【プルモナリアのまとめ!】育て方(適した環境や株分け)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、プルモナリアについてまとめていきたいと思います。

 

半日陰でも育つ丈夫さを持ち、シェードガーデン向きの草花として人気なプルモナリア。

 

「プルモナリアについてもっと知りたい!」「プルモナリアを育ててみたい!」

そんな思いを持つ方々のために、ここではプルモナリアについての様々な事柄をご紹介していきます!

 

今回は、プルモナリアについてのポイント、

①プルモナリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②プルモナリアの画像(写真)!特徴は?
③プルモナリアの開花時期や季節はいつ頃なの?
④プルモナリアの増やし方!株分けのポイントは?
⑤プルモナリアの種まき時期と種まきのポイントは?
⑥プルモナリアの苗の販売場所は?どこで買えるの?
⑦プルモナリアの花言葉はなに?
⑧プルモナリアの種類や品種は何があるの?マジェスティコーラルスプリング、コットンクールなど

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはプルモナリアの育て方からお伝えします!

 

プルモナリアの育て方は?

 

プルモナリアは耐寒性もあり、乾燥には少々弱いものの育てやすい部類に入ります。

 

これからお伝えしていくポイントをしっかり押さえれば、問題なく育てることができますよ。

栽培のためにはどんなことを参考にすればよいのか、ご一緒に確認していきましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、プルモナリアが好む環境についてお伝えします!

 

プルモナリアの育て方!環境はどうする?

 

 

プルモナリアは耐寒性はあるものの、高温や乾燥に弱いという特徴があります。

 

そのため春の開花まではよく日光を当ててあげて、その後は半日陰などの場所に移してあげるのがよいでしょう。

また水はけが悪いと根腐れしやすくなってしまうため、庭植えの場合は水はけのよい土地に植えつけてあげることが大事です。

 

次は、プルモナリアに適した用土についてお伝えします!

 

プルモナリアを育てる際の適した用土は何?

 

プルモナリアを育てる際の用土としては、普通の園芸用用土よりは、山野草用の土が向いています。

 

園芸用品店などに赴いて用土を調達するなら、この点を覚えておいてくださいね。

腐葉土などを混ぜるとより生育がよくなります。

 

また、クリスマスローズ用の土(腐葉土3:鹿沼土3:赤玉土2:軽石2の配合土)もよいですよ。

 

次は、プルモナリアに必要な肥料についてお伝えします!

 

プルモナリアの育て方!肥料はどうする?

 

基本的には秋など、気温が下がってから施肥をします。

 

しかし例外として、3月〜4月ごろにかけての成長期は特に肥料分が必要になるため、この期間も施肥をします。

2~3回程度の置き肥をする、または10日おきを目安に液肥を与えましょう。

 

ただし、6月以降には肥料分が残らないように調節してくださいね。

 

では次は、プルモナリアの水やりポイントについてお伝えします!

 

プルモナリアを育てる際の水の量はどうする?

 

プルモナリアは乾燥に弱いため、なるべく水はけのよい状態を保つことが大切です。

 

特に鉢植えの場合は、常に湿らせるとまではいかなくとも、土が乾きすぎないようこまめに水やりをしてあげましょう。

庭植えの場合は基本的に雨に任せて大丈夫ですが、あまりに乾燥する天気が続く場合は人の手で水やりをしてくださいね。

 

以上で基本的なプルモナリアの育て方については終わりです。

次はプルモナリアの写真をお見せします!

 

プルモナリアの画像(写真)!特徴は?

 

 

プルモナリアはムラサキ科プルモナリア属の多年草です。

 

早春、まだ厳しい寒さを残すうちから咲き始め、霜などにも耐えて成長する丈夫な植物です。

目が醒めるような色鮮やかな青色の花が何よりの特徴ですね。

 

もちろん、その他にも、紫や白、赤などの花色がありますよ。

 

また、園芸品種なども多く開発されており、葉にも色や模様があるものもあります。

耐寒性があり日陰でもよく育つことから、シェードガーデン向きの花としても人気です。

 

気になる方はぜひ、この記事を参考にしていろいろなことを知っていってくださいね!

 

次に、プルモナリアの開花時期をお伝えします!

 

プルモナリアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

プルモナリアの開花期は2月中旬~5月中旬です。

寒い時期から目を楽しませてくれるのが嬉しいですね!

 

次は、プルモナリアの増やし方をお伝えします!

 

プルモナリアの増やし方!株分けのポイントは?

 

プルモナリアは株分けで増やすのが一般的です。

 

ポイントとしては、分けたあとのそれぞれの株に、いくつか芽のついた茎が残るようにしておくことです。

こうした方が、後々1つずつ株を育てるときに生育がよくなります。

 

また、古い根や傷んだ根などがある場合は、株分けの段階で切り落としておくと後の生育がスムーズになります。

 

次に、プルモナリアの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

プルモナリアの種まき時期と種まきのポイントは?

