【ミチタネツケバナのまとめ!】食用についてや花言葉等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ミチタネツケバナについてまとめていきたいと思います。

 

ミチタネツケバナは「アブラナ科」「バナ属」で、越年草または一年草です。

 

在来の近縁種タネツケバナに非常によく似ていますが、

道端、芝生、庭園などより乾燥した場所に生えることが多いです。

 

学名は「Cardamine hirsuta」です。

元々はヨーロッパの植物でしたが、東アジアを経て日本へも渡来し、近年急速に広がっている外来種です。

 

名前の由来は、近縁種のタネツケバナが水田に植える稲の苗を育てるために、種籾を水につける頃に花を咲かせるので名付けられたのに対し、より乾燥した場所で花を咲かせるために「ミチタネツケバナ」という名前になったそうです。

 

今回は、ミチタネツケバナについてのポイント、

①ミチタネツケバナの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミチタネツケバナの画像(写真)!
③ミチタネツケバナの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ミチタネツケバナは駆除の対象なの?食用でもあるの?
⑤ミチタネツケバナの花言葉はなに?

 

以上5つの点についてお伝えします。

まずはミチタネツケバナの育て方からお伝えします!

 

ミチタネツケバナの育て方は?

 

ミチタネツケバナは道端や芝生など、水はけのよい立地に生育しています。

タネツケバナとは異なり、水田の土の中では生育ができません。

 

乾燥に強く都市部でも見かけることもあるので、育てるのはそれほど難しくないですよ。

今や日本だけでなく世界中に広がっていて、気候もそれほど気にする必要はありません。

春にもなりきらない3〜5月に花を咲かせて、夏秋冬と他の植物が生い茂る期間を種で過ごします。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミチタネツケバナが好む環境についてお伝えします!

 

ミチタネツケバナの育て方!環境はどうする?

 

ミチタネツケバナは、乾燥に強いですが、逆に水に弱いのが特徴です。

そのため、できるだけ湿り気を避け、乾燥した場所を選んでください。

 

次は、ミチタネツケバナに適した用土についてお伝えします!

 

ミチタネツケバナを育てる際の適した用土は何?

 

ミチタネツケバナは芝地や道端や砂地などでも十分に育つため、特に土質は選びません。

ただ水田土中では育たないので、そこだけは注意してくださいね。

 

次は、ミチタネツケバナに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミチタネツケバナの育て方!肥料はどうする?

 

ミチタネツケバナは、どんな土地でも育つため、特に肥料をやる必要はありません。

肥料をやらずとも、適宜水分を与えてあげれば十分に育ってくれます。

 

では次は、ミチタネツケバナの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミチタネツケバナを育てる際の水の量はどうする?

 

ミチタネツケバナは、雑草や芝地でも育つ植物なので、水はあまり与えなくて大丈夫です。

 

特に意識せず、降雨のみで十分に育ちます。

乾燥がひどい場合には、水切りなどで適宜水分を与えていきましょう。

 

以上で基本的なミチタネツケバナの育て方については終わりです。

次はミチタネツケバナの写真をお見せします!

 

ミチタネツケバナの画像(写真)!

 

13560436894 e9eb010b60

 

こちらがミチタネツケバナです!

 

茎に向かって花弁もまっすぐ伸びるため気づきにくいですが、

凛とした綺麗な白色が特徴です。

 

次に、ミチタネツケバナの開花時期をお伝えします!

 

ミチタネツケバナの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ミチタネツケバナの開花時期は3月〜5月になります。

茎に沿って花が開くため、花自体は小さいですが、凛とした白色の花弁が特徴的です。

 

次は、ミチタネツケバナは駆除の対象なのかをお伝えします!

 

ミチタネツケバナは駆除の対象なの?食用でもあるの?

 

ミチタネツケバナは繁殖力が強いため、農業や庭の管理など場合によっては駆除が必要になります。

駆除の仕方は一般的な雑草と同じように鎌で刈るか、根っこごと引き抜いてください。

 

また食用に関しては、タネツケバナは天ぷらや漬物にして食べられるものの、

ミチタネツケバナは食用には向いていません。

タネツケバナとの違いに注意してくださいね。

 

最後に、ミチタネツケバナの花言葉をお伝えします!

 

ミチタネツケバナの花言葉はなに?

 

ミチタネツケバナの花言葉は「勝利」「情熱」「熱意」「不屈の心」です。

 

もとはヨーロッパから飛来し、今や全国各地どこにでも見られるミチタネツケバナ。

芝生や道路の僅かな土壌でも育つミチタネツケバナにぴったりの花言葉ですね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ミチタネツケバナのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ミチタネツケバナの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ミチタネツケバナは乾燥に強く、逆に水田などでは繁殖できません。

乾燥した土質を選び、肥料は特に必要ありません。

水も降雨のみで樹分で、乾燥がひどい場合には水切りなどで湿らせるようにしましょう。

 

②ミチタネツケバナの画像(写真)!

花は小さくあまり目立ちませんが、

4つの白色の花弁が綺麗で凛とした印象を与えます。

 

③ミチタネツケバナの開花時期や季節はいつ頃なの?

ミチタネツケバナの開花は3月〜5月ごろです。

基本的には冬生一年草ですが、暖かい土地では通年開花しています。

 

④ミチタネツケバナは駆除の対象なの?食用でもあるの?

ミチタネツケバナは特に駆除対象にはなっていません。

ですが、農業や庭の管理の都合によっては駆除が必要な場合もあります。

その際は鎌や草刈り機などで刈り取るか、根っこから引き抜いてくださいね。

また近縁種のタネツケバナとは違い、食用に利用されていないので、気をつけてください。

 

⑤ミチタネツケバナの花言葉はなに?

ミチタネツケバナの花言葉は「勝利」「情熱」「熱意」「不屈の心」です。

全国各地どこにでも見られ、砂地や芝生、道路の隙間からでも育つミチタネツケバナには

ぴったりの花言葉でした。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)