【チゴユリのまとめ!】育て方や花言葉等5個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、チゴユリについてまとめていきたいと思います。

 

チゴユリは「イヌサフラン科」「チゴユリ属」の多年草で、日本全体の落葉樹林で見られます。

チゴユリの名前は、小さく可愛らしいことから「稚児百合」と呼ばれたことが由来しています。

 

またチゴユリは百合という名前が付きますが、百合とは違い球根ではなく、地下茎で広がる植物になります。

 

今回は、チゴユリについてのポイント、

①チゴユリの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②チゴユリの画像(写真)!花や実の特徴は?
③チゴユリの開花時期や季節はいつ頃なの?
④チゴユリの植え替えのポイントは?
⑤チゴユリの花言葉はなに?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずはチゴユリの育て方からお伝えします!

 

チゴユリの育て方は?

 

チゴユリは午前は日が差し込む場所で、午後は日陰になる場所、または一日中明るい日陰になる場所で育てるのをオススメします。

 

とても丈夫な為、チゴユリは初心者でも手軽に育てることができる植物です。

チゴユリを、地植えする場合は落葉樹の下など常に、湿り気がある場所が良いようです。

 

またチゴユリの育て方で土作りは植物を繁殖させたり、植え替えたりするときに重要になりますので、植え替えの時期も適した時期に行ってください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、チゴユリが好む環境についてお伝えします!

 

チゴユリの育て方!環境はどうする?

 

チゴユリは雨の当たらない、明るい日陰を好みますので日差しが強すぎる時は、時々日差しを遮って調整してあげてください。

 

またチゴユリは、落葉樹林の湿った場所に生える多年草なので、乾燥させないように湿度を保つように育てるのがコツのようです。

増やし方も難しくなく、白以外にもピンクや濁った赤などの花色があり、色をそろえる楽しみもあるためコレクターにも人気で愛好家の多い植物なんですよ。

 

次は、チゴユリに適した用土についてお伝えします!

 

チゴユリを育てる際の適した用土は何?

 

土作りを始める前にまず、チゴユリが好む土の具合ですが、「保湿性」「通気性」「保肥力」が高いものが好まれます。

 

鉢植えでチゴユリを育てる場合に、使用する用土には「赤玉土」「軽石」「硬質鹿沼土」のそれぞれ小粒を等量に混ぜ合わせたものに、「ヤシ殻チップ」を加えてあげてください。

またチゴユリの乾燥が気になるような場合には、軽石を減らしてあげると良くなります。

 

チゴユリを庭植えのする場合は、「ヤシ殻チップ」や「腐葉土」を元々の土に増やして混ぜ合わせたもの使用するとよいです。

 

次は、チゴユリに必要な肥料についてお伝えします!

 

チゴユリの育て方!肥料はどうする?

 

チゴユリは植え替えをするタイミングに元肥として肥料を与えてください。

 

またこの際、チゴユリに与える肥料は緩効性のリン酸カリウムが多めに配合されてる化成肥料にします。

チゴユリの追肥として与える肥料は液体肥料でも大丈夫ですが、与える場合は、2,000倍~3,000倍に薄めてから使用してください。

 

では次は、チゴユリの水やりポイントについてお伝えします!

 

チゴユリを育てる際の水の量はどうする?

 

チゴユリは乾燥に弱い為、水やりは土が乾いてきたと思ったらすぐに与えてください。

 

もし土が乾ききってしまうとチゴユリが弱ってしまうためです。

また、夏は乾燥しやすいので、真夏の暑い時期だけでもちの鉢を二重にすることをおすすめします。

 

水分が余分に蒸発してしまうことを防いで、常に湿っている状態を維持するのがチゴユリを上手に育てるためのコツになります。

 

以上で基本的なチゴユリの育て方については終わりです。

次はチゴユリの写真をお見せします!

 

チゴユリの画像(写真)!花や実の特徴は?

 

 

こちらの写真がチゴユリになります。

 

チゴユリはユリ科の中で最も小さな花で、上の部分で弓なりに曲がる茎の先に直径1cmほどの白く可愛らしい花を1輪~3輪咲かせます。

またチゴユリの葉には、ほぼ柄がなく5枚~10枚程が互い違いにつき、細長い地下茎を伸ばして、周囲に広がります。

 

冬になるとチゴユリの地下茎は、先端の芽と少しだけの根を残して他は全て枯れ、休眠して残った芽から翌年の株が成長します。

 

次は、チゴユリの開花時期をお伝えします!

