましょう。

使い切れない場合には、茹でて冷凍すると、長持ちします。(1ヶ月間OK)

 

⑫サヤインゲンの花言葉はなに?英語で何というの?漢字ではどう書く?

サヤインゲンはの花言葉は、【豊かさ】、【喜びの訪れ】、【必ず来る幸福】になります。

 

⑬サヤインゲンの種類や品種は何があるの?

サヤインゲンの品種は、【サーベルいんげん】、【どじょういんげん】、

【ヒラサヤインゲン(平鞘隠元/ひらざやいんげん)】、【モロッコいんげん】などです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)