【ミヤコグサのまとめ!】育て方(適した環境や種まき)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ミヤコグサについてまとめていきたいと思います。

 

ミヤコグサは日本産のマメ亜科の多年草で、道ばたや海岸沿いに自生しています。

昔は都に多く生えていたことから、古くにミヤコグサと名付けられました。

 

今回は、ミヤコグサについてのポイント、

①ミヤコグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミヤコグサの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③ミヤコグサの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ミヤコグサの種まき時期と種まきのポイントは?
⑤ミヤコグサの種子の販売場所は?どこで買えるの?
⑥ミヤコグサは食べることが出来る?
⑦ミヤコグサに似た花は何がある?セイヨウミヤコグサとの違いは?
⑧ミヤコグサの花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはミヤコグサの育て方からお伝えします!

 

ミヤコグサの育て方(栽培)は?

 

ミヤコグサを育てるには、庭植えか鉢植えが適しています。

 

植えつけ時期は、春先の4月頃の気温の暖かい頃が良いでしょう。

注意点として、植えこむ時に根を触らない様に気をつけて下さい。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミヤコグサが好む環境についてお伝えします!

 

ミヤコグサの育て方(栽培)!環境はどうする?

 

ミヤコグサが好む環境は、日当たりの良い場所です。

鉢植えは、窓の側など日の当たりやすい場所に置くようにしましょう。

 

次は、ミヤコグサに適した用土についてお伝えします!

 

ミヤコグサを育てる際の適した用土は何?

 

ミヤコグサに適した用土は水はけの良い土です。

砂質と腐葉土を混ぜた土を、庭植えや鉢植えに使いましょう。

 

次は、ミヤコグサに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミヤコグサの育て方(栽培)!肥料はどうする?

 

ミヤコグサには基本的には肥料は必要ありません。

ただし、花付きが悪い時は市販の野菜用の有機肥料を与えて下さい。

 

実は、マメ科のミヤコグサには根粒菌があり、光合成を行うことで自ら肥料を作り出します。

自助努力で肥料を作り出せるエコな植物だといえますね。

 

では次は、ミヤコグサの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミヤコグサを育てる際の水の量はどうする?

 

ミヤコグサの水やりは、庭植えは根付いてからは行う必要はありません。

鉢植えは、表面の土が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。

 

以上で基本的なミヤコグサの育て方については終わりです。

次はミヤコグサの写真をお見せします!

 

ミヤコグサの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

こちらがミヤコグサの写真です。

ミヤコグサはマメ科の多年草で、草丈は10cmから30cmほどです。

 

烏帽子のような形をした1cmから1.5cmの小さな黄色い花を咲かせます。

花後は、インゲンマメに似た2cmほどの果実を付けます。

 

次に、ミヤコグサの開花時期をお伝えします!

 

ミヤコグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ミヤコグサの開花時期は、春から夏の4月から7月です。

 

開花期が長く一面に咲く黄色い花を楽しむ事ができます。

また、絨毯の様に茎と花が広がる事から、グラウンドカバーにしても良いですよ。

 

次は、ミヤコグサの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ミヤコグサの種まき時期と種まきのポイントは?

 

 

ミヤコグサには果実があるので、種を取り種まきをして育てる事ができます。

 

種取りは、花後に果実が黒く熟してから行い、種まきまで涼しい場所で保管します。

種まきは、9月から11月の間に行い、ポットに培養土を入れて撒きましょう。

 

水やりは、発芽までは若干土が湿る程度に留めながら与えるようにしてください。

 

それでは次に、ミヤコグサの種子の販売場所をお伝えします!

 

ミヤコグサの種子の販売場所は?どこで買えるの?

 

ミヤコグサの種子はインターネットで取り扱いがあり、粒数に応じて495円から11000円で販売しています。

ただし、取り扱いのあるお店が少なくポット苗での販売もされているので時期をみながら確認すると良いと思います。

 

次は、ミヤコグサは食べることが出来るかをお伝えします!

 

ミヤコグサは食べることが出来る?

 

 

ミヤコグサは食用には適してはいません。

 

食用にされた文献などがなく不明瞭な点があります。

昔の中国の史料には、清熱解毒作用が記述されており、薬として使用していたと考えられています。

 

どちらにせよ、観賞用の植物として楽しむ様にしましょう。

 

次に、ミヤコグサに似た花をお伝えします!

 

ミヤコグサに似た花は何がある?セイヨウミヤコグサとの違いは?

 

ミヤコグサに似た花には、ヨーロッパが原産のセイヨウミヤコグサがあります。

 

セイヨウミヤコグサは同じマメ科の植物ですが、違いとしては、ミヤコグサが1つの茎から1個から3個の花を付けるのに対して、セイヨウミヤコグサは、1つの茎に輪の様に花が3個から7個付き、大きい事が特徴です。

 

また、茎と葉には毛が生えています。

花の大きさで違いがわかりますよ。

 

それでは最後に、ミヤコグサの花言葉をお伝えします!

 

ミヤコグサの花言葉はなに?

 

 

ミヤコグサの花言葉には、「また会う日まで」という意味があります。

 

烏帽子に似たミヤコグサの花達が、寂しく都を去る姿を見て「また会う日まで」と見送ってくれているのでしょうか。

また、他にも「気まぐれな心」「復讐」「恨みを晴らす」といった似つかわしくない意味もあります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ミヤコグサのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ミヤコグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ミヤコグサを育てるには、庭植えか鉢植えが適しています。植えつけ時期は、春先の4月頃の気温の暖かい頃が良いでしょう。

好む環境は日当たりの良い場所です。

ミヤコグサに適した用土は水はけの良い土です。(砂質と腐葉土を混ぜた土)

ミヤコグサには基本的には肥料は必要ありません。ただし、花付きが悪い時は市販の野菜用の有機肥料を与えて下さい。

水やりは、庭植えは根付いてからは行う必要はありません。鉢植えは、表面の土が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。

 

②ミヤコグサの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

ミヤコグサはマメ科の多年草で、烏帽子のような形をした1cmから1.5cmの小さな黄色い花を咲かせます。

 

③ミヤコグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

ミヤコグサの開花時期は、春から夏の4月から7月です。開花期が長く一面に咲く黄色い花を楽しむ事ができます。

 

④ミヤコグサの種まき時期と種まきのポイントは?

ミヤコグサの種取りは、花後に果実が黒く熟してから行い、種まきまで涼しい場所で保管します。

種まきは、9月から11月の間に行い、ポットに培養土を入れて撒きましょう。

 

⑤ミヤコグサの種子の販売場所は?どこで買えるの?

ミヤコグサの種子はインターネットで取り扱われています。

 

⑥ミヤコグサは食べることが出来る?

ミヤコグサは食用には適してはいません。

食用にされた文献などがなく不明瞭な点があります。

 

⑦ミヤコグサに似た花は何がある?セイヨウミヤコグサとの違いは?

セイヨウミヤコグサは同じマメ科の植物ですが違いとしては、1つの茎に輪の様に花が3個から7個付き、大きい事が特徴です。

また、茎と葉には毛が生えています。

 

⑧ミヤコグサの花言葉はなに?

ミヤコグサの花言葉には、「また会う日まで」「気まぐれな心」「復讐」「恨みを晴らす」という意味があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)