 

チゴユリの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

チゴユリの開花時期は4月〜6月になります。

 

開花時期になると、チゴユリは茎の先に小さい1cmほどの花を咲かせます。

1輪しかつけない場合もあれば2、3輪つける場合もあるのがチゴユリの特徴です。

 

自生しているチゴユリは木の根元などに生えているので、とても小さく見落としがちです。

なので、山野を散策するときは地面にも目を向けてみると、開花時期には簡単に見つけることが出来ますよ。

 

次に、チゴユリの植え替えのポイントをお伝えします!

 

チゴユリの植え替えのポイントは?

 

チゴユリの植え替えは、株が大きくなったらする作業です。

 

チゴユリは気温により、植え替え後に地下茎がうまく馴染まず、枯れてしまう危険がありますので注意してください。

チゴユリの植え替えの時期ですが、鉢土が劣化したタイミングで行うので、大抵は開花し花が散った後に行います。

 

チゴユリの開花は5月なので、6月ごろがベストだと思われます。

またチゴユリを地植えしている場合は数年植え替えをする必要はありませんが、鉢植えの場合のみ、球根を掘り起こし、植え替えをしてあげてください。

 

そうすることで、チゴユリの球根も新たに根や芽をだし、すくすくと育つことができ、翌年も開花させることができます。

 

最後に、チゴユリの花言葉をお伝えします!

 

チゴユリの花言葉はなに?

 

チゴユリの花言葉は、「私の小さな手をいつもにぎって」「恥ずかしがりや」です。

 

チゴユリの花言葉「私の小さな手をいつもにぎって」の由来は、稚児のように小さくかわいらしい花の姿から来たと考えられます。

また「恥ずかしがりや」は、うつむき加減に咲く白い花の姿からつけられたと思われます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

チゴユリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①チゴユリの育て方(環境、土、肥料、水やり)

とても丈夫な為、チゴユリは初心者でも手軽に育てることができる植物です。

チゴユリを、地植えする場合は落葉樹の下など常に、湿り気がある場所が良いようです。

土作りを始める前にまず、チゴユリが好む土の具合ですが、「保湿性」「通気性」「保肥力」が高いものが好まれます。

チゴユリは植え替えをするタイミングに元肥として肥料を与えてください。

チゴユリは乾燥に弱い為、水やりは土が乾いてきたと思ったらすぐに与えてください。

もし土が乾ききってしまうとチゴユリが弱ってしまうためです。

 

②チゴユリの画像(写真)!花や実の特徴は?

チゴユリはユリ科の中で最も小さな花で、上の部分で弓なりに曲がる茎の先に直径1cmほどの白く可愛らしい花を1輪~3輪咲かせます。

またチゴユリの葉には、ほぼ柄がなく5枚~10枚程が互い違いにつき、細長い地下茎を伸ばして、周囲に広がります。

 

③チゴユリの開花時期や季節はいつ頃なの?

チゴユリの開花時期は4月〜6月になります。

開花時期になると、チゴユリは茎の先に小さい1cmほどの花を咲かせます。

1輪しかつけない場合もあれば2、3輪つける場合もあるのがチゴユリの特徴です。

 

④チゴユリの植え替えのポイントは?

チゴユリの植え替えの時期ですが、鉢土が劣化したタイミングで行うので、大抵は開花し花が散った後に行います。

チゴユリの開花は5月なので、6月ごろがベストだと思われます。

またチゴユリを地植えしている場合は数年植え替えをする必要はありませんが、鉢植えの場合のみ、球根を掘り起こし、植え替えをしてあげてください。

 

⑤チゴユリの花言葉はなに?

チゴユリの花言葉は、「私の小さな手をいつもにぎって」「恥ずかしがりや」です。

チゴユリの花言葉「私の小さな手をいつもにぎって」の由来は、稚児のように小さくかわいらしい花の姿から、また「恥ずかしがりや」は、うつむき加減に咲く白い花の姿からつけられたと思われます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)