【ベルガモット(モナルダ)のまとめ!】育て方(剪定や挿し木)と花言葉等11個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ベルガモット(モナルダ)についてまとめていきたいと思います。

 

ベルガモットはシソ科ヤグルマハッカ属に属するハーブの一種となります。

 

かつてはアメリカ先住民に好まれており、よく利用されていました。

ベルガモットはハーブティーとしてよく利用されていますが、サラダとしても使用することができます。

 

今回は、ベルガモット(モナルダ)についてのポイント、

①ベルガモット(モナルダ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ベルガモット(モナルダ)の画像(写真)!特徴は?
③ベルガモット(モナルダ)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④ベルガモット(モナルダ)の値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤ベルガモット(モナルダ)の苗の植え付けのポイントは?
⑥ベルガモット(モナルダ)の鉢植えや庭植えで育てる際のポイントは?
⑦ベルガモット(モナルダ)の剪定(切り戻し)のポイントは?
⑧ベルガモット(モナルダ)の増やし方!挿し木のやり方はどうするの?
⑨ベルガモット(モナルダ)の種まき時期と種まきのポイントは?
⑩ベルガモット(モナルダ)の花言葉はなに?
⑪ベルガモット(モナルダ)の種類や品種は何があるの?

 

以上11個の点についてお伝えします。

まずはベルガモット(モナルダ)の育て方からお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の育て方は?

 

 

ベルガモットは生育が旺盛な品種となりますので、鉢植えでの育成を行う場合根が詰まりを起こしてしまうことがあります。

 

ですので、ベルガモットを育成する時は事前に大きいめな鉢を選ぶ必要があります。

それでも根の成長が非常に早いので最低でも年に一度は植え替えを行うことをオススメします。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ベルガモット(モナルダ)が好む環境についてお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の育て方!環境はどうする?

 

ベルガモットは北アメリカの原産地である植物となります。

 

冬の寒さに強い植物となりますが、夏の暑さにも対しても耐性がある品種となります。

ハーブ類は高温の蒸れには弱い品種となりますので注意してあげましょう。

 

次は、ベルガモット(モナルダ)に適した用土についてお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)を育てる際の適した用土は何?

 

 

ベルガモットは土質はそれほど選ばない品種となります。

 

ベルガモットは水ハケが良いが湿度のややある用土を好みますので、花つきを良くしたいのであれば水ハケの良い環境をつくりましょう。

自身で用土をつくるのであれば、赤玉土6割に腐葉土3割、バーミキュライト1割を混ぜ合わせてください。

次は、ベルガモット(モナルダ)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の育て方!肥料はどうする?

 

ベルガモットは栄養の吸収が良いので肥料が必要な植物となります。

 

地植えで育成を行う場合はゆっくりと効果が持続する緩効性の肥料を春時期と秋時期に施してあげましょう。

鉢植えで育成を行う場合は開花時期が終える秋時期まで月に数回の間隔で液体肥料を施してください。

では次は、ベルガモット(モナルダ)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)を育てる際の水の量はどうする?

 

 

ベルガモットの水やりは、土の表面が乾燥してきたら与えてください。

 

鉢植えでの育成を行う場合は、1日1回水やりを行ってください。

地植えはでの育成であれば降雨だけでもじゅうぶん育てることが可能となります。

 

以上で基本的なベルガモット(モナルダ)の育て方については終わりです。

次はベルガモット(モナルダ)の写真をお見せします!

 

ベルガモット(モナルダ)の画像(写真)!特徴は?

 

柑橘の香りが魅力的なベルガモットはオーデコロンなどの香水として非常に人気があります。

 

腸内に蓄積されたガスを排出しやすくする効果があるベルガモットはハーブティーとしても利用されています。

また、ハーブに含まれる成分により鎮静効果が期待されますので、頭痛生理痛の時に飲むと良いでしょう。

 

ベルガモットの写真はこちらになります。

 

次に、ベルガモット(モナルダ)の開花時期をお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

白い花色であるベルガモットは5枚の花びらを咲かせます。

 

甘い芳香が魅力的なベルガモットは、ハチなどの虫が惹きつけることから、別名ビーバームと付けられています。

ベルガモットの開花時期は夏時期の6月頃~秋時期の9月頃となります。

 

次は、ベルガモット(モナルダ)の値段や販売価格をお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

 

ミカン属であるベルガモットと同じ名前の植物ですが、香りが似ている事から同じ花名が付けられておりますので別の品種となります。

 

爽やかで良い芳香がするベルガモットは、香料として利用することができます。

生食としては利用することはできませんが、紅茶の種類であるアールグレイにはベルガモットが使用されています。

それでは次に、ベルガモット(モナルダ)の苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の苗の植え付けのポイントは?