 

プルモナリアは多年草ですので、植えっぱなしにしていれば翌年も花を咲かせてくれます。

 

そのため、種まきをする場合は恐らくプルモナリアを1から育て始めるときのみだと思います。

しかし種から育てる場合にはそもそも発芽させるのが難しく、苗の成長や開花までにもかなり時間がかかってしまうんですね。

 

そのため、プルモナリアを栽培するならば、種まきではなく苗植えをおすすめします。

 

次は、プルモナリアの苗の販売場所をお伝えします!

 

プルモナリアの苗の販売場所は?どこで買えるの?

 

プルモナリアは、楽天市場、または各園芸通販サイトなどで販売されています。

手が出しにくい植物というわけではないので、まずは気軽に購入してみてはいかがでしょうか?

 

次に、プルモナリアの花言葉をお伝えします!

 

プルモナリアの花言葉はなに?

 

プルモナリアの花言葉は「気品」です。

凛と咲き誇る美しいプルモナリアにぴったりの花言葉ですね!

 

それでは最後に、プルモナリアの種類や品種をお伝えします!

 

プルモナリアの種類や品種は何があるの?マジェスティコーラルスプリング、コットンクールなど

 

 

プルモナリアにはどんな種類の仲間がいるのでしょうか?

ここではプルモナリアの品種をいくつかご紹介します!

 

マジェスティコーラルスプリング……寒色系のプルモナリアが多い中、赤系の花を持つ。

コットンクール……花は青紫、シルバー模様の葉も美しい。

ルイス・パルマー……青紫の花が群れ咲く、プルモナリアを代表する品種。

ブルー・エンサイン……濃青の大輪花が特徴的、丈夫で育てやすい。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

プルモナリアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①プルモナリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

プルモナリアは耐寒性はあるものの、高温や乾燥に弱いという特徴があります。

そのため春の開花まではよく日光を当ててあげて、その後は半日陰などの場所に移してあげるのがよいでしょう。

 

プルモナリアを育てる際の用土としては、普通の園芸用用土よりは、山野草用の土が向いています。

また、クリスマスローズ用の土(腐葉土3:鹿沼土3:赤玉土2:軽石2の配合土)もよいですよ。

 

基本的には秋頃に施肥をします。

3月〜4月ごろにかけての成長期は特に肥料分が必要になるため、2~3回程度の置き肥をする、または10日おきを目安に液肥を与えましょう。

 

鉢植えの場合は、常に湿らせるとまではいかなくとも、土が乾きすぎないようこまめに水やりをしてあげましょう。

庭植えの場合は基本的に雨に任せて大丈夫ですが、あまりに乾燥する天気が続く場合は人の手で水やりをしてくださいね。

 

②プルモナリアの画像(写真)!特徴は?

プルモナリアはムラサキ科プルモナリア属の多年草です。

目が醒めるような色鮮やかな青色の花が何よりの特徴ですね。

耐寒性があり日陰でもよく育つことから、シェードガーデン向きの花としても人気です。

 

③プルモナリアの開花時期や季節はいつ頃なの?

プルモナリアの開花期は2月中旬~5月中旬です。

 

④プルモナリアの増やし方!株分けのポイントは?

ポイントとしては、分けたあとのそれぞれの株に、いくつか芽のついた茎が残るようにしておくことです。

こうした方が、後々1つずつ株を育てるときに生育がよくなります。

 

⑤プルモナリアの種まき時期と種まきのポイントは?

種から育てる場合にはそもそも発芽させるのが難しく、苗の成長や開花までにもかなり時間がかかってしまうんですね。

そのため、プルモナリアを栽培するならば、種まきではなく苗植えをおすすめします。

 

⑥プルモナリアの苗の販売場所は?どこで買えるの?

プルモナリアは、楽天市場、または各園芸通販サイトなどで販売されています。

 

⑦プルモナリアの花言葉はなに?

プルモナリアの花言葉は「気品」です。

 

⑧プルモナリアの種類や品種は何があるの?マジェスティコーラルスプリング、コットンクールなど

ここではプルモナリアの品種をいくつかご紹介します!

◯マジェスティコーラルスプリング……寒色系のプルモナリアが多い中、赤系の花を持つ。

◯コットンクール……花は青紫、シルバー模様の葉も美しい。

◯ルイス・パルマー……青紫の花が群れ咲く、プルモナリアを代表する品種。

◯ブルー・エンサイン……濃青の大輪花が特徴的、丈夫で育てやすい。

 

美しい色彩を持ち、園芸品種なども様々なものが開発されているプルモナリア。

この記事を参考にして、ぜひお手元で愛でてみてはいかがでしょうか?

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)