【ヒトツバタゴのまとめ!】育て方(剪定や挿し木)と花言葉等14個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ヒトツバタゴについてまとめていきたいと思います。

 

ヒトツバタゴは、モクセイ科ヒトツバタゴ属に属する落葉性の高樹です。

漢字で書くと、「一葉田子」又は「一葉タゴ」です。

 

学名は「Chionanthus retusus」で、主な自生地は台湾・中国・朝鮮半島・日本と限られています。

日本の自生地では、国の天然記念物と絶滅危惧種に指定されていて、保護活動が盛んに行われている貴重な樹木です。

 

別名は「なんじゃもんじゃの木」ですが、なんじゃもんじゃと呼ばれる木は楠や犬桜などほかにもあります。

そのため、ヒトツバタゴのことを伝えたい場合は別名では呼ばないほうが良いでしょう。

 

今回は、ヒトツバタゴについてのポイント、

①ヒトツバタゴの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヒトツバタゴの画像(写真)!木や花の特徴は?成長の仕方は?
③ヒトツバタゴの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヒトツバタゴの自生地はどこにあるの?
⑤ヒトツバタゴの苗木の植え付けのポイントは?
⑥ヒトツバタゴを庭木として育てる際のポイントは?
⑦ヒトツバタゴの剪定のポイントは?
⑧ヒトツバタゴの増やし方!挿し木のやり方はどうするの?
⑨ヒトツバタゴの花が咲かない原因は?
⑩ヒトツバタゴの実は食用?食べることができるの?
⑪ヒトツバタゴとアメリカヒトツバタゴの違いはなに?
⑫ヒトツバタゴの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑬ヒトツバタゴの花言葉はなに?
⑭ヒトツバタゴの種類や品種は何があるの?

 

以上14個の点についてお伝えします。

まずはヒトツバタゴの育て方からお伝えします!

 

ヒトツバタゴの育て方は?

 

ヒトツバタゴは、育てやすい樹木です。

 

日当たりの良い環境で育てれば良く育ちます。

しかし、乾燥に弱いので西日が強く当たるような場所は避けましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヒトツバタゴが好む環境についてお伝えします!

 

ヒトツバタゴの育て方!環境はどうする?

 

ヒトツバタゴは、日当たりと水はけの良い環境で育てましょう。

また、とても大きく成長する樹木ですので、広い場所に植え付けてください。

 

次は、ヒトツバタゴに適した用土についてお伝えします!

 

ヒトツバタゴを育てる際の適した用土は何?

 

ヒトツバタゴは、有機質に富む用土を好みます。

庭の土に腐葉土や堆肥を混ぜてから植え付けましょう。

 

鉢植えにすることは滅多にないとは思いますが、鉢植えの際は赤玉土(中粒)2:腐葉土や堆肥1の割合で配合した土を使用してください。

 

次は、ヒトツバタゴに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヒトツバタゴの育て方!肥料はどうする?

 

ヒトツバタゴは、肥料を与えた方が早く育ちます。

1月に緩効性の有機肥料を根元に埋めてあげましょう。

 

では次は、ヒトツバタゴの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヒトツバタゴを育てる際の水の量はどうする?

 

ヒトツバタゴは、降雨のみで育ちます。

しかし、乾燥が続くようであれば、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えましょう。

 

以上で基本的なヒトツバタゴの育て方については終わりです。

次はヒトツバタゴの写真をお見せします!

 

ヒトツバタゴの画像(写真)!木や花の特徴は?成長の仕方は?

 

 

ヒトツバタゴは、非常にゆっくりと成長する樹木です。

時間をかけて15m~30mにも大きくなります。

 

10年以上育てないと花が咲かないのも特徴の1つです。

 

また、ヒトツバタゴは雄花を付ける株と、両性花を付ける株もある、不思議な樹木です。

雌花しかつけない株はありません。

 

葉は卵型で、若葉の時のみ葉の周りにギザギザとした切り込みが入るのが特徴的です。

ヒトツバタゴの花は、深く4つに裂けており木を覆うように咲くので雪が降ったかのように見えます。

 

(ヒトツバタゴの花)

 

次は、ヒトツバタゴの開花時期をお伝えします!

 

ヒトツバタゴの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヒトツバタゴの開花時期は5月です。

 

10月頃には、黒く熟した実から種を採取できるので、種まきでも増やすことができます。

また、1月~3月上旬は休眠期に入り葉も落ちます。

 

(ヒトツバタゴの熟した実)

 

次は、ヒトツバタゴの自生地をお伝えします!

 

ヒトツバタゴの自生地はどこにあるの?

 

ヒトツバタゴの自生地は、ごく限られた地域のみです。

長野県と愛知県の木曽川流域と、岐阜県東濃地方、長崎県対馬市に自生しています。

 

岐阜県蛭川地内には約20本の自生木があります。

また、奈良井地区長瀞にあるヒトツバタゴは樹齢100年以上と言われています。

 

愛知県の犬山市では、7本のヒトツバタゴが自生していて、周辺ではヒトツバタゴの苗も売られているそうです。

 

次に、ヒトツバタゴの苗木の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ヒトツバタゴの苗木の植え付けのポイントは?