 

ベルガモットの苗を植え付ける時は、水ハケが良く程よい湿度がある環境つくりが必要となります。

 

ですので、用土には腐葉土を混合させてあげましょう。

その時にゆっくりと効果が持続する緩効性肥料を施しておくとより良い成長に繋がります。

 

ベルガモットの植え付けは春時期の3月頃~4月頃もしくは秋時期の9月頃~10月頃に行いましょう。

 

次は、ベルガモット(モナルダ)の鉢植えや庭植えで育てる際のポイントをお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の鉢植えや庭植えで育てる際のポイントは?

 

ベルガモットは他の植物と比べて根がよく張る植物となります。

 

ベルガモットを鉢植えで育成する場合は、少し大きめな鉢に育成してください。

地植えで育成を行うと、地下茎はぐんぐん成長していきますので繁殖させたくないのであればやせ地に植え付けましょう。

 

次に、ベルガモット(モナルダ)の剪定(切り戻し)のポイントをお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の剪定(切り戻し)のポイントは?

 

 

ベルガモットは開花時期を終えてからも、花姿は変わらずそのままとなりますのでしばらく鑑賞してたのしむことができます。

 

ベルガモットの剪定を行うのであれば晩秋頃行うことをオススメします。

色褪せた花はドライフラワーとしてよく利用されていますので、枯れてからも楽しむことができる植物となります。

 

次は、ベルガモット(モナルダ)の増やし方をお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の増やし方!挿し木のやり方はどうするの?

 

ベルガモットは株分けや挿し木で増やすことができる植物となります。

 

株分けは植え替えを行うタイミングで一緒に行いましょう。

挿し木は夏時期の6月頃~7月頃に行ってください。

 

挿し木方法は新芽もしくは脇芽を約10cmの長さで切り取ってあげましょう。

 

次に、ベルガモット(モナルダ)の種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

 

ベルガモットの種まき時期は春時期の3月頃~4月頃、もしくは秋時期の9月頃~10月頃となります。

 

種まきを行ったあとは薄く覆土してあげると、約1週間で芽をだします。

寒さが厳しい地域で育成を行うのであれば、苗の状態で冬を迎えなくていいように春時期に蒔くことをオススメします。

次は、ベルガモット(モナルダ)の花言葉をお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の花言葉はなに?

 

 

柑橘類に同じ花名のベルガモットがありますが同じ芳香がすることからその名が付けられています。

 

和名でタイマツバナと呼ばれるベルガモットは、漢字では松明花と表記します。

ハーブが炎のように情熱的な花姿であることから花言葉には「燃え続ける思い、感受性豊か」が付けられています。

 

それでは最後に、ベルガモット(モナルダ)の種類や品種をお伝えします!

 

ベルガモット(モナルダ)の種類や品種は何があるの?

 

ベルガモットはドライフラワーやポプリとして人気がある植物となります。

 

モナルダ ディディマ

モナルダ ディディマはベルガモットよりも真っ赤な花色が特徴の植物となります。

その花姿から別名「レッド ベルガモット」と名付けられています。

 

パープルルースター

ベルガモットの仲間であるパープルスターはうどん粉病に強い品種となります。

その名の通り大きな花の色は美しい紫色をしています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ベルガモット(モナルダ)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ベルガモット(モナルダ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

ベルガモットは生育が旺盛な品種となりますので、鉢植えでの育成を行う場合根が詰まりを起こしてしまうことがあります。

ですので、ベルガモットを育成する時は事前に大きいめな鉢を選ぶ必要があります。

それでも根の成長が非常に早いので最低でも年に一度は植え替えを行うことをオススメします。

 

②ベルガモット(モナルダ)の画像(写真)!特徴は?

