【フデリンドウのまとめ!】育て方(種まきや増やし方)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、フデリンドウについてまとめていきたいと思います。

 

学名は【Gentiana zollingeri:フデリンドウ科リンドウ属】と書きます。

一年草(越年性)でもあり、個性豊かでキレイな花です。

 

今回は、フデリンドウについてのポイント、

①フデリンドウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②フデリンドウの画像(写真)!特徴は?意味はなに?
③フデリンドウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④フデリンドウの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑤フデリンドウとハルリンドウやコケリンドウの違いは?
⑥フデリンドウの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはフデリンドウの育て方からお伝えします!

 

フデリンドウの育て方(栽培)は?

 

まずはフデリンドウの選び方が大切になります。

 

蕾の多いものを選ぶことが生育を好調してくれます。

茎に沿いながら、花を咲かせてくれます。

 

次に種まきですが行う季節は【初夏】になります。(詳しくは下記に)

 

植え替えや鉢替えについては、不要です。(越年性の一年草のため)

夏越しは必然ありませんが冬越しは、日当たりの良いところで過ごします。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、フデリンドウが好む環境についてお伝えします!

 

フデリンドウの育て方(栽培)!環境はどうする?

 

フデリンドウは、環境は、【日当たりの良い場所】を好んで生育していきます。

それに加えて、【水はけの良い環境】も必要になるので、環境の土台も考える必要があります。

 

夏になれば、ほんのりと光が届くような【日陰】を選んで生育に力を入れていきましょう。

(※夏の暑さで葉が焼けるため)

 

次は、フデリンドウに適した用土についてお伝えします!

 

フデリンドウを育てる際の適した用土は何?

 

必要な用土の質は【肥沃な土壌】です。

 

乾燥地を好む植物ですが、水が不要ということではありません。

適度な水と用土は把握しておきましょう。

 

次は、フデリンドウに必要な肥料についてお伝えします!

 

フデリンドウの育て方!肥料はどうする?

 

フデリンドウを育てる際に使用する肥料は【緩効性肥料】が効果的です。

与える季節は季節的にも過ごしやすい【春と秋】です。

過剰な肥料生育は気をつけましょう。

 

では次は、フデリンドウの水やりポイントについてお伝えします!

 

フデリンドウを育てる際の水の量はどうする?

 

水はあげてもOKです。

 

葉が活性的に、いっぱいついた時期にはたっぷりとあげるといいですよ!

ですが、発芽スピードは遅いので開花までに2年ほどかかります。

 

特に『これだけ水をあげなきゃ!』という具体的な水の数値はありません。

 

以上で基本的なフデリンドウの育て方については終わりです。

次はフデリンドウの写真をお見せします!

 

フデリンドウの画像(写真)!特徴は?意味はなに?

 

写真でも表現されているように、可愛い素敵な花を咲かせます。

草丈は【約5~10㎝】になり、晴れの日にしか花を咲かせることはありません。

 

 

蕾を見ると、筆にリンクしていることから、フデリンドウと呼ばれるようになったそうです。

 

花びらを見ると、5つの方向に枝分かれするような形状になっています。

ですが、副片が10方向にあるので、シンプルに見えて複雑に見えるところも個性的です。

 

 

また、耐寒性には強く、耐暑性は低いです。

 

次に、フデリンドウの開花時期をお伝えします!

 

フデリンドウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

フデリンドウの花が咲く時期は【3~5月】になります。

 

季節は春にあるので、過ごしやすい気候になります。

花の色は、紫と青の間くらいの、不思議でキレイな色になっていますよ。

 

花を見るだけで、心癒されていくのが分かるでしょう。

 

次は、フデリンドウの増やし方をお伝えします!

 

フデリンドウの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

種まき時期は【初夏】で、発芽時期は【秋】です。

フデリンドウの熟した種は果皮が開く特徴あるため、早めにすることがポイントになります。

次に、フデリンドウとハルリンドウやコケリンドウの違いをお伝えします!

 

フデリンドウとハルリンドウやコケリンドウの違いは?

 

ハルリンドウは、湿気の多い環境を好みますので、環境の側面から違いを把握してみましょう。

 

また、茎の長さの違いもあり、ハルリンドウの場合、茎の長さが【1㎝】も満たしません。

コケリンドウの茎長は【約2~10㎝】で、フデリンドウと同様に乾燥地帯を好みます。

 

葉っぱの形状も卵型です。さらに、コケリンドウの花は茎を辿るように咲いています。

このような点から違いを見つけるといいでしょう。

 

それでは最後に、フデリンドウの花言葉をお伝えします!

 

フデリンドウの花言葉はなに?

 

フデリンドウの花言葉は【高貴】【誠実】です。

これらの花言葉の由来は、立派な花姿と色からきていると考えられます。

 

確かに、花を見ると花言葉とよくマッチングしてますね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

フデリンドウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①フデリンドウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

育て方は4つのポイントをおさえておきましょう。

・選び方が大切。

・蕾の多いものを選び、種まきは【初夏】

・植え替えと鉢替えも、しなくてOK(越年性の一年草(であるため)

・冬越し時期は、日当たりの良いところで越すこと。(夏越しは不要)

 

②フデリンドウの画像(写真)!特徴は?意味はなに?

特徴は大きく4つありました。

・小さな花を咲かせること(水色に近い色)

・草丈は【5~10㎝くらいの長さ】で、晴れの日に花を咲かせる。

蕾が筆とリンクことから名付けられた

・耐寒性が強く、耐暑性には弱いのも特徴の1つなので、理解して対策をしていこう

以上になります。

③フデリンドウの開花時期や季節はいつ頃なの?

・開花時期は【3~5月】

 

④フデリンドウの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

ここでは4つありますので、確認しておきましょうね!

・種まきは【初夏】に行い、発芽時期は【秋】

・種の収穫時期は開花後すぐにはじめる(理由:熟した種は果皮が開く特徴あり)

・種まき時期には、非常暑くなるので熱中症にも気をつけること

・体と気候にも相談しながら、種まきをする

以上4つになります。

 

⑤フデリンドウとハルリンドウやコケリンドウの違いは?

・ハルリンドウは、湿気の多い環境である。

・ハルリンドウは茎の長さが【1㎝満たない長さ】になる。

・コケリンドウの茎の長さは【2~10㎝】に、花は茎をなぞるように咲いている。

以上になりますね!この点を確認して、観察して見てくださいね!

1つは【乾燥地帯を好む】という点です。もう1つは、【葉っぱの形がた卵型】であることです。

 

⑥フデリンドウの花言葉はなに?

フデリンドウの花言葉は3つです!

・花言葉は【高貴】【誠実】【本当の愛】です。(由来:姿と花)

見た目は小さく誠実そうですが、高貴な雰囲気を出して、見る人を惹きつける魅了を備えています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)