 

ヒトツバタゴの苗木を植え付ける際には、根鉢の2~3倍の穴を掘って植え付けましょう。

 

鉢植えで育てる場合は、直径30㎝以上の鉢に植え付けてください。

植え付けた後は、たっぷりと水やりをし、乾燥から守るために根本に藁などを敷いておくと良いでしょう。

 

次は、ヒトツバタゴを庭木として育てる際のポイントをお伝えします!

 

ヒトツバタゴを庭木として育てる際のポイントは?

 

ヒトツバタゴを庭で育てる場合は、葉が落ちてくる秋に植え付けましょう。

植え付ける際には、盛り土をして地面より1段高い場所に植えてあげるとより成長しやすくなります。

 

また、ヒトツバタゴを植え付けたら直径16㎝以上の支柱を必ずして、風から守ってあげましょう。

植え付けてから1年ほど経てば根が張ってくるので、支柱をとっても構いません。

 

ヒトツバタゴは、とても大きくなる樹木ですので、庭木にするのであれば近所の迷惑にならないような場所に植えることも大切です。

 

それでは次に、ヒトツバタゴの剪定のポイントをお伝えします!

 

ヒトツバタゴの剪定のポイントは?

 

 

ヒトツバタゴは、基本的にはいつでも剪定可能です。

 

しかし、一番良い剪定時期は枯葉が全て落ちた冬です。

それは、ヒトツバタゴがたくさんの葉をつけるため、剪定がしずらいからです。

 

しかし、ヒトツバタゴは冬に新芽を付けるため、冬に剪定を行うと新芽までも切り落としてしまうことがあります。

 

新芽を切り落としてしまうと花が咲きません。

 

心配な方は、花が咲き終ってからの5月終わり頃に剪定をしましょう。

葉が生い茂っているため剪定しずらいですが、この時期であれは新芽を誤って切り落とす心配はありません。

 

しかし、太い枝を剪定したい場合は冬に行いましょう。

 

ヒトツバタゴの剪定のやり方は、樹形を乱すような枝や、混み合っている部分を中心に切り落としていけば構いません。

 

次は、ヒトツバタゴの増やし方をお伝えします!

 

ヒトツバタゴの増やし方!挿し木のやり方はどうするの?

 

ヒトツバタゴは、挿し木で増やすことができます。

 

挿し木のやり方は、新しく伸びた枝を約15cmに斜めに切り落としてください。

切り落としたら、先端の葉を4~6枚ほど残しておき、切り口を3時間ほど水に浸します。

 

3時間水に浸したら、湿らせた挿し木用の土に挿して明るい日陰で管理しましょう。

 

乾燥しないように水やりを続けると、3か月ほどで根付きますので植え付けたい場所に植え付けてください。

 

次に、ヒトツバタゴの花が咲かない原因をお伝えします!

 

ヒトツバタゴの花が咲かない原因は?

 

ヒトツバタゴの花が咲かない理由は、主に3つ考えられます。

 

1つは、剪定せずに放置していたり、剪定の時期を間違えていることです。

 

2つめは、雄株のみ植えていると花を付けない場合があります。

両性株を隣に植えることで花が咲きやすくなります。

 

3つめは、まだ木が幼い場合です。

ヒトツバタゴは、育てはじめて10年は経過しないと花を付けないので、剪定を正しくしながら気長に待ってあげましょう。

 

次は、ヒトツバタゴの実は食用かをお伝えします!

 

ヒトツバタゴの実は食用?食べることができるの?

 

ヒトツバタゴは、開花後に実を付けますが食べることは出来ません。

鳥も食べないようなので、食用にはしない方が良いです。

 

次に、ヒトツバタゴとアメリカヒトツバタゴの違いをお伝えします!

 

ヒトツバタゴとアメリカヒトツバタゴの違いはなに?

 

ヒトツバタゴ属には、ヒトツバタゴとアメリカヒトツバタゴの2種類が属しています。

 

アメリカヒトツバタゴは、その名の通り北アメリカに分布するヒトツバタゴのことです。

アメリカヒトツバタゴは、ヒトツバタゴよりも葉は大きいですが背丈は約10mにしか成長しません。

 

また、花びらもヒトツバタゴよりアメリカヒトツバタゴの方が細くて長いです。

 

(アメリカヒトツバタゴの葉と花)

 

(ヒトツバタゴの葉と花)

 

アメリカヒトツバタゴは、木が幼いうちから花を付けてくれるので、ヒトツバタゴよりも育てやすく人気があります。

 

(1年目のアメリカヒトツバタゴ)

 

次は、ヒトツバタゴの値段や販売価格をお伝えします!

 

ヒトツバタゴの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

ヒトツバタゴは、約1600円~約5000円と値段の幅があります。

値段は、株が大きければ大きいほど高くなりますので自分に合った株を選んで購入してください。

 

次に、ヒトツバタゴの花言葉をお伝えします!

 

ヒトツバタゴの花言葉はなに?

 

ヒトツバタゴの花言葉は、「清廉」です。

この花言葉は、きれいな白い繊細な花を咲かせる姿から名付けられたのでしょう。

 

それでは最後に、ヒトツバタゴの種類や品種をお伝えします!

 

ヒトツバタゴの種類や品種は何があるの?

 

ヒトツバタゴ属には、ヒトツバタゴとアメリカヒトツバタゴの2種類しか属していません。

そのため、ヒトツバタゴとアメリカヒトツバタゴの2種類だけです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヒトツバタゴのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは14個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヒトツバタゴの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヒトツバタゴは、日当たりと水はけの良い広い場所で育てましょう。

また、有機質に富む用土を好みますので、庭の土に腐葉土や堆肥を混ぜてから植え付けてください。

追肥は1月に緩効性の有機肥料を根元に埋め、水はほぼ降雨のみで育ちます。

 

②ヒトツバタゴの画像(写真)!木や花の特徴は?成長の仕方は?

ヒトツバタゴは、非常にゆっくりと成長する樹木です。

時間をかけて15m~30mにも大きくなります。

雄花を付ける株と、両性花を付ける株もある、不思議な樹木です。

葉は卵型で、若葉の時のみ葉の周りにギザギザとした切り込みが入るのが特徴的です。

ヒトツバタゴの花は、深く4つに裂けており木を覆うように咲くので雪が降ったかのように見えます。

 

③ヒトツバタゴの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヒトツバタゴの開花時期は5月です。

10月頃には、黒く熟した実から種を採取できるので、種まきでも増やすことができます。

また、1月~3月上旬は休眠期に入り葉も落ちます。

 

④ヒトツバタゴの自生地はどこにあるの?

ヒトツバタゴは、長野県と愛知県の木曽川流域と、岐阜県東濃地方、長崎県対馬市に自生しています。

 

⑤ヒトツバタゴの苗木の植え付けのポイントは?

ヒトツバタゴの苗木を植え付ける際には、根鉢の2~3倍の穴を掘って植え付けましょう。

鉢植えで育てる場合は、直径30㎝以上の鉢に植え付けてください。

植え付けた後は、たっぷりと水やりをし、乾燥から守るために根本に藁などを敷いておくと良いでしょう。

 

⑥ヒトツバタゴを庭木として育てる際のポイントは?

ヒトツバタゴを庭で育てる場合は、葉が落ちてくる秋に植え付けましょう。

植え付ける際には、盛り土をして地面より1段高い場所に植えてあげるとより成長しやすくなります。

また、植え付けたら必ず直径16㎝以上の支柱をしてあげましょう。

 

⑦ヒトツバタゴの剪定のポイントは?

ヒトツバタゴは、基本的にはいつでも剪定可能ですが、枯葉が全て落ちた時期の冬に行うのが一番です。

しかし、ヒトツバタゴは冬に新芽を付けるため、冬に剪定を行うと新芽までも切り落としてしまうことがあります。

心配な方は、花が咲き終ってからの5月終わり頃に剪定をしましょう。

剪定のやり方は、樹形を乱すような枝や、混み合っている部分を中心に切り落としていけば構いません。

 

⑧ヒトツバタゴの増やし方!挿し木のやり方はどうするの?

ヒトツバタゴは、挿し木で増やすことができます。

挿し木のやり方は、新しく伸びた枝を約15cmに斜めに切り落としてください。

切り落としたら、先端の葉を4~6枚ほど残しておき、切り口を3時間ほど水に浸します。

3時間水に浸したら、湿らせた挿し木用の土に挿して明るい日陰で管理し水やりを続けましょう。

 

⑨ヒトツバタゴの花が咲かない原因は?

ヒトツバタゴの花が咲かない理由は、主に3つ考えられます。

1:剪定せずに放置していたり、剪定の時期を間違えていることです。

2:雄株のみ植えていると花を付けない場合があります。

3:まだ木が幼い場合です。

 

⑩ヒトツバタゴの実は食用?食べることができるの?

ヒトツバタゴは、開花後に実を付けますが食べることは出来ません。

 

⑪ヒトツバタゴとアメリカヒトツバタゴの違いはなに?

アメリカヒトツバタゴは、その名の通り北アメリカに分布するヒトツバタゴのことです。

アメリカヒトツバタゴは、ヒトツバタゴよりも葉は大きいですが背丈は約10mにしか成長しません。

また、花びらもヒトツバタゴよりアメリカヒトツバタゴの方が細くて長いです。

アメリカヒトツバタゴは、木が幼いうちから花を付けてくれるのも違いの1つです。

 

⑫ヒトツバタゴの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

ヒトツバタゴは、約1600円~約5000円と値段の幅があります。

 

⑬ヒトツバタゴの花言葉はなに?

ヒトツバタゴの花言葉は、「清廉」です。

 

⑭ヒトツバタゴの種類や品種は何があるの?

ヒトツバタゴ属には、ヒトツバタゴとアメリカヒトツバタゴの2種類しか属していません。

そのため、ヒトツバタゴとアメリカヒトツバタゴの2種類だけです。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)