柑橘の香りが魅力的なベルガモットはオーデコロンなどの香水として非常に人気があります。

腸内に蓄積されたガスを排出しやすくする効果があるベルガモットはハーブティーとしても利用されています。

また、ハーブに含まれる成分により鎮静効果が期待されますので、頭痛生理痛の時に飲むと良いでしょう。

 

③ベルガモット(モナルダ)の開花時期や季節はいつ頃なの?

白い花色であるベルガモットは5枚の花びらを咲かせます。

甘い芳香が魅力的なベルガモットは、ハチなどの虫が惹きつけることから、別名ビーバームと付けられています。

ベルガモットの開花時期は夏時期の6月頃~秋時期の9月頃となります。

 

④ベルガモット(モナルダ)の値段や販売価格はいくらぐらいなの?

ミカン属であるベルガモットと同じ名前の植物ですが、香りが似ている事から同じ花名が付けられておりますので別の品種となります。

爽やかで良い芳香がするベルガモットは、香料として利用することができます。

生食としては利用することはできませんが、紅茶の種類であるアールグレイにはベルガモットが使用されています。

 

⑤ベルガモット(モナルダ)の苗の植え付けのポイントは?

ベルガモットの苗を植え付ける時は、水ハケが良く程よい湿度がある環境つくりが必要となります。

ですので、用土には腐葉土を混合させてあげましょう。

その時にゆっくりと効果が持続する緩効性肥料を施しておくとより良い成長に繋がります。

ベルガモットの植え付けは春時期の3月頃~4月頃もしくは秋時期の9月頃~10月頃に行いましょう。

 

⑥ベルガモット(モナルダ)の鉢植えや庭植えで育てる際のポイントは?

ベルガモットは他の植物と比べて根がよく張る植物となります。

ベルガモットを鉢植えで育成する場合は、少し大きめな鉢に育成してください。

地植えで育成を行うと、地下茎はぐんぐん成長していきますので繁殖させたくないのであればやせ地に植え付けましょう。

 

⑦ベルガモット(モナルダ)の剪定(切り戻し)のポイントは?

ベルガモットは開花時期を終えてからも、花姿は変わらずそのままとなりますのでしばらく鑑賞してたのしむことができます。

ベルガモットの剪定を行うのであれば晩秋頃行うことをオススメします。

色褪せた花はドライフラワーとしてよく利用されていますので、枯れてからも楽しむことができる植物となります。

 

⑧ベルガモット(モナルダ)の増やし方!挿し木のやり方はどうするの?

ベルガモットは株分けや挿し木で増やすことができる植物となります。

株分けは植え替えを行うタイミングで一緒に行いましょう。

挿し木は夏時期の6月頃~7月頃に行ってください。

挿し木方法は新芽もしくは脇芽を約10cmの長さで切り取ってあげましょう。

 

⑨ベルガモット(モナルダ)の種まき時期と種まきのポイントは?

ベルガモットの種まき時期は春時期の3月頃~4月頃、もしくは秋時期の9月頃~10月頃となります。

種まきを行ったあとは薄く覆土してあげると、約1週間で芽をだします。

寒さが厳しい地域で育成を行うのであれば、苗の状態で冬を迎えなくていいように春時期に蒔くことをオススメします。

 

⑩ベルガモット(モナルダ)の花言葉はなに?

柑橘類に同じ花名のベルガモットがありますが同じ芳香がすることからその名が付けられています。

和名でタイマツバナと呼ばれるベルガモットは、漢字では松明花と表記します。

ハーブが炎のように情熱的な花姿であることから花言葉には「燃え続ける思い、感受性豊か」が付けられています。

 

⑪ベルガモット(モナルダ)の種類や品種は何があるの?

ベルガモットはドライフラワーやポプリとして人気がある植物となります。

 

モナルダ ディディマ

モナルダ ディディマはベルガモットよりも真っ赤な花色が特徴の植物となります。

その花姿から別名「レッド ベルガモット」と名付けられています